ENGINE online/エンジン オンライン

ゴルフっていうかセニックですね、これ


クリックすると拡大


フィアット 500Lの室内お見せします。

ゴルフっていうかセニックですね、これ

チンクエチェント・ファミリーに加わる“大型”。
500Lについての追加情報のお知らせです。

文=齋藤浩之(本誌)



 フィアット500Lとは何ものか? これこそは、長い間、噂されてきた500ジャルディネッタ(ステーションワゴン)である。その昔、ヌォーヴァ・チンクエチェントにあったジャルディネッタは、ルーフとリアのオーバーハングを延ばしただけの簡便なものだったけれど、この“L”は違う。LargeのLというぐらいだから、500よりもずっと大きい。
 ボディのサイズは414×178×166cm! VWゴルフ、というかルノーのセニック(2列シート型)ぐらいの大きさがある。正確を期すならゴルフ・プラスというべきか。500Lの荷室容量は400リッターだから、それもほぼ等しい。500はAセグメントもしくはサブBセグメントにカテゴライズされるべきクルマだが、500Lは完全にCセグメント級だ。
 真横の写真を見てすぐに気づくのは、ノーズがかなり短いことで、ステアリング・ホイールと前輪の位置関係で見ても、エンジン・コンパートメント自体が短く設計されているのがわかる。搭載エンジンが2気筒のツインエアと小型軽量で鳴るFIRE系4気筒だけだからできることなのだろう。
 今回初めて公開されたインテリアの写真を見ると、デザインは500とはもちろん別物で、フィアット既存モデルからの流用が一切ない専用設計であることが見て取れる。それもそのはずで、500Lはセルビア共和国の第4の都市、クラグイェヴァツに3年をかけて新設された最新鋭工場で製造されることになっている。この夏には本格的な量産が開始され、西欧市場ではバカンス明けの第4四半期に発売される。
 500の成功が、フィアットにライバルとの横並びの車種ラインナップを捨てさせた結果生まれてきたマルチパーパス・カーは、キュートに過ぎず仏頂面でもなく、とってもいい感じ。輸入して欲しい。

クリックすると拡大
でこっぱちのムルティプラや500を成功させたロベルト・ジョリート率いるフィアット・デザイン・センターのティームが手がけた500Lは、生真面目な空間設計の実用車から、つまらない雰囲気を一掃することに成功したといっていいのではないだろうか。ボディ・カラーは30色も設定されるという。ツイン・クラッチ変速機が導入されるかどうかは、いまのところ確認できていないけれど、2気筒 “ツインエア”エンジンでトコトコと走る姿を想像するだけで楽しくなってくる。もちろん、ターボ付きのツインエアはブン回すと力持ちなので、普通の速さで走ることだっていともたやすいはずである。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス