ENGINE online/エンジン オンライン

15代目新型クラウンのプロトタイプに試乗する。


クリックすると拡大
3.5ℓハイブリッドのパワーは圧巻。

昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせてプロトタイプ・モデルの試乗会がクローズド・コースで開催された。
文=新井一樹(本誌)

 12代目のゼロ・クラウン以降、下がる保有台数と上がるユーザー年齢にトヨタはクラウン・ブランド存続の危機を感じたという。そこで既存の価値に囚われず、新しいクラウンを作ることを決断する。クラウン初の試みとして6ライト・サイドウインドウを持つクーペ風の外観を採用したり、ニュルにテスト車を持ち込み走りを磨いたほか、“ロイヤル”“アスリート”といったサブ・ネームを廃止し一本化。それらはすべて、新しいクラウンを創造するためにほかならない。
クリックすると拡大
 果たして15代目は以前よりも洗練された走りをみせた。クラウンに相応しい乗り心地を備えつつも、舵を切ったときの追従性も高い。全体的にしなやかさが増した感じだ。とくに印象に残ったのは3.5ℓV6ハイブリッド。レクサスLSと同じとは思えないほどパワフルで、これで“GR”シリーズを作ったらさぞや楽しいクルマになるだろうと感じた。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

“アスリート”の代わりとなる“RS”シリーズと、旧“ロイヤル”の流れを汲む“B”“G”シリーズのデザインはほぼ同じ。新しい顧客を獲得するため革新的なものを取り込む一方、機能面にさらなる磨きを掛けることで既存ユーザーにも満足してもらえるものにしたという。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER/…
大幅改良された新型アウトランダーの市販モデルに公道で乗ることができた。出力アップした発電機とリ…
NEWS
Renault Megane / ルノ…
新型メガーヌR.S.の発表に先立ち、その魅力をしっかりと理解してもらうべく、ルノー・スポール社のエ…
ENGINE ROOM
生粋のハワイアン・カウ…
ただグリルパンで焼くだけで出来上がる、絶品のグリル鶏料理、「しましまチキン」。今回はこのしまし…
NEWS
LAMBORGHINI Aventador S…
6月にプロトタイプを走らせてニュルブルクリンク北コースで6分44秒97を記録し、量産市販車の最速ラ…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
シトロエンC3とともに日本におけるPSAの好調な販売の原動力となっているのが、昨年プジョーに加わった…
NEWS
BMW M2/ビーエムダブリ…
4年というBMWとしては短いサイクルで全面変更されたX4が日本に上陸した。BMWのコンパクトSUV、X3ベー…
NEWS
LANDROVER & JAGUAR/ラ…
ボルボは新しい自動運転車のコンセプト・モデル、360cを発表した。360cはガルウイング・タイプの巨大…
NEWS
全米でまさかの大ヒット …
主要キャストが全員アジア人というハリウッドのロマンティック・コメディが、全米で大ヒットしている…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス
 アフターサービスも最高レベル
 本物の“タイムレス”を創るテクノロジー