ENGINE online/エンジン オンライン

メルセデス・マイバッハの超高級SUVがジュネーブ・ショウでデビュー。


クリックすると拡大
MERCEDES-BENZ MAYBACHG650


マイバッハ第3弾はSUV。


超高級車ブランドにもSUVブームが到来するなか、ドイツの雄から、
Gクラスをベースにした超高級SUV、G650ランドレーが誕生した。
文=新井一樹(本誌)


 一度は挫折したものの、ダイムラーの超高級ブランドという位置づけはそのままに、メルセデス・ブランドの配下でベンツやAMGと並ぶ、新ブランドとして再スタートを切ったマイバッハ。当初はSクラス・セダンをベースにしたリムジンのみだったが、2016年冬にSクラス・カブリオレを用いたオープンを限定販売したかと思ったら、今度はSUVモデルを発表。それが、このメルセデス・マイバッハG650ランドレー。見ておわかりの通り、Gクラスをベースにした超高級SUVである。
 AMG G63 6×6やG550 4×4と同じリダクション・ハブを用いたかさ上げしたシャシーの上に載せられたボディは、ホイールベースを延長するとともに、後部ルーフをソフト・トップによる開閉式として、ランドレーと呼ばれるスタイルを採用。ちなみに、ランドレーは要人のパレード用などとして高級車を中心に製作されたボディ・タイプで、先代マイバッハにも設定されていた。ボディ・サイズは全長5345mm、全高2235mm、ホイールベース3428mm。ノーマルのG550と比べるとそれぞれ、770mm、265mm、578mm大きくなっている。
クリックすると拡大
 前席後ろにはリムジンよろしく広々としたスペースを確保。そこには航空機のビジネス・クラスのようなリクライニング機構付きの独立シートが2脚配される。しかも、ソフトトップを開ければ、オープン・ドライブが楽しめる贅沢な作りを持つ。
 エンジンは630ps/102.0kgmのAMG製6.0リッターV12ツイン・ターボを搭載。価格は未定だが、99台の限定販売で、2017年秋からオーストリアのマグナ・シュタイアで生産が開始される予定だ。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
AMG G63 6×6には及ばないものの、存在感はノーマルのGクラスをはるかに凌ぐ。リダクション・ハブにより最低地上高は450mm! 広いだけでなく、オープンという贅沢も兼ね備えた後席。ある意味、セダン・タイプのマイバッハよりも贅沢な作りだ。ターゲットは中東のお金持ちなのだろうか。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス