ENGINE online/エンジン オンライン

燃料電池からPHEVに変身したクラリティを公道で試す。


クリックすると拡大
ほぼ電気でまかなえる。

前回行われたクローズド・コースでのテスト・ドライブに続き、横浜みなとみらい地区を中心とした一般道でクラリティPHEVに乗った。
文・写真=新井一樹(本誌)

 燃料電池ユニットと水素タンクの代わりに1.5リッター直4と電池を積んだクラリティPHEV。ちなみに、PHEVを設定するのは燃料電池版の販売状況を見て決めたわけではなく、北米専売のピュアEVを含め、開発当初からクラリティに3種類の次世代パワートレインを設定する予定だったという。
 このクルマはPHEVだが、EVとしてしっかり使えることを念頭に開発されている。モーターの出力は2.0Lターボ級の184ps/32.1kgm。車重は1850kgと重めだが、アクセレレーターを全開にするのはちょっと気が引けるほど鋭い加速をみせる。プリウスPHVの倍近い17.0kWhのリチウム・イオン電池を搭載することで、ライバルを軽く上回る最大114.6kmというEV走行による航続距離を実現。実質7割程度だとしても約80kmは走れる。これだけあれば、ドライブや旅行以外はほとんど電池のみでカバーできるだろう。
クリックすると拡大
外観で燃料電池版と異なるのはフロント・グリルとボディ同色ルーフ。それ以外はほぼ燃料電池版に準じている。内装も違う色味のものが用意される以外はほぼ同じ。ワン・グレードで、革表皮のシートなどが装備される上級仕様。見た目は奇抜だが、中身は地に足の着いた実直なサルーンとなっている。
 EVに軸足を置いたPHEVとして隙のない性能を見せるクラリティPHEVだが、残念なのは価格。補助金や減税があるとはいえ、588.06万円はけっこういい値段。スタイリングを含め、ちょっと敷居が高いことは否めない。

クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス