ENGINE online/エンジン オンライン

ランボルギーニ・ウルス飛来。日本市場で正式発表。


クリックすると拡大
基本プラットフォームをVAG内の他の上級SUVと共用するウルスだが、例えば4.0 ℓのツインターボ過給V8エンジンはシリンダーブロック以外はウルス専用品で、自信をもって真のランボルギーニだと言える内容のクルマだとレッジャーノ氏は言明した。室内の仕立てもランボルギーニであることが一目瞭然。必要十分な室内空間を確保しながらも、背の低いクーペ・ライクなスタイリングも写真で見る以上に独特なものだった。ウルスの日本での価格は2574万円(税込)である。


世界最速に自信満々!

ランボルギーニはLM002以来の多目的4ドアであるウルスが、既存のSUVを超える“スーパーSUV”だと自信満々だ。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=阿部昌也

 ランボルギーニが1980年代以来、久々に手がけた多目的4ドア・モデルとなるウルスが日本へ飛来し、そのプレス向け発表会が東京で行なわれた。日本市場は2017年の販売実績でもアメリカ合衆国に次ぐ世界2位の位置を占めたこともあってか、イタリアのランボルギーニ本社から会長兼CEOのステファノ・ドメニカリと技術部門のトップであるマウリツィオ・レッジャーノが駆けつけ、新型車、ウルスにかける並々ならぬ思いの強さを印象付けた。
 ドメニカリ氏はウルスがランボルギーニの名に恥じない速さを備えたハイパフォーマンス・カーであるだけでなく、道や使い方を選ばない真のオールラウンダーでもあることを強調し、それは“スーパーSUV”だと自信に満ちた口調で語った。
クリックすると拡大
 専用アセンブリー工場をサンタアガタ・ボロネーゼに新設して臨む高級SUV市場への参入が、ランボルギーニの生産台数を、近い将来に2倍に膨らますだろうともドメニカリ氏は言ったが、だからといってランボルギーニが路線変更するわけでなく、あくまでも世界最高峰のスーパー・スポーツカー生産メーカーがその骨子であることに変わりはないとも断言した。
 技術内容を説明したレッジャーニ氏は、センター・デフにトルセン・デフを採用してリア寄りの駆動力配分とし、リア・アクスルには電子制御式のトルク・ベクタリング機構を投入、アクティブ・スタビライザーや4輪操舵機構まで投じたウルスのハンドリング性能は、ランボルギーニならではのものになっていると、その独自性に自信を見せた。
 日本市場でのデリバリーはこの春から始まるという。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂