ENGINE online/エンジン オンライン

本物の“タイムレス”を創るテクノロジー


クリックすると拡大
ゴールデン・エリプス Ref.5738
黄金分割に基づくタイムレスかつ優美な古典的デザインに、マイクロローターを用いた超薄型自動巻きムーブメントCal.240を搭載する2018年話題の新作。テンプにシリコン素材「シリンバー」によるスピロマックス・ヒゲゼンマイを採用、高品質の証しであるパテック フィリップ・シール認証を地板に刻む。ローズゴールド。ケース縦39.5mm×横34.5mm。税別336万円。

次世代ユーザーを視野に入れたパテック フィリップ
本物の“タイムレス”を創るテクノロジー

腕に着けるたった一つの機械式時計にも、数世紀に及ぶ歴史が凝縮されている。その精密工学や製造技術は、過去から現在に連綿と続く改良の成果の上に成り立つ。さらに未来を先取りする先端技術のフロントランナーがパテック フィリップだ。
文=菅原 茂


 パテック フィリップといえば、クラシカルでエレガントな味わいの格調高い高級時計を思い浮かべる人が多いだろう。そして、時計を手に入れた人は、なにより時代や流行を超越した「タイムレス」なデザインに惚れ込み、良きパートナーとして長く愛用するに違いない。
 しかし「タイムレス」は、デザインに限った話ではない。それは機械式時計のメカニズムにも当てはまる。現代に作られた腕時計であっても、ゼンマイと歯車、調速脱進機を中心に動く機械式の原理は過去の懐中時計と何ら変わりなく、したがって、数世紀も前に確立され、さまざまな革新を積み重ねて今へと続く機械式時計の存在そのものが、まさしく「タイムレス」と呼ぶにふさわしいのだ。
 現在のあらゆる機械式時計がそうした技術遺産の上に成り立っているわけだが、パテック フィリップはさらに未来に向けて着実に歩みを進め、過去から積み重ねられてきた貴重な技術や職人技の継承とともに、将来のスタンダードとなる先端技術の研究開発に率先して取り組んでいる。
「パテック フィリップ・アドバンスト リサーチ」と呼ばれる研究開発がそれを担うが、得られた成果は、その名を付した文字通り“先進の”特別モデルに盛り込まれてきた。
 パテック フィリップの革新的な技術は、機械式時計の精度を担う調速脱進機にスイス時計産業でいち早くシリコン素材のパーツを導入したことに象徴される。軽量かつ強靭、非磁性で注油不要といった優れた特性をもつシリコン素材を初めて2005年に脱進機のガンギ車に採用。続いて特殊シリコン素材「シリンバー」による「スピロマックス」ヒゲゼンマイをジャイロマックステンプに実装、さらに「パルソマックス」脱進機へと続く。
クリックすると拡大

現在のパテック フィリップは、安定した高精度に重要な役割を演じる先端素材のハイテクパーツを、シンプルでクラシカルな「カラトラバ」はもとより、スポーティな「ノーチラス」、さらには高度な複雑機構を搭載するモデルにまで投入し、すでに未来の時計の姿を着々と具現化している。外見からは見分けがつかなくとも、伝統的なメカニズムの中に未来の「タイムレス」が内包されているわけだ。
 その姿勢からうかがえる意図は明白である。技術革新を競うための技術ではなく、一つの時計が次の世代、また次の世代へと受け継がれることを前提にして、長期的な耐久性や信頼性を確保するにはどのような技術を準備しておくことが重要なのかを常に前もって考えることだ。それは、製品においては最新が最良という新陳代謝を促進し、ブランドにとっても永続性と活力の維持につながる。
 未来ある若い世代が持てば、末長く使えるパテック フィリップの真価がさらに実感できるに違いない。

クリックすると拡大
グランドマスター・チャイム Ref.6300
表裏2つがダイアルになっているダブルフェイスに、5つのチャイム機構を含む合計20の複雑機能を搭載。現行品で最も複雑なこの腕時計は、パテック フィリップの175周年記念限定モデルをレギュラー品にしたもの。時計技術の集大成であると同時に、未来に向けたテクノロジーも満載する。手巻き。ホワイトゴールド。直径47.4mm。パテック フィリップ・シール認証。受注生産。時価。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。