ENGINE online/エンジン オンライン

8段ATになったプジョー5008のディーゼルに乗る。


クリックすると拡大
右足の重い輩にオススメ。

2017年に発売以来、快走を続けるプジョーの新しいSUVがさらに進化。ディーゼルの変速機を多段化することで自慢の走りに磨きを掛けた。
文=新井一樹(本誌) 写真=小河原 認

 シトロエンC3とともに日本におけるPSAの好調な販売の原動力となっているのが、昨年プジョーに加わった新しいSUVの3008と5008。キリッと精悍な外観、上質になった内装とともに、VWがつまずいている間に導入したディーゼル人気が後押し。両モデルとも市場から大きな支持を得ている。今回、その3008&5008が一部改良。ディーゼルの変速機が6段ATから2段増えて8段ATへと変更された。
 どちらもアイシンAW製の6段ATと8段ATの変速比を比べると、ギア・レンジは低い方に23%拡大。1速が24%ほど低められるとともに、全体的にクロス化が図られている。なお、トップ・ギアのギア比は従来型とほぼ同一だ。
クリックすると拡大
 177ps/40.8kgmを発生する2.0リッター直4ディーゼル・ターボは狭い回転域で太いトルクを発生する特性なので、多段化のメリットは大きい。低速ギアが全般的に20%以上低められているので、発進からの加速に力強さが増すとともに、各ギアのステップ比が小さくなっているので一番美味しい回転域をつなぐ加速感がスムーズになっている。変速のショックもほぼ皆無なので、多段化による煩雑さも感じない。
 今回1.6リッター直4ターボのガソリンと乗り比べたが、ディーゼルで際立つのは力強さと速さ。逆にガソリンはスムーズな走り味がウリだ。ディーゼルは右足の重い輩にオススメ。ガソリンはミニバン代わりに家族満載でドライブという使い方が似合っている。ディーゼル、ガソリンともデキはよくハズレはないので、自分に合った使い方で選べばいいだろう。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

ATの進化もさることながら、デザイン、質感、使い勝手など、5008の高い商品力を再認識。3列目は、広さは最小限でシートも簡易版となるものの、ちょっとした移動にも十分堪える。走りも3列仕様特有の鈍重さは最小限に抑えられていて、山道でもけっこう楽しい。価格は従来の6段ATから4万円アップの473万円。ちなみにガソリン仕様は404万円。ただしトリム・レベルがディーゼルとは若干異なる。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス