ENGINE online/エンジン オンライン

東京−広島、往復1700kmを走破。


瀬戸内海を臨む広島市安芸区の海沿いの道をゆくR8
クリックすると拡大
瀬戸内海を臨む広島市安芸区の海沿いの道をゆくR8。今回の旅行初日は、1000円高速の割引デーだったおかげで、東京−尾道の高速料金は3250円だった。これにガソリン100リッター分、約1万4000円を足しても新幹線で新尾道までいく料金(1万7530円)より安い。

46号車 AUDI R84.2FSIquattro

新車価格 1717万円
導入時期 2009年5月
走行距離 8712km




グランド・ツアラーとしても超一級品だ。


これまで日帰りの小旅行は何度もこなしてきたが、1000kmを超える長旅は未経験だった46号車を東京−広島往復のグランド・ツーリングに連れ出した。
文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦


 特集の取材で広島まで急遽出かけなければならなくなった時、これはちょうどいい機会が巡ってきたものだと内心嬉しく思った。46号車が編集部にやってきて8カ月。東京近郊への日帰り取材旅行は何度もこなしてきたし、箱根や西伊豆の峠道もたっぷりと走り込んだ。ショート・コースではあるが、サーキット走行だって経験している。しかし、地の果てまで走って走って走り倒すようなグランド・ツーリングだけはまだ経験していなかったからだ。
 というわけで、飛行機を使ってもいいゾという編集長の有り難い言葉を押し退けて、カメラマンとふたり一路西を目指したのは、暮れも押し詰まった12月23日昼のことだった。
 出発時に改めて感心したのは、R8がミドシップ・レイアウトの本格スポーツカーであるにもかかわらず、フロントにロケ用のカメラ機材一式をすっかり飲み込むほどの容量を持った荷室を備えていることだ。それでも入りきらない旅行バッグはシートの後ろのスペースに収納できる。これならふたりで3泊4日くらいの旅行だって十分にこなせるはずだ。

休憩なしに600kmを走破

 今回は試しに、東名高速から伊勢湾岸道を抜け、東名阪道、新名神、名神、中国道を通って山陽道へ入るルートを、疲れて運転できなくなるまで、休まず走り続けることにした。
 で、最初に休憩したのは山陽道の龍野西サービス・エリア。なんと東京からの走行距離は604.1km。走行時間は7時間弱。途中、草津から京都へと差しかかるあたりで大雨に見舞われたりしながらも、たいした疲れを感じることもなく一気に600kmを駆け抜けてしまったのだから、運転している自分自身が一番ビックリした。これだけの距離と時間を休みなく運転したのは、生まれて初めてのことである。
山陽道の小谷SAにて
クリックすると拡大
山陽道の小谷SAにて。
 なぜそんなことができたのか。思うに、その理由は大きく言って2つある。まずひとつは、どんなに長く走り続けてもまったくストレスがたまらないくらい運転がラクであること。直進安定性が抜群のうえにコーナリング性能も飛び抜けていて、どこから踏んでも間髪入れずに加速する速さを備え、それでいてスポーツカーとしては異例の乗り心地の良さを持っているのだから、GTを名乗るどんなクルマだって顔色を失うに違いない。R8はグランド・ツアラーとしても超一級品である。
 しかし、それに加えて、R8が何よりもまず本格スポーツカーであるからこそ、こんなに長く走り続けて、いささかも退屈することがなかったのだと思う。飛ばしていても、ほどほどの速度で巡航していても、とにかく走っている限り、こんなに楽しいクルマはない。ドライバーの入力に対する小さな動きのひとつひとつが常に鮮明で、心地よい刺激に満ち満ちているのだ。
 尾道に一泊。翌日は再び山陽道を西に進路をとり、呉市まで行って取材。夕方には再び東京を目指した。帰途の休憩は2回。850kmを約9時間で走り、12月25日午前2時半に帰京した。往復1723kmを走っての平均燃費は7.93km/リッター。速さを考えれば十分に誇れる数字だろう。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。