ENGINE online/エンジン オンライン

XC60に加わった“D4”に乗る。


クリックすると拡大
まさしく鬼に金棒。

 世界中で大人気のボルボXC60の、ディーゼル仕様、D4が上陸。トリム違いで3グレードを展開するが、全モデル2ℓディーゼルで、日本市場では初のオンデマンド式4WDとの組み合わせになる。
 ただし2015年以降に導入されてきた従来のディーゼルとは異なり、年々厳しくなる排ガス規制に対応すべく尿素SCRシステムが組み込まれ、給油リッド内にはアドブルーの補充口も追加。
 V90やXC90などでも順次このシステムで展開していくという。190psと40.8kgmという最高出力と最大トルクは先代同様だが、遮音性能が非常に高く、室内にいて耳を澄ましてもディーゼルとは思えないくらい静かだ。
 アイドリングでこそわずかに振動が感じられるが、走り出すとまったく気にならない。
 湯河原の温泉街を抜ける急な登り坂でも、コーナーからの脱出の度に後ろから蹴り出されるように加速するのが心地良くてたまらなかった。ステアリングの感触も秀逸だ。

 鼻先がガソリン・モデルより重く、反応が穏やかであることを頭に入れていれば、しっかりとしたフィード・バックがあるからどんどん速度を上げていくことができる。
 輸入元によれば先代モデルのディーゼルの比率は70〜80%に達した。現行型はまだ出たばかりのため今のところ50%ほどだというが、この出来映えなら先代を上回る人気者になるのは間違いない。価格は599万円〜(税込)。(上田)


Photos by Makoto Yamada
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス