ENGINE online/エンジン オンライン

2017年の東京モーターショウ見聞録、その2。


クリックすると拡大
新型トヨタ・センチュリーも世界へ発信できるインターナショナルな展示のひとつと言えるだろう。こんなクルマは日本にしかない。ただし、自分とは無縁に感じるのか、一般公開日での人気はそれほど高くなかった。

本当にツマらなくなったのか?

プレスデイを含む12日間の日程を終え、11月5日に閉幕した東京モーターショウ。80万人近い来場者を集めた一方で、ツマらなかったという声が聞こえてきたのも事実。果たして本当に面白くなかったのか? 4日間通ってみて出した結論とは。
文=新井一樹(本誌) 写真=小野一秋

 今回の東京モーターショウには2日間のプレスデイを含めて4日間通った。一般公開日に行った2日間はいずれも平日で、そのうちの1日はツアーガイドよろしく仕事抜きでショウを見たいという家族のアテンドをしながら、会場を歩いた。
 たしかに、プレスデイの2日間に受けた感想は前頁で本誌・齋藤が記したこととそれほど変わらない。国際格式を保っていたのはマツダをはじめ、輸入車を含む一部のメーカーだけで、2017年の東京ショウの展示内容は世界3大自動車ショウはおろか、10大にまで広げても入れるかどうかといった寂しいものだった。
クリックすると拡大
トヨタは2018年に全面変更するクラウンの次期モデルをコンセプト・カーというカタチで出展していた。ただし、ほぼこのまま市販されるのは間違いない。かなり冒険的なデザインだが、既存のクラウン・ユーザーはどのような反応を見せるか。
クリックすると拡大
コンフォート・シリーズに替わるトヨタのタクシー専用車両。JPN・TAXIと書いてジャパン・タクシーと読む。車いすのまま乗れるといったユニバーサル・デザインがウリ。パワートレインは1.5ℓのLPGハイブリッドを採用する。
活気に溢れる一般公開日

 ところがである。一般公開日に行って、頭を思い切り殴られたような衝撃を受けた。人気のコンセプト・カーは人垣でクルマが見えず。運転席に座ることができる新型車や、普段ショウルームでは見られないのだろうか、スポーツ・モデルや輸入車には順番待ちの長い列ができていた。また、人気のドライブ・シミュレーターや最近流行りのVRを使ったアトラクションには1時間待ちの札が下げられていたのだ。もちろん、クルマに目もくれず、コンパニオンの写真をせっせと撮って回るような人もいた。しかし、会場内はクルマを楽しみたい人たちで活気に満ち溢れていたのである。
 モーターショウにとって世界に情報を発信するという役割があるのは事実だ。しかしその一方で、開催国の来場者を楽しませるという重要な責務もあることを忘れてはならない。むしろモーターショウ以外にも情報発信の場が増えているいま、わざわざ足を運んでモーターショウを見に来てくれる人を満足させることがより重要になっているのだ。
 来場者がさらに減ってついに80万人を切ったとか、1人当たりの来場時間が少なくなったとか、参加を取りやめる輸入車メーカーが後を絶たないとか、憂うべき問題も多い。しかし、ツマらないイベントに台風の上陸が予想されるなかわざわざ7万以上の人が来場するだろうか。一般公開日に感じた活気がその答えだと思う。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
1963年に発売したダイハツ初の4輪自動車と同じコンパーノ名を冠したコンセプト・モデル。市販化に繋がるとは思えないが、なかなかの意欲作。
ホンダはフランクフルト・ショウでお披露目したハッチバック・スタイルの電気自動車に続き、コンパクト・クーペの電気自動車を見せてきた。本気なのか、絵に描いた餅なのか、ちょっと掴みきれない。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス