ENGINE online/エンジン オンライン

乗りたいの? 馬も見惚れる シトロエン


クリックすると拡大

新車価格 256万円
導入時期 2011年8月
走行距離 4523km

乗りたいの? 馬も見惚れる シトロエン


番外篇
シトロエンC4セダクション
CITROEN C4SEDUCTION
文=中村光宏(本誌) 写真=高橋和幸(PACO)


CITROEN C4
 牧場に行った。取材を終えてクルマに戻ったら1頭の馬がC4をジッと見ていた。もの珍しかったのか、それともステキに見えたのか……。206、DS3と担当し、すっかり仏車びいきの担当者は後者と思うことにした。と同時に、パーキングエリアやガソリンスタンドなどでよく声を掛けられることにフト思い至った。
「C4、どうですか?」との問いに、担当者はいつも「いいですよ!」と元気よく即答している。まずサイズがいい。鞍もスッポリ飲み込みそうな荷室容積はクラス最大なだけじゃなく前席も後席もとにかく広い。シートは座面長も幅も頭上の空間もタップリ。身長180cmの人でも楽チンだろう。エンジンも下からトルキーで4段ATとの相性もいい。足回りは目地段差を高級セダンのようにしっとりといなす。視界も広い。小回りも利く。ゆえに乗っていてストレスに感じることがない。家族のために泣く泣くSUVに乗るクルマ好きオトーサンに、特に強くオススメいたします。


CITROEN C4 03
CITROEN C4 04

全長×全幅×全高=4330×1790×1490mm。 車重=1310kg。搭載される1.6リッター直4は、最高出力120ps、最大トルク16.3kgmを発生する。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。