ENGINE online/エンジン オンライン

ROGER DUBUIS/ロジェ・デュブイ


モネガスク ビッグナンバー
クリックすると拡大
モネガスク ビッグナンバー 文字盤のデザインはカジノのルーレットをモチーフにし、シリーズの世界観をより強調する。クラシックな2カウンタークロノグラフはユニークな45分積算を採用する。自動巻き。ローズゴールド、ケース直径44mm。359万1000円。
ブルゾン31万800円、シャツ2万5200円(ともにダンヒル/リシュモン F&A ジャパン Tel.03-4335-1755)



“洒脱”な“本格”の腕時計


スイスでも数少ない、ヒゲゼンマイからすべてを作れるトゥルー・マニュファクチャラーの時計は、伝統に縛られたコンサバティブなものが多い。持つ者の個性を主張するアヴァンギャルドな本格機械式時計を探しているなら、ロジェ・デュブイの新作「モネガスク」をまず見てみてほしい。
文=柴田 充 写真=近藤正一 スタイリング=安部武弘



 名作と呼ばれる逸品には伝統が宿る。クルマも時計もしかり。それは革新を続けてこそ得られる栄誉であり、そこには同時代性も欠かせない。そんなスイス時計の伝統を守りつつ、現代のアヴァンギャルドへと時空を超えて魅力を研ぎ澄ませるブランドがある。ロジェ・デュブイだ。
 新体制になり3年目を迎え、満を持して登場したニュー・ライン「モネガスク」はその証明といえる傑作だ。ブランドのオリジンである「シンパシー」のデザインをモチーフに、ゴージャスな存在感を残しつつ、ケースの厚みを抑えることで端正な洗練を増している。大きさと薄さという絶妙なバランスが現代的なドレッシーを感じさせるのだ。さらにカレンダーを省いたクラシックなスタイルも優雅を添える。
 香り立つラグジュアリーはこうした意匠にくわえ、本格技術に裏付けられている。搭載するキャリバーは自社開発、製造を貫き、ジュネーブ・シールの刻印が刻まれる。スケルトンのケースバックからは手作業による美しい装飾と、精緻を極めた技術が覗き、ここでもジュネーブの時計製造の伝統が息づいているのだ。
 モネガスクとは“生粋のモナコ人”を意味し、モンテカルロに象徴される洒脱なライフスタイルをテーマにする。革新性とクラフトマンシップが織りなすオリジナリティはこれを具現化するとともに、いまを生きる男たちを虜にするのである。

モネガスク オートマティック(ローズゴールド・ケース)
クリックすると拡大
モネガスク オートマティック(ステンレススティール・ケース)
クリックすると拡大
モネガスク オートマティック(ローズゴールド・ケース)ゴールドケースの四隅にはブラックDLCを施したチタンベゼルを組み合わせ、エレガントなコントラストを醸し出す。中心から放射状に広がる開放感あるフェイスデザインもブランドアイコンのひとつだ。自動巻き。ケース直径42mm。233万1000円。
モネガスク オートマティック(ステンレススティール・ケース)ノンカレンダーのスモールセコンドという伝統的なドレスウォッチのコードを守りつつ、スレートダイアルからはコンテンポラリーなモード感が漂う。60ミニッツに配したワンポイントのレッドがスポーティを演出。自動巻き。ケース直径42mm。136万5000円。




高次元のバランスの秘密は、ケースのなかにある!

全製品がジュネーブ・シールを取得する!
全製品がジュネーブ・シールを取得する!
ジュネーブ・シールは1886年に制定された、スイス時計の最高品質を証明する技術認定である。ジュネーブ州内で組立・調整され、12の技術基準を満たさなければならないなど審査は厳格で、取得ブランドも限られる。全製品取得はロジェ・デュブイのみだ。
全パーツを作る自社一貫生産メーカー!
全パーツを作る自社一貫生産メーカー!
本社ビル内の工房は2001年にオープンし、2005年にはさらに拡張された。ここでは独創的なダブルフライングトゥールビヨンはじめ、わずか10数年の間に30種以上もの自社製キャリバーが生まれてきた。その数もさることながら、時計の心臓部であるテンプとヒゲゼンマイまでも自社で開発製造する完全なマニュファクチュールを誇る。



※価格は雑誌掲載当時のものです。


2011年12月号掲載



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ