ENGINE online/エンジン オンライン

日産セレナにハイブリッドのeパワーが追加された。


クリックすると拡大
ミニバンとの相性はバツグン。

現在、日本の自動車市場を支えている二大勢力のミニバンとハイブリッド。この2つを組み合わせた、ある意味で究極のモデルに乗ってみた。
文=新井一樹(本誌) 写真=望月浩彦

 ノートに続き、シリーズ式ハイブリッドのeパワーがセレナにも追加された。ノートに次いで販売台数の多いセレナと日本市場で大人気のハイブリッドとのコンビはまさに鬼に金棒。この黄金の組み合わせを待ちわびていた人は少なくないだろう。そんなセレナeパワーだが、気になる点もある。それは、一番の注目点でもあるパワートレインだ。
 シリーズ式ハイブリッドの場合、動力性能は発電用のエンジンに影響される。セレナeパワーの発電用エンジンはノートeパワーと同じ自然吸気の1.2ℓ直3。通常は電池の助けを借りることで1.2ℓ直3の84psよりも出力の高い136psのモーターをフル稼働させているが、電池が空になった瞬間、電池からの加勢がなくなり、1.2ℓ直3で発電した電気だけでモーターを動かすことになる。つまり、8名フル乗車で2tを軽く超える総重量を84psで担うというわけだ。
クリックすると拡大
オプションの茶色を基調にした内装はオシャレな仕上がり。エンジンとモーターはすべてボンネットの中に収まる。リチウム・イオン電池を運転席の下に置くことで、室内スペースへの影響を最小限に抑えている。車重はガソリンよりも80kgほど重い。
クリックすると拡大
 結論から言うと、もちろん、高速道路や上りの山道で常にアクセレレーターをベタ踏みしていると電池が空になってパワー・ダウンに見舞われるが、流れに逆らわないような走りをしているかぎり電欠になる心配はない。それよりも驚いたのは、2.0ℓ直4を積むガソリン仕様よりも力強くて、とても走りやすいこと。ガソリンの20.4kgmに対して32.6kgmと、1.5倍以上に増強された最大トルクによるところが大きい。高速道路での追い越しなど、ガソリンでは気を遣うような場面でもeパワーならラクラク。ガソリンよりも運転が上手くなった気がする。そういった意味では、速く走りたい人もさることながら、運転があまり得意じゃない人にオススメ。
 燃費もトータルだとガソリンより2割程度、市街地だけならそれ以上いい数値を叩きだしていた。
 エコカー減税などの優遇額を差し引いても30万円以上高い価格をひとまず脇に置いて考えると、eパワーは間違いなくベスト・セレナ。eパワーとミニバンの相性は良かった。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
BMW i8/ビー・エム・ダ…
2017年のLAショウでデビューした新型i8。小規模ながらデザインが変更されたほか、電池の容量を拡大す…
NEWS
HONDA LEGEND/ホンダ レ…
北海道で行われた雪上試乗会に続き、今月は舗装路でも新しくなったレジェンドを試すことができた。
NEWS
FERRARI/フェラーリ CAR…
開幕前の予想を覆して、予選ではフェラーリが優位に立つ一方、決勝レースではこれまでにない接戦が繰…
NEWS
MORGAN/モーガンCAR PED…
1909年に創業した、生粋の英国資本スポーツカー、モーガン。そのモーガンがより身近になるうれしいニ…
NEWS
LEXUS/レクサスCAR PEDI…
日本での展開が開始されてから今年で13年目を迎えるレクサスが、ブランドの世界観をいろいろなカタチ…
NEWS
MITSUBISHI ECLIPSE-CROS…
1月末の雪の北海道でプロトタイプの試乗会が行われた三菱の新しいコンパクトSUV、エクリプス・クロス…
NEWS
Exposition of Vintage C…
日本を代表するファッション・ブランドであり、世界的に認められたモードの代名詞でもある「コム デ …
NEWS
LOTUS EVORA GT430/ロー…
ロータス史上最速のロードゴーイング・カー、エヴォーラGT430スポーツが上陸した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作