ENGINE online/エンジン オンライン

BMW謹製のスーパースポーツ・セダン、新型M5の受注が早くも始まった。


クリックすると拡大
ついに4輪駆動を選択。

「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆動で登場した。

文=新井一樹(本誌) 写真=小野一秋、BMW AG

 フランクフルト・ショウでデビューした新型M5が東京ショウに出品され、日本での受注開始が発表された。
 新しいM5最大の特徴は4輪駆動の採用だ。5シリーズと同じアクティブ・オンデマンド式の4WDをベースにM社独自の制御システムを組み合わせることで、公道でもサーキットでもMモデルに相応しい卓越した性能を発揮する4輪駆動を実現したという。ちなみに、走行モードを切り替えることで2WD、つまりFRでの走行も可能になっている。また炭素繊維強化樹脂製のルーフや軽量エグゾースト・システムなどを取り入れることで軽量化。4WD化や安全装備の充実などが行われているにもかかわらず、欧州仕様の車重は先代よりも軽くなっている。
 先代と同じ4.4ℓV8ツインターボを搭載するが、新型ターボの採用などにより、出力は600ps/76.5kgmへと先代に対して40ps/7.1kgm向上。また変速機はデュアルクラッチ式7段自動MTから8段ATへと刷新された。
 価格は先代の最終型よりも140万円ほど高い1703万円。ステアリングの位置は左右どちらも選べる。納車は2018年4月開始予定。また赤いマット仕上げの専用色をまとった世界限定400台のファースト・エディションも日本に導入されることが発表された。こちらは1864万円(いずれも税込)で、日本の割り当ては5台のみとなる。


クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年3月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年3月号
エンジン恒例、“1台じゃ満足できないクルマ好き”大集合。2台持つと、クルマはもっと楽しい!
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス