ENGINE online/エンジン オンライン

福井・鯖江までいった。


PEUGEOT 207CC GT
クリックすると拡大
PEUGEOT 207 CC GT


新車価格 344万円
導入時期 2007年10月
走行距離 1万2039km



長距離ドライブがたのしい。


アイウェア企画の取材のため39号車で福井・鯖江へ。
文=松尾大(本誌) 写真=山下亮一



 2008年7月号204ページで取り上げたジャポニスムというアイウェアを展開する(株)ボストンクラブと職人さんたちを取材するため、39号車で東京・福井間の往復約1000kmをドライブした。ボストンクラブの小松原社長はラテン車好きで愛車アルファ159スポーツワゴンのステアリングを握り、東京の直営店に出向くことが多いと聞いていたから、こちらも運転していこうと考えたのだ。
 道中、改めて感じたのはシートの出来がよいこと。途中、給油のためにクルマを降りたが、伸びをするほど疲れていない。大ぶりなわりにホールド性が高く、体の位置が非常に安定した状態で運転できるからだ。また、低回転から十分にトルクがあるため、どこからでもしっかり加速するし、4m少しの全長に対し2540mmのホイールベース長は良好な直進安定性をもたらしている。そして、高いアベレージ・スピードを保ちながら長距離を走るとクルマがイキイキしているように感じて、運転している自分までうれしくなった。
道中、改めて感じたのはシートの出来がよいこと
クリックすると拡大

 現地にたどり着くと、社屋の前にはアルファのほか、ランチア・ムーサ、フィアット500が並んでいた。このクルマたちを社長が独占せず、従業員みなさんが社用車として使っていたのが面白い。デザイナーの脇聡さんによると同社の商品にはクルマのデザインからヒントを得たものが多いそうだ。こんなところで社長の趣味が役立っているわけだ。


小松原一身社長(左)とチーフデザイナー笠島博信さん(右)
小松原一身社長(左)とチーフデザイナー笠島博信さん(右)。
帰りに寄った福井城址近くのイタリアン、トレパーチェでは冷たいパスタを流行させたことで知られる東京・青山「リストランテ山崎」初代シェフ、寺島豊さんが腕を振るう。この地の食材に惚れ、昨年開店。写真は白エビの冷製パスタ。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
ジャーナリスト46人の投票による、寝ても覚めても恋い焦がれる、 いま、もっとも愛しいクルマ・ラン…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。