ENGINE online/エンジン オンライン

PART 1 WATCH FAIR IN BASEL & S.I.H.H. & W.P.H.H. etc.スイス時計見本市2012報告座談会


スイス時計見本市2012


リアルに買いたい時計が増えてきた!


1月から3月にかけてスイスは時計一色になる。ジュネーブで開催される、
高級時計ブランド約20社が集うジュネーブサロン(S.I.H.H.)、
大小、新旧が入り混じって、600社以上の時計ブランドが集うバーゼルワールド、
独自の歩みを続けるW.P.H.H.や、それらの会場周辺のホテルなどで
たくさんの新作発表会が行われるからだ。そこで発表される新作時計たちは、
早ければ数週間後には、遅くとも初冬までには日本にやってくる。
その時に買うべき時計は何か? 7年ぶりに現地を訪れた本誌編集長と、
エンジン時計賢者2名との物欲全開鼎談をお届けする。

語る人=篠田哲生/菅原 茂/村上 政(本誌)
まとめ=菅原 茂 写真=鈴木 勝(風景・人物)


スイス時計、絶好調!

村上 久しぶりのジュネーブとバーゼルでしたが、想像していた以上に活気があるので驚きました。
菅原 スイス時計産業は前年比で約2割も輸出額を伸ばしていて2兆円規模に達したそうですよ。関係者によると、20年も時計ブームが続いているのは史上初の出来事だと。
篠田 2000年代に誕生したり、急成長したブランドも多く、好調なブランドはますます伸びている。時計業界の猛烈な勢いを感じますね。
菅原 でも今年の見本市を俯瞰した印象では技術を誇示したり、奇をてらったデザインはめっきり少なくなった。どこか現実的な印象でした。
村上 時計としての良さがちゃんと存在するブランドが伸びているのではないですか? 今はクルマの世界もそうですよ。
篠田 それは、オーデマ ピゲやA.ランゲ&ゾーネのように、リニューアルによる定番モデルの進化にもよく表れていると思います。
菅原 シンプルな中に本物感をズバッと打ち出すという手法ならパテック フィリップの「カラトラバ」。
村上 やはり「伝統と革新」という言葉に尽きるでしょう。アイデンティティを保ちながら新しい味付けの妙で勝負する。ポルシェはディテールは変化しても本質を変えずに、クルマとして進化している。そんな地に足が着いた時計が増えたんですね。


クルマ・コラボ、大豊作!

村上 クルマ関連の時計も多かった。ブライトリング・フォー・ベントレーの新作なんて本当にカッコイイ!
菅原 マゼラーティとコラボしたブルガリも良かった、サジ加減がなんとも絶妙で。品のある濃紺のパンチング・レザーのストラップや文字盤上の格子のデザインがどこかレーシーなだけ。どこにもマゼラーティの名がないんです。でも裏にはドーンとトライデントが輝いている。
篠田 ウブロとフェラーリも相変わらず大きな話題でしたし、カー・レースの世界観を巧みに表現するタグ・ホイヤーからもクルマ好きには見逃せない新作が目白押し。
村上 クルマとコラボする、しないはともかく、時計とクルマに強いつながりがあるのは確かでしょう。
篠田 時計デザイナーにはクルマ好きも少なくないんです。彼らがデザインすると時計に説得力がある。
菅原 その最たるはラルフ ローレンでしょう。時計を見ているだけで、クルマで楽しむ自らのライフスタイルを想像させちゃうんだから。
村上 機械的なすごさをアピールするより、上質なセンスで売る、というさりげなさがいいんだと思うな。


複雑時計と実用時計

村上 今年もけっこう新しい複雑時計を見ましたが、進化はまだまだ続くんでしょうか?
篠田 誰も真似できない極端に独創的なものは、マニア向けの市場で受け入れられても、一方で進化の袋小路に陥る恐れもありますね。
菅原 やはり、将来も発展性があり、クラシックとして残るような進化でないと成功しないのではないでしょうか。たとえばヴァン クリーフ&アーペルの「ポエティック コンプリケーション」。シリーズの個々の複雑時計が、ひとつのストーリーを語り継いでいくんですが、フランスの小説を読んでいるような趣です。
村上 複雑時計の代名詞になっているトゥールビヨンをカメリアのモチーフに変身させたシャネルも良かった。伝統的な時計メーカーからはなかなか出てこない発想ですよね。


今年の目玉は?

菅原 今年の目玉は何だったと思います? 私はなんといってもリアルな時計に尽きると思うんです。手の届く価格で買える高品質の時計や、世界の時刻がわかるワールドタイムやGMT機能を備えた実用時計がたくさん出ましたからね。
村上 私はワールドタイムが大好きなんです。世界の時間を手にしているんだという高揚感がたまらない。だから、精悍なデザイン、アラームも加わった豊富な機能、こなれた価格と、3拍子揃ったゼニスの「パイロット・ダブルマティック」が気に入りました。私のHOT 1です。
菅原 私もHOT 1はGMTウォッチ。ロレックスの革新的な「スカイドゥエラー」にします。機能も操作性もごくシンプル。デザインは特別に凝ったものではないけれど、実用時計に専念するロレックスの合理精神がみごとに凝縮されている。
篠田 私はそのジャンルならセイコーが発表した究極のGMTウォッチ、GPS時計を選びます。でもオメガの宇宙時計「Z-33」がHOT 1。多機能だし、あのレトロなデザインは、唯一無二ですよ。




 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ