ENGINE online/エンジン オンライン

TAG Heuer presents ENGINE THE HOT100 2013年夏版! ブランド別ランキング発表!


HOT 1 ポルシェ


ポルシェ・ボクスター
1 217pt

ポルシェ・ボクスター
(飯田裕子20pt+岡崎五朗20pt+石井昌道19pt+金子浩久19pt+竹岡 圭19pt+村上 政19pt+渡辺敏史19pt+国沢光宏18pt+小沢コージ14pt+桂 伸一14pt+齋藤浩之11pt+河口 学9pt+河村康彦8pt+清水和夫6pt+笹目二朗2pt )

この車の関連記事を探す
ポルシェ・ボクスター
清水和夫
「スタイル・パフォーマンス・価格」と三拍子揃ったオープン2シーターの新型ボクスターに死角はない。先代のカレラをカモることができるパフォーマンスはサーキットでも健在だ。そのままロールゲージを取り付ければ、レースにも参加できるスピードを持っている。だが、驚くべき事実は圧倒的な実用性だろう。ゴルフ・バッグこそ入らないが2泊くらいの旅行にも連れて行ける。そしてとても大切なことは風を切り裂いて走る爽快感あふれる走りだ。絶対スピードとは無縁の世界。髪で風を感じる走りはとても愉しい。走り終えた時の心地よい疲労感もまた愉しいではないか。とにかくロードスターで走る感覚は時代を超えた普遍的な価値なのだ。

竹岡 圭
 どこがいいって、もう、なんてったってカッコイイじゃないですか〜! ハッキリ言ってひと目惚れです。特にお尻のラインがいいんですよねぇ〜。見るたびに惚れ直しちゃいます。そして走りもイイ。マイルドになりすぎだと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、イマの時代のスポーツカーはこの快適テイストがベストだと思いますヨ。格段に毎日お付き合いしやすくなりましたもん。見た目も中身も、もう911に手が届かないからのボクスターなんて言わせない、ボクスターが欲しいからと指名買いするモデルに、完璧に昇華したと思います。ノドから手が出るほど欲しいのはヤマヤマですが、いつ買うの? イマでしょ! とは簡単にいけないのが、悩ましいところです。

齋藤浩之
 これまでずっと、ボクスターには911に対するほどの好感を抱けなかった。先代のモデル末期に加わった“スパイダー”を除くと、走らせていてもいまひとつのめりこめないもどかしさを覚えるからだった。でも、今度のボクスターは違う。幌を下ろして山道を駆け回っていると、ひたすら楽しい。とくにマニュアル・ギアボックス付きがいい。お尻の軽やかさはPDK仕様に明らかに優り、ひらりひらりと舞うかのように駆け回る。PASMをオプションで加えて柔らかなノーマル・モードを上手く使うと、路面条件のわるいワインディングでも、4輪は路面をつかんで離さず、速いペースを容易に保てる。速度感が倍増するオープンだから、2.7ℓでも不足を覚えないのもいい。



ポルシェ911 カレラS
2 117pt

ポルシェ911 カレラS
(島下泰久20pt+村上 政20pt+齋藤 聡19pt+河口 学18pt+塩澤則浩17pt+佐藤久実12pt+石井昌道11pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ911 カレラS
佐藤久実
 第一印象として“乗り心地が良い”というのがスポーツカーにとって褒め言葉かどうかは微妙だが、991型ポルシェ911カレラに乗った時、その快適性に驚いた。実は先代の997型でも、飛躍的に乗り心地が良くなったと感じていたので、そこからのさらなる進化に感心しきり。ロング・ドライブに行きたいと思わせる魅力的なグランツーリスモだ。またワインディングでも、RR特有のクセのある動きを感じることもなく、これまた気持ち良く走れる。ドキドキ感は減ったが、スポーツカーから牙がなくなることはいけないことなのだろうか? もっとも、サーキットなどで限界域まで走らせたことがないので、実は口を開くと立派な牙が隠れているのかもしれないけれど。

塩澤則浩
 先月号の特集「ポルシェ911、50年の50台」の取材でカレラSに乗って伊豆・箱根のワインディングを走り回った体験は強烈だった。ホイールベースが伸びて、トレッドが広がった991型がGT的になったって? いやいやまったくそんなことはありません。400psの3.8ℓフラット・シックスはカレラの3.4ℓと比べるとフツーのエンジンとレーシング・エンジンくらいの違いがある。後ろからドカンと押し出されるようなリアのトラクションは、鳥肌が立つほど強烈だった。直進安定性もコーナリング中の安定感も4駆なみに高くなり、それでいてハンドリングはシャープで軽快。スポーツ・ドライビングを堪能するなら、やっぱり2駆で、しかもパワフルなSが断然いい。



ポルシェ・ボクスターS
3 64pt

ポルシェ・ボクスターS
(河口16pt+齋藤聡15pt+清水和夫14pt+竹岡11pt+塩澤6pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ・ボクスターS
佐野弘宗
前後重量配分の世界一ステキなミドシップ・スポーツカー。新型911(の少なくともカレラ系)はダンナ志向過多の感がなきにしもあらずだが、ボクスターは青春体育会系の味わいを濃厚に残す。あえての旧来6MTも、操作感や軽量さで7MTをしのぐ!

塩澤則浩
輸入車の入門スポーツカーと言えばボクスター。HOT100連覇は性能と価格のグッド・バランスによるところが大きい。が、お金に余裕があるなら3.4ℓ 315psのSがおススメだ。パワーは申し分なく、軽快感では兄貴分の911カレラの上をゆく。MTが白眉。



ポルシェ・ケイマンS
4 55pt

ポルシェ・ケイマンS
(河村康彦20pt+村上 政18pt+渡辺敏史17pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ・ケイマンS
渡辺敏史
ボクスターより更に実用的でロング・ツーリングにも充分供せること、破格のボディ剛性も加わってサーキット・ドライブも存分に愉しめる存在であることなどを含めると、ケイマンの場合はゆとりある3.4ℓユニットとの相性がより優れていると思う。

村上 政
ニュル北コースでのタイムは7分55秒。ついに911 カレラを3秒上回った運動能力の高さこそが、この新型ケイマンS最大の魅力である。サーキットや峠道を走ることを視野に入れてクルマ選びをするなら、いまもっともオススメのスポーツカーだ。



ポルシェ911カレラ
5 53pt

ポルシェ911カレラ
(岡崎五朗19pt+竹岡 圭18pt+菰田 潔16pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ911カレラ
竹岡 圭
アイコニックなデザインを含め、911には911でしか得られない魅力がある。バージョンアップするたびに、乗りやすくなっている911。大きくなるボディは、気になるけれど、やっぱり乗ったときに感じる完成度の高さは抜群なんですよね。

菰田 潔
ケイマンが良くなり911の弟分から一人前の大人に成長した。でも兄貴分の911は独自の個性を持ち、ケイマンでは代用できない世界をいまも持ち続ける。911カレラはその標準品である。ラインナップが増えても911カレラはなくてはならない存在だ。



ポルシェ・ケイマン
6 49pt

ポルシェ・ケイマン
(島下泰久19pt+清水和夫18pt+桂 伸一12pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ・ケイマン
島下泰久
フットワークが気持ち良く、そのままサーキットでも楽しめるタフネスぶりを備え、それでいて大きめのスーツケースを積めるぐらいの実用性がある。実は個人的な理想のスポーツカーの条件に完璧に当てはまる存在で、今も購入希望中なのだ。





ポルシェ911カレラ4S
7 41pt

ポルシェ911カレラ4S
(河村康彦17pt+藤原よしお13pt+西川 淳11pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ911カレラ4S
藤原よしお
スポーツカーとして見ると、やや刺激が足りないかもしれないけれど、全天候全路面対応型GTとして見ると4S+PDKの組み合わせは地上最強。





ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
8 37pt

ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
(清水和夫19pt+渡辺敏史18pt)

この車の関連記事を探す
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
渡辺敏史
3.8ℓユニットも四駆システムもグッとスポーティになり、万能スーパー・スポーツとなった991世代の美点を漏らさず味わい尽くせるグレード



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス