ENGINE online/エンジン オンライン

ROGER DUBUIS/ロジェ・デュブイ


「モネガスク」に象徴される革新<

 尖ったユニークネスを追求してひた走ってきた感のあるロジェ・デュブイに異変が? そんな思いにとらわれるのが新作の「モネガスク」だ。創業時の原点モデル「シンパシー」に通じるクッションケースや、落ち着いた味わいの文字盤からは、エレガントな時計へと舵を切った新生ロジェ・デュブイが浮かび上がる。価格も抑え気味で、以前より身近に感じられるのも大きな変化だ。
 とはいえ、洒脱なセンスは健在だ。モナコのカジノに集う人々をもじった「モネガスク」というネーミングや、ルーレットをデザインした文字盤などは遊び心も満点。個性的なデザインのみならず、ムーブメントの自社開発製造でも名を馳せるだけに、ますます目が離せない。


文=菅原 茂 写真=鈴木 勝



モネガスク ビッグナンバー クロノグラフ/モネガスク オートマティック
クリックすると拡大


(右上)
モネガスク ビッグナンバー クロノグラフ
クッションケース、洒落たカジノカラー、クラシカルな2つ目クロノなど、ロジェ・デュブイの新しい魅力が凝縮された秀作。裏面から独自設計の自社製クロノグラフ・ムーブメントが見える。
自動巻き。ローズゴールド、ケース直径44mm。359万1000円。限定128本。

モネガスク ビッグナンバー クロノグラフ
(左下)
モネガスク オートマティック
2針、スモールセコンドのみの簡潔な機能、微妙なグレー文字盤、繊細なインデックスやロゴなど、一言でいえばシックの極み。自動巻きムーブメントは自社製、ジュネーブシールとCOSC認定クロノメーターの高品質。
ステンレススティール、ケース直径42mm。136万5000円。


ROGER DUBUIS/ロジェ・デュブイ

新作のテーマに合わせて趣向を凝らすロジェ・デュブイのブースは、S.I.H.H.の名物のひとつ。今回は「モネガスク」コレクションの発表にちなみ、展示場の一角にご覧のようなルーレットが出現。ギャンブラーならぬ、バイヤーやプレス関係者の目を楽しませた。



※価格は雑誌掲載当時のものです。


2011年8月号掲載
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
ジャーナリスト46人の投票による、寝ても覚めても恋い焦がれる、 いま、もっとも愛しいクルマ・ラン…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ