ENGINE online/エンジン オンライン

15代目新型クラウンのプロトタイプに試乗する。


クリックすると拡大
3.5ℓハイブリッドのパワーは圧巻。

昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせてプロトタイプ・モデルの試乗会がクローズド・コースで開催された。
文=新井一樹(本誌)

 12代目のゼロ・クラウン以降、下がる保有台数と上がるユーザー年齢にトヨタはクラウン・ブランド存続の危機を感じたという。そこで既存の価値に囚われず、新しいクラウンを作ることを決断する。クラウン初の試みとして6ライト・サイドウインドウを持つクーペ風の外観を採用したり、ニュルにテスト車を持ち込み走りを磨いたほか、“ロイヤル”“アスリート”といったサブ・ネームを廃止し一本化。それらはすべて、新しいクラウンを創造するためにほかならない。
クリックすると拡大
 果たして15代目は以前よりも洗練された走りをみせた。クラウンに相応しい乗り心地を備えつつも、舵を切ったときの追従性も高い。全体的にしなやかさが増した感じだ。とくに印象に残ったのは3.5ℓV6ハイブリッド。レクサスLSと同じとは思えないほどパワフルで、これで“GR”シリーズを作ったらさぞや楽しいクルマになるだろうと感じた。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

“アスリート”の代わりとなる“RS”シリーズと、旧“ロイヤル”の流れを汲む“B”“G”シリーズのデザインはほぼ同じ。新しい顧客を獲得するため革新的なものを取り込む一方、機能面にさらなる磨きを掛けることで既存ユーザーにも満足してもらえるものにしたという。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス