ENGINE online/エンジン オンライン

スカイアクティブの完成形


クリックすると拡大
MAZDA CX-5/マツダ CX-5


ついに登場したマツダCX−5

スカイアクティブの完成形

スカイアクティブ・テクノロジーをすべて搭載した新型SUV、CX-5。今回はガソリン車を試乗した。


文=塩澤則浩(本誌) 写真=阿部昌也


デザインもシンプル&クリーン。質も向上して好感がもてた内装だが、色が黒1色しか選べないのが不満と言えば不満。クロスオーバーSUVを謳うなら、少しは色の遊びがあってもいい。今回のポイントは、等長等爆を可能にする4-2-1排気。タコ足のようなもので、中低速トルクがアップする。価格は205万円(FF)〜241万円(4WD)
 マツダが社運をかけて開発したスカイアクティブ・テクノロジー。デミオ、アクセラに続いて、いよいよ本命のCX‐5が登場した。
 デミオとアクセラはマイナーチェンジのため、シャシーは旧型のままだったが、いちからボディを起こしたCX‐5は、エンジン、変速機、シャシー、すべての新技術がそろった初のフル・スカイアクティブ車だ。
 目玉は4リッターV8なみのトルクを誇る2.2リッターのクリーン・ディーゼルだが、今回は準備されておらず、2リッター直噴のスカイアクティブGを搭載するガソリン車を試乗した。
 これが乗ってびっくり。オール・ニューのシャシーを採用した効果は絶大で、とにかく走りがいい。

 旧型シャシーのデミオやアクセラではスペースの都合で見送らざるをえなかった4‐2‐1排気を初めて採用。おかげで中低速が力強く、走りがイキイキしている。以前は燃費ばかりが注目されていたが、ガソリン・スカイアクティブ本来の性能は低燃費と走りの両立。これなら十分、欧州の小排気量ターボと勝負できる。

 さらに、足回りの躾も素晴らしい。これまでのマツダ車は、ややもすると機敏になりすぎるきらいがあったが、CX‐5はしっとりと落ち着きがあり、ステアリングを切った分だけ気持ちよく向きが変わる。クイックすぎず、かといってスローでもない。欧州車的で、感覚的にちょうどいいフィーリング。国産では間違いなくトップレベルの味付けだ。サスペンションのストロークに余裕のあるSUVということもあり、乗り心地もいい。言うことなしだ。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス