ENGINE online/エンジン オンライン

フィアット・グランデ・プント退役す


FIAT GRANDE PUNTO 1.4 16V SPORT
クリックすると拡大
FIAT GRANDE PUNTO 1.4 16V SPORT
沈んだ色のコンクリート・ジャングルに情熱的な赤いボディが好対照だ。
全長×全幅×全高=4060×1685×1495mm、ホイールベース=2510mm、車重=1160kg、最高出力=95ps/6000rpm、最大トルク=12.7kgm/4500rpm。


新車価格 212万円
導入時期 2006年11月
走行距離 3万2943km



都会に似合うハッチバックだった


7777kmでクルマを受け取って、2年、
2万5000kmを共にした相棒。さよなら。
文=井上保昭(本誌) 写真=阿部昌也


 フィアット・グランデ・プントは都会が似合うハッチバックだった。

 ボディは、全長×全幅×全高=4060×1685×1495mmとコンパクトだから、ちょっとした車間や幅の狭い路地であっても臆せず入っていくことができるし、大人が4人乗れて、荷室には275リッターの容量がある。機能性の高い1台だった。
 ジョルジェット・ジウジアーロとフィアット・スタイルセンターとの共作であるデザインは、丸みがあって人懐っこい感じとソリッドな雰囲気とが同居している。イタリア・ポスト・モダンの巨匠エットーレ・ソットサスによるオリヴェッティのタイプライターくらいお洒落で斬新なデザインで、2年の月日と2万5000kmあまりを共にし、飽きることがなかった。
FIAT GRANDE PUNTO 1.4 16V SPORT
FIAT GRANDE PUNTO 1.4 16V SPORT
 1160kgという車重に比し、1.4リッター直4のエンジン・ユニットは物足りなさは否めないが、このクルマの場合、それは決してネガではないことにしばらくして気づいた。4000回転くらいまで引っ張っていくとスピード感がはっきりと伝わってくる。低回転でのもっさりとした印象が嘘のように心地良く、だから高回転域でのドライブが多くなった。また、走行距離が1万kmを超えたあたりからアタリがついたのか、エンジンの吹け上がりが格段に良くなった。本誌・齋藤記者によれば、「10年前なら、2万km走ってようやく吹け上がりの良さを実感できたものだけど」ということだから、熟成速度はずっとあがっている。これも嬉しい発見だった。トータル燃費は、11.9km/リッター。多くの時間を都会のアスファルトのうえで這いずり廻っていた割には良い数字だったとおもう。


FIAT GRANDE PUNTO 1.4 16V SPORT
クリックすると拡大
3ドア・ボディに1.4リッター直4DOHC16バルブ・エンジンと6速MTを組み合わせた「1.4 16Vスポーツ」
3ドア・ボディに1.4リッター直4DOHC16バルブ・エンジンと6速MTを組み合わせた「1.4 16Vスポーツ」。ステアリング上の親指を置く場所に凹みを入れるなど、随所にスポーティな演出が為される。退役1ヵ月ほど前に履き替えた「ブリヂストン・プレイズ」はすこぶる乗り心地がよい。一般道、高速道を問わず、高い直進安定性に目を見張るものがあった。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。