ENGINE online/エンジン オンライン

ベイビー・アルファ、日帰り入院す。


ALFA ROMEO MiTo 1.4 T Sport
クリックすると拡大


新車価格 285万円
導入時期 2009年9月
走行距離 2万3491km


絶好調とはまさにこのこと。


気がつけば何事もなく上陸から1年以上が過ぎていた48号車。
そこで遅ればせながら12カ月点検を受けてみました。
文=上田純一郎(本誌) 写真=柏田芳敬/神村 聖 協力=ガレーヂ伊太利屋


 ENGINEミトが長期リポート艦隊に参入してから9カ月。日本で登録されてから、1年と2カ月が過ぎた。トラブルらしいトラブルは何一つない。唯一工場入りしたのは、飛び石で鈑金塗装した時だけだ。
 けれど走行距離はすでに2万km台半ば。油脂類や消耗品のことを考えると、そろそろドック入りの頃合いである。都合のいいことに日本仕様のミトには、車両価格に「スタンダード・ケア」というメインテナンス・プログラムが含まれている。法定12カ月点検×2回分と、エンジン・オイルをはじめとする6項目の消耗品の交換費用×2回分の、およそ11万円分だ。最初の車検まで登録から1年ごとに使える。2カ月ほど遅れてしまったけれど、今月は12カ月点検と消耗品の交換を実施した。
 作業中、リフトの下で、はじめてじっくりとミトの裏側を見た。普段アンダーガードで守られているせいか、油染みや傷、泥跳ね一つない。下回りで傷ついていたのは、フロント・タイヤの前に付く小さなディフューザー。変形するほどではなかったが、何かと接触した跡があった。このまま経過を観察したいと思う。
大きな樹脂製のアンダーガードを外して点検中
大きな樹脂製のアンダーガードを外して点検中。

 12カ月点検はブレーキ・パッドの点検をするので、ついでにオーダーしたのがブレーキ鳴き対策。走りだして少しの間だけ、キーッと音をたてることがしばしばあった。パッドの角を面取りし、ダストを清掃すると、音は見事に消え去った。
 作業は半日ほどで終了。走りだすと、思わずニンマリするほどエンジンが力強い。今まで十分調子がいいと思っていたけれど、絶好調とはまさにこのこと。次回は元気になったミトのサーキットの模様を報告する。

交換した部品一式。フィルター類の汚れがひどい
作業後、筑波サーキットへ。48号車の走りはいかに。
交換した部品一式。フィルター類の汚れがひどい。
作業後、筑波サーキットへ。48号車の走りはいかに。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
VOLVO/ボルボENGINE bea…
ジュネーブ・ショウのプレス・ディ前日、ショウ会場で発表された欧州COTY。今年もまた栄冠はSUVの頭上…
NEWS
BMW M3 CS/BMW M3 シー…
世界で1200台、日本には30台限定で導入されるM3 CSは2017年に限定販売されたM4 CS同様、軽量化や出力…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。