ENGINE online/エンジン オンライン

BMW謹製のスーパースポーツ・セダン、新型M5の受注が早くも始まった。


クリックすると拡大
ついに4輪駆動を選択。

「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆動で登場した。

文=新井一樹(本誌) 写真=小野一秋、BMW AG

 フランクフルト・ショウでデビューした新型M5が東京ショウに出品され、日本での受注開始が発表された。
 新しいM5最大の特徴は4輪駆動の採用だ。5シリーズと同じアクティブ・オンデマンド式の4WDをベースにM社独自の制御システムを組み合わせることで、公道でもサーキットでもMモデルに相応しい卓越した性能を発揮する4輪駆動を実現したという。ちなみに、走行モードを切り替えることで2WD、つまりFRでの走行も可能になっている。また炭素繊維強化樹脂製のルーフや軽量エグゾースト・システムなどを取り入れることで軽量化。4WD化や安全装備の充実などが行われているにもかかわらず、欧州仕様の車重は先代よりも軽くなっている。
 先代と同じ4.4ℓV8ツインターボを搭載するが、新型ターボの採用などにより、出力は600ps/76.5kgmへと先代に対して40ps/7.1kgm向上。また変速機はデュアルクラッチ式7段自動MTから8段ATへと刷新された。
 価格は先代の最終型よりも140万円ほど高い1703万円。ステアリングの位置は左右どちらも選べる。納車は2018年4月開始予定。また赤いマット仕上げの専用色をまとった世界限定400台のファースト・エディションも日本に導入されることが発表された。こちらは1864万円(いずれも税込)で、日本の割り当ては5台のみとなる。


クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年11月号
「伝統」と「革新」が交差するイギリス車のいま。
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂