ENGINE online/エンジン オンライン

新型カローラの前衛として登場した“スポーツ”に公道で乗った。


クリックすると拡大
1.2リッター直4ターボ+16インチ・タイヤ(写真のクルマ)と1.8Lハイブリッド+18インチの2タイプに乗ったが好印象だったのは前者。18インチ仕様はスタイリングが断然カッコイイけど、その分乗り味が硬めで、カローラ・スポーツの良さが落ちる。
ゴルフの背中が見えた。

伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げていたのである。
文・写真=新井一樹(本誌)

 欧州ではオーリスの名でVWゴルフやプジョー308といった強敵に戦いを挑む一方、日本では再びカローラの名前が冠され、カローラ・ユーザーの若返りの旗振りを担う。言わば、1台で2つの重責を担うカローラ・スポーツ。その走りは新型クラウン同様、大きな進歩を遂げていたのだ。
 一番印象的だったのは、ドライバーの入力に対して、クルマが素直に反応すること。脚も良く動き、ストレスを感じさせない。スタイリングから想像されるようなスポーティな走りではないけれど、シャシーだけでなくエンジンを含め、実用車として1つにまとまっている。
クリックすると拡大
 乗り心地ではまだその域に達していないものの、それ以外ではベンチマークであるVWゴルフにかなり近づいたと言っていい。クラウンしかり、カローラ・スポーツしかり、トヨタはクルマ造りにおいてあるひとつの解答を見つけたのかもしれない。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス