ENGINE online/エンジン オンライン

TAG Heuer presents ENGINE THE HOT100
自動車のプロがホントに欲しいクルマ・ランキング!




ENGINE THE HOT100 NEW CARS With the Rankings
HOT100 委員


ホット100のルール
1、ホット100委員会の26人は、現在日本で買える新車の中から、自分で買いたいか、あるいは、これは絶対におすすめというクルマを20台選び、1位から20位までの順位をつける。
2、その際、クルマは車名単位(たとえば、ポルシェ911)ではなく、グレード名単位(カレラ、カレラ4Sなど)まで入れて選ぶ。
3、ホット100事務局は、それぞれの委員の選んだ20台の1位に20点、2位に19点、3位に18点…19位に2点、20位に1点のポイントを与え、その集計により、ホット100のランキングを決定する。
4、同点が出た場合、ホット20に選んだ委員が多い方を上位とする。
5、それでも同点となった場合、最高点が高い方を上位とする。
6、さらに、それでも同点となった場合、価格の安い方をよりバリューの高いものと讃えて上位とする。
石井昌道
いつしか
燃費フェチに

石井昌道
(愛車:ホンダ インサイト)

もともとはシャシー重視志向だったのですが、エコドライブのインストラクターなどをやってるうちに燃費フェチにもなってしまいました。環境性能とファン・トゥ・ドライブのバランスを重視してます。

1位 ミニ・クーパーS
2位 フィアット500ツインエア・ポップ
3位 メルセデス・ベンツC200 ブルーエフィシェンシー
4位 フォルクスワーゲン・パサート TSIコンフォートライン
5位 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
6位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIハイライン
7位 メガーヌ・ルノー・スポール
8位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIコンフォートライン
9位 トヨタ・プリウスL
10位 アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ
11位 BMW 320i
12位 アウディA4 2.0TFSI
13位 日産 フーガ・ハイブリッド
14位 スマート・フォーツーmhd
15位 メルセデス・ベンツS400 ハイブリッド
16位 シトロエン DS3スポーツシック
17位 ロータス・エリーゼ
18位 プジョー RCZ 1.6
19位 BMW X3 xドライブ28i
20位 ホンダ CR-Z
生方 聡
ゴルフ・カブリオレがいい
生方 聡
(愛車:アウディA1)

EOSの登場でゴルフ・カブリオレのフルモデルチェンジを諦めていた者としては、モデルの復活はとてもうれしい。しかも、その出来はなかなかのもので、もしA1を買ってなければ…と複雑な思いの私。

1位 アウディA1 1.4TSI
2位 フォルクスワーゲン・ゴルフ・カブリオレ
3位 アウディA5 スポーツバック 2.0TFSIクワトロ
4位 フォルクスワーゲン・シャラン TSIコンフォートライン
5位 マツダ・デミオ 13スカイアクティブ
6位 フォルクスワーゲン・パサート TSI コンフォートライン
7位 ホンダ CR-Z
8位 アウディA4 アバント 2.0TFSIクワトロ
9位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー・ライト
10位 BMW 320iクーペ
11位 ポルシェ・ボクスターS
12位 メルセデス・ベンツ E350 ブルーテックステーションワゴン・アバンギャルド
13位 プジョー 508SW アリュール
14位 マツダ・ロードスターRS RHT
15位 ボルボ V60ドライブ
16位 三菱 i-MiEV
17位 ジープ・グランドチェロキー
18位 シボレー・キャプティバ
19位 ホンダ・フィット シャトル
20位 トヨタ・プリウスα G
岡崎五朗
グレードに要注目
岡崎五朗
(愛車:プジョー RCZ)

上位にはポルシェやA8を置いたけれど、実はコスト・パフォーマンスをかなり意識して選んだ。それはオススメするグレードに表われている。いちばん高いのもってこい! 的発想とは一線を画す選択に注目してください。

1位 ポルシェ 911カレラ
2位 ポルシェ・ボクスター
3位 アウディA8 3.0TFSI クワトロ
4位 プジョー RCZ
5位 メガーヌ・ルノー・スポール
6位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
7位 BMW 528i
8位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー
9位 キャディラック CTS-V
10位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIコンフォートライン
11位 プジョー 508SW グリフ
12位 ボルボ V60ドライブ
13位 ルーテシア・ルノー・スポール
14位 アウディA1 1.4TFSI
15位 ミニ・ワン
16位 ボルボXC60 T-5
17位 アウディA4 2.0TFSIクワトロ
18位 フィアット500 ツインエア
19位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
20位 スズキ・スプラッシュ
小川フミオ
2つの極
小川フミオ
(愛車:プジョー308SW)

乗りたいクルマというと、2つの極の間で揺れている。ダウンサイジング化など低炭素化をめざしたクルマが増えるいっぽう、魅力的なスポーツ・モデルも多く出た。しかたなく? 10位までは前者、20位までは後者を選んだ。

1位 フォルクスワーゲン・パサート TSIコンフォートライン
2位 フィアット500 ツインエア
3位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー・ライト
4位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
5位 トヨタ・プリウスα
6位 ボルボ V60ドライブ
7位 フォルクスワーゲン・シャラン TSIコンフォートライン
8位 アルファ・ロメオ・ミト・スプリント
9位 ボルボ V70ドライブ
10位 日産 リーフ
11位 メガーヌ・ルノー・スポール
12位 アウディA7 スポーツバック
13位 フォルクスワーゲン・ゴルフR
14位 アバルト695 トリビュート・フェラーリ
15位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジS
16位 アウディA8 3.0TFSI クワトロ
17位 メルセデス・ベンツ CLS350
18位 ポルシェ・ボクスター・スパイダ
19位 トヨタ FJクルーザー
20位 シトロエン C4 エクスクルーシブ
小沢コージ
300万円以下でも
十分!

小沢コージ
(愛車:ホンダ・シティ・カブリオレ)

小沢コージでDON!

今のクルマは凄い。300万円も出せばかなりの美味しさが味わえる。特にミニをはじめとするコンパクト系の充実度ったらトンでもないレベル…と今のキブンを素直に反映させるとこうなる。単純に余裕ナシって話もありますが(苦笑)。

1位 ミニ・クーパー・コンバーチブル
2位 ミニ・クーパー・クロスオーバー
3位 ミニ・クーパー・クラブマン
4位 シトロエン DS3 シック
5位 シトロエン C3
6位 トヨタiQ 100G
7位 スマート・フォーツー・カブリオ
8位 BMW X1 18i
9位 日産 ジューク 15RSタイプV
10位 ルノー・カングー1.6
11位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIコンフォートライン
12位 フォルクスワーゲン・ポロ GTI
13位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
14位 スズキ・スプラッシュ
15位 スズキ・スイフトXS
16位 マツダ・デミオ・スカイアクティブ
17位 アウディA1 1.4TSI
18位 フィアット 500C 16Vラウンジ
19位 日産 キューブ15x
20位 ジープ・ラングラー・スポーツ
桂 伸一
スポーツカーに
乗りたい

桂 伸一
(愛車:トヨタ・プリウス)

選考基準は自分で欲しいかどうか。買うための努力をするかどうか。スポーツ系が上位を占めるのは、この歳になってスポーツカーに普通に流して乗る自分が、少しはサマになるかな、と感じられるようになったため。

1位 アストン・マーティンV8 ヴァンティッジS
2位 シボレー・コルベット ZR1
3位 フェラーリ458イタリア
4位 アストン・マーティンDBS
5位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
6位 ポルシェ ・ボクスター・スパイダー
7位 ロータス・エヴォーラ S
8位 ポルシェ911 GT3
9位 ロータス・エキシージ・カップ 260
10位 ジャガー XKR
11位 アウディ RS5
12位 キャディラック CTS-Vクーペ
13位 ジャガーXJ スーパースポーツ
14位 メルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン
15位 BMW X6アクティブ・ハイブリッド
16位 フォルクスワーゲン・トゥアレグ・ハイブリッド
17位 フォード・クーガ・タイタニアム
18位 フォルクスワーゲン・ポロ GTI
19位 シトロエン DS3 スポーツシック
20位 トヨタ・プリウスG ルーフ
金子浩久
ミュルザンヌ1位!
金子浩久
(愛車:ポルシェ・ボクスター)

「金子浩久公式サイト horizontal」 ブログ:「笑顔の向こう Behind the wheel」

6月初旬にドイツを縦断したメルセデス・ベンツBクラス・ベースの燃料電池車が印象的だった。EVに較べて補給時間が短く、航続距離が長いという長所を体験できた。インフラさえ整えば状況は一変すると思った。

1位 ベントレー・ミュルザンヌ
2位 フェラーリ 458イタリア
3位 ゴルフ・カブリオレ
4位 ポルシェ・パナメーラ・ハイブリッド
5位 ルノー・カングー・ビボップ
6位 キャディラック CTS-Vクーペ
7位 ルノー・ウインド
8位 日産 リーフ
9位 アウディA1
10位 ランドローバー・ディスカバリー4
11位 メルセデス・ベンツ CL550 ブルーエフィシエンシー
12位 ジャガーXJ ラグジュアリー
13位 アストン・マーティン DB9ヴォランテ
14位 ポルシェ・ボクスター(PDK)
15位 アウディR8 4.2FSIクワトロ(6MT)
16位 シボレー・カマロSS RS
17位 フォード・クーガ
18位 ボルボV60 Drive
19位 シトロエン DS3シック
20位 マツダ・デミオ13C
河口まなぶ
気持ちが軽やかになる
河口まなぶ
(愛車:ポルシェ911)

基本的には走って楽しく気持ち良いものを中心に選出していますが、上位2台は社会への負担が少ないながらも走りが楽しめるクルマを選びました。気持ちを軽やかにして乗ることのできるクルマ、は今後の基本かも。

1位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー
2位 フィアット 500ツインエア
3位 ポルシェ 911カレラ
4位 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
5位 マツダ・ロードスター
6位 アウディR8 4.2 FSIクワトロ
7位 アルファ・ミト・クワドリフォリオ・ヴェルデ
8位 アバルト 500C
9位 メガーヌ・ルノー・スポール
10位 BMW M3クーペ
11位 メルセデス・ベンツ C63 AMG
12位 フォルクスワーゲン・ポロ TSI
13位 スズキ・スイフト
14位 ボルボ V60ドライブ
15位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
16位 シボレー・コーベット ZR1
17位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
18位 スマート・フォーツー・カブリオ mhd
19位 日産 GT-R
20位 ベントレー・コンチネンタルGT
河村康彦
イヴォーグがささった
河村康彦
(愛車:フォルクスワーゲン・ポロGTI)

前回以降で乗ったのは、新エンジンのE63AMGやらSLKやら、DS4やらキャプティバやらA6やらといったモデルたち。その中で”刺さった”のはイヴォーク。これは世界で売れそう!

1位 ポルシェ・ケイマンR
2位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
3位 ジャガーXFR
4位 BMW 135iクーペMスポーツ
5位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
6位 ジャガーXKR クーペ
7位 メルセデス・ベンツ C200
8位 ジャガーXJ スーパースポーツ
9位 ポルシェ 911カレラ4S
10位 ポルシェ・ボクスターS
11位 アバルト 500C
12位 プジョー RCZ
13位 フィアット 500 ツインエア
14位 レクサス LF-A
15位 シトロエン C5 ツアラー・セダクション
16位 レインジローバー・イヴォーグ
17位 スズキ・スイフト XL
18位 アウディA1 1.4TFSI
19位 ホンダCR-Z α
20位 日産 フェアレディZ バージョンT
日下部保雄
一体感のあるクルマを
日下部保雄
(愛車:メルセデス・ベンツ Cクラス)

多くのクルマの中からたった20台のクルマを選ぶのは結構困難な作業だ。基準は運転した時に一体感のあるクルマを第一として、2011年前半にあって意義深い車を第二とした。

1位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジ
2位 マツダ・ロードスターRS
3位 フィアット 500C
4位 ポルシェ・ケイマンS
5位 メルセデス・ベンツ C200
6位 BMW 535i
7位 日産 リーフ
8位 ホンダ CR-Z
9位 フェアレディZ コンバーチブル
10位 ジャガーXF ポートフォリオ
11位 日産 スカイライン・クロスオーバー
12位 アウディTT ロードスター
13位 フォルクスワーゲン・ポロ GTI
14位 三菱 i-MiEV
15位 スズキ・キザシ
16位 レクサス CT200h
17位 スバル・インプレッサ WRX STI
18位 レクサス IS-F
19位 トヨタ iQ
20位 マツダ・デミオ
九島辰也
いましか乗れない
九島辰也
(愛車:ポルシェ911 タルガ)

モータージャーナリスト「九島辰也」のオフィシャルホームページ

とにかく、いまホンキで欲しいクルマをリストアップしてみました。というのも、これからのエネルギー不足や環境問題などを鑑みると、いましか乗れないクルマは存在すると感じたからです。テーマはクールでオチャメ!

1位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
2位 フェラーリ 458イタリア
3位 ジャガーXK クーペ・ポートフォリオ
4位 ポルシェ911 ターボ・カブリオレ
5位 フェラーリ・カリフォルニア
6位 フィアット500 ツインエア・ラウンジ
7位 トヨタ FJクルーザー
8位 アウディS5 カブリオレ
9位 ミニ・クーパーS クラブマン
10位 ジープ・ラングラー アンリミテッド・サハラ
11位 ボルボ S60ドライブ
12位 BMW 528i
13位 シボレー・コーベット ZR1
14位 アストン・マーティン・ラピード
15位 ジャガーXJ ポートフォリオ
16位 マゼラーティ・クワトロポルテ スポーツGT S
17位 アウディR8 4.2 FSIクワトロ
18位 フォード・マスタングV8 GT コンバーチブル・プレミアム
19位 プジョー RCZ
20位 日産 フェアレディZ ロードスター・バージョンST
国沢光宏
原点回帰!
国沢光宏
(愛車:スバル・インプレッサ)

国沢光宏のホームページ

やはり時代はECO。私自身、オーバー600馬力のエンジンを全開にして走る気分でも無くなってしまった。小排気量エンジン+マニュアルを駆使して走れるようなクルマにワクワクする。原点回帰、でありましょうか。

1位 トヨタ・プリウスG
2位 日産 リーフX
3位 ロータス・エリーゼ
4位 ポルシェ・ボクスター
5位 メガーヌ・ルノー・スポール
6位 ルーテシア・ルノー・スポール
7位 フォルクスワーゲン・パサート TSIコンフォートライン
8位 フィアット500 ツインエア
9位 ミニ・ワン
10位 シトロエン C5 セダクション
11位 日産 エクストレイルGT
12位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
13位 BMW 320i
14位 スバル・インプレッサ WRX STIスペックC
15位 三菱 ランサー・エボリューション RS
16位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
17位 ポルシェ911 カレラ
18位 ルノー・ルーテシア 1.6
19位 フォード・エクスプローラー スポーツTRAC XLT
20位 ロールズ・ロイス・ファンタム SWB
菰田 潔
アルピナD3をATに
菰田 潔
(愛車:アルピナD3 ツーリング)

1位のアルピナD3は6MTが売り切れてしまったので6ATを格上げした。アイドリングストップは付かないが6ATでもスポーツディーゼルを楽しめる。BMW116iは新型に切り替わるので、落ちてその分アウディTT RSが繰り上がって復活。

1位 BMW アルピナD3 ビターボ・リムジン(6AT)
2位 BMW M3クーペ コンペティション
3位 ポルシェ・ボクスター(6MT)
4位 BMW 320iクーペ(6MT)
5位 ポルシェ911 GT2
6位 BMW アルピナB5 ビターボ・リムジン
7位 ロールズ・ロイス・ゴースト
8位 アバルト・プント・エヴォ
9位 BMW 523iツーリング
10位 メルセデス・ベンツ C200 AMGスポーツパッケージ
11位 フォルクスワーゲン・シャラン TSIハイライン
12位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
13位 ミニ JCW
14位 メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー
15位 アウディA1 1.4FSI
16位 BMW 135i
17位 フォード・クーガ
18位 シトロエン C3
19位 メルセデス・ベンツ E350 ブルーテック・ステーションワゴン アバンギャルド
20位 アウディTT RSクーペ
斎藤浩之
内燃機関フェチ
斎藤浩之
(愛車:トヨタ・プロボックス)

よくよく考えてみると、僕の欲しいクルマ選びの核になっているのはエンジンなんです。内燃機関フェチというのでしょうか。突き詰めると、ひょっとしたらタイヤがついていなくてもいいのかも? クルマはエンジンです。

1位 フィアット500 ツインエア・ポップ
2位 フェラーリ 599GTO
3位 シボレー・コーベット ZO6
4位 ポルシェ 911 GT3
5位 フェラーリ458 イタリア
6位 マゼラーティ・クワトロポルテ スポーツGT S
7位 ベントレー・ミュルザンヌ
8位 日産 GT-R スペックV
9位 メルセデス・ベンツ E63 AMG (パフォーマンス・パッケージ)
10位 ルーテシア・ルノー・スポール
11位 マツダ・ロードスター NR-A
12位 BMW M3
13位 シトロエン C5セダクション
14位 フィアット 500C ツインエア
15位 アバルト・プント・エヴォ
16位 ルノー・カングー1.6
17位 スズキ・スイフトXS
18位 トヨタ・プロボックス・バンGL 4WD
19位 ダイハツ・ハイゼット・ターボ4WD
20位 トヨタ・ハイエース・ロング・バン 2WDガソリン(5段MT)標準ルーフ3/6人乗り
笹目二朗
DS4は期待以上!
笹目二朗
(愛車:フィアット・ムルティプラ)

最近乗ったシトロエンDS4は期待以上だった。そこで少し入れ替え。ゴルディニRSも楽しかった。やっぱり足踏み式クラッチ付きMTが一番。期待のデミオは試乗時間が短かった。もっとじっくり乗ってみたい。

1位 アルファ・ミト・クアドリフォリオベルテ
2位 フィアット 500スポーツ 1.2
3位 ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニ
4位 シトロエンDS4 スポーツシック
5位 プジョー508
6位 アバルト・プント・エヴォ
7位 ルノー・ルーテシア 1.6
8位 マツダ・デミオ・スカイアクティブ
9位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
10位 ボルボ V60 Drive
11位 スズキ・スプラッシュ
12位 ケイタラム・ロードスポーツ300
13位 ジープ・グランドチェロキ−
14位 BMW X3
15位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジ
16位 フェラーリ458 イタリア
17位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
18位 ポルシェ・ボクスター(6MT)
19位 日産フ−ガ・ハイブリッド
20位 トヨタiQ 1.3(6MT)
佐野弘宗
毎日でも飽きない
佐野弘宗
(愛車:ルーテシア・ルノー・スポール)

「3年間、毎日運転しても飽きないであろうクルマ」を素直にならべたらこうなった。にしても、ハイブリッドはおろか今が旬のツイン・クラッチすら1台もないとは…自分でもあきれる。燃料価格が高騰しませんように。

1位 アバルト 500C
2位 メガーヌ・ルノー・スポール
3位 スバル WRX STiスペック
4位 ルノー・ルーテシア 1.6
5位 ルノー・カングー
6位 シトロエン C5セダクション
7位 ポルシェ 911カレラ
8位 マゼラーティ・クワトロポルテスポーツGT S
9位 日産 スカイライン 250GT タイプP
10位 ポルシェ・ケイマンS
11位 シボレー・コルベットZ06
12位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
13位 トヨタ・ランドクルーザーAX
14位 スズキ・スイフト XL
15位 ジャガーXF 3.0ラグジュアリー
16位 アバルト・プント・エヴォ
17位 ロータス・エヴォーラ 2+2(スポーツレシオ付)
18位 リンカーン・ナビゲーター
19位 トヨタ FJクルーザー
20位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー・ライト
島下泰久
変わらない基準
島下泰久
(愛車:ベントレー・コンチネンタルGT)

毎度変わりません。震災を経ようと基準は変わらず。目的など無くてもつい乗りたくなる、遠回りしたくなる。そんなクルマこそ愛着が持て、大事に長く乗り続けられるはず、という思いを乗せたクルマ選びです。

1位 ポルシェ911 カレラ
2位 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
3位 ベントレー・コンチネンタルGT
4位 BMW M3クーペ
5位 ベントレー・ミュルザンヌ
6位 フェラーリ458 イタリア
7位 ボルボ V60ドライブ
8位 メルセデス・ベンツ E63 AMG パフォーマンス・パッケージ
9位 トヨタ FJクルーザー
10位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIコンフォートライン
11位 フォルクスワーゲン・パサートT SIコンフォートライン
12位 メルセデス・ベンツ E250 ブルーエフィシェンシー 125!エディション
13位 ポルシェ・パナメーラ
14位 ジャガー XJポートフォリオ
15位 メルセデス・ベンツ G55 AMG ロング
16位 レクサス CT200h
17位 アウディA1 1.4TFSI
18位 日産 GT-R
19位 ルノー・カングー1.6
20位 ロータス・エリーゼ
清水和夫
長距離で飽きないこと
清水和夫
(愛車:スマート・カブリオレ)

もはや短距離移動なら電車やコンパクトなEVで十分まかなえるから、液体燃料を積むクルマは長距離ドライブに徹したほうがいいかもしれない。そこで長距離ドライブの快適性と飽きがこない愉しさを選考理由とした。

1位 ベントレー・ミュルザンヌ
2位 アストン・マーティン・ラピード
3位 ポルシェ911 GT3
4位 フェラーリ458 イタリア
5位 アストン・マーティン V12ヴァンティッジ
6位 マゼラーティ・グランカブリオ
7位 メルセデス・ベンツ ML ブルーテック 4MATIC
8位 BMW X6 ハイブリッド
9位 BMW M3
10位 メルセデス・ベンツ SL63 AMG
11位 メルセデス・ベンツ S65 AMG
12位 ポルシェ・パナメーラ
13位 アウディA8 4.2FSI クワトロ
14位 メルセデス・ベンツ C200
15位 シボレー・コーベット ZR1
16位 ポルシェ・ボクスター
17位 テスラ・ロードスター
18位 フォルクスワーゲン・パサート
19位 スバル・インプレッサ WRX ST
20位 レクサス CT200h(16インチ)
清水草一
ふたたびフェラーリ!
清水草一
(愛車:フェラーリ 512TR)

カウンタックでの修行は半年間で終了し、ボルドーのフェラーリ512TRを購入、納車待ちです。その後はチャレンジ・ストラダーレ→458イタリアというのが、人生の設計図なのです。クルマに関しては貪欲に行きます。

1位 フェラーリ 458イタリア
2位 フィアット500 ツインエア
3位 シトロエン C5 セダクション
4位 アバルト500C
5位 トヨタ・プリウスPHV
6位 日産 エクストレイル20GT(6MT)
7位 アウディ A4 アバント2.0TFSI
8位 アルファ・ロメオ・ミト クワドリフォリオ・ヴェルデ
9位 シトロエン DS3 スポーツ・シック
10位 マツダ・デミオ 13C
11位 スズキSX4
12位 マツダ・スピード・アクセラ
13位 BMW 335iカブリオレ
14位 フォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント
15位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
16位 レクサス RX450h
17位 マゼラーティ・グラントゥリズモS
18位 アウディ TTロードスター2.0TFSI
19位 ボルボ S60ドライブ
20位 ホンダ・アコード・ツアラー 24TL
鈴木正文
夢のクルマ
鈴木正文

フェラーリ458とベントレー・ミュルザンヌは僕の夢のクルマだ。911GT3とロールズ・ファンタムもそうかもしれない。モーガン4/4だってそうかな。ということで、ほとんどは夢のクルマたちだ。夢は楽しい。

1位 フェラーリ 458イタリア
2位 ベントレー・ミュルザンヌ
3位 ポルシェ911 GT3
4位 モーガン 4/4スポート
5位 ロールズ・ロイス・ファンタム
6位 ベントレー・コンチネンタルGT
7位 ロータス・エリーゼ
8位 ポルシェ 911カレラ
9位 アストン・マーティン・ラピード
10位 シボレー・コルベット Z06
11位 BMW M3クーペ
12位 ジャガーXK ラグジュアリー・コンバーティブル
13位 アウディ RS5
14位 アルピナ B3S ビターボ・ツーリング
15位 アバルト500
16位 日産 GT-R
17位 ルーテシア・ルノー・スポール
18位 スバル・インプレッサ WRX STi 5door
19位 マツダ・ロードスターNR-A
20位 ケイタラム・ロードスポーツ
西川 淳
マクラーレン待ち
西川 淳
(愛車:ジムニー・シエラ)

このところスーパーカーやラグジュアリィカーで新しいモデルがなかったから、上位陣は安泰。個人的にはマクラーレンMP4-12待ち。現実的なラインで少し動きあり。トヨタのIQが1.3になって意外にちゃんとしていたのに改めて驚いた。東京〜京都、500キロドライブ問題なし!

1位 ランボルギーニ・アウェンタドール LP700-4
2位 ジャガーXJ スーパースポーツ(ロング)
3位 ベントレー・ミュルザンヌ
4位 日産 GT-R エゴイスト
5位 メルセデス・ベンツ SLS AMG(ノーマルシャシー)
6位 アストン・マーティン V12ヴァンティッジ
7位 BMW M3コンペティション
8位 アウディR8 5.2 FSIクワトロ
9位 シボレー・コーベット ZR1
10位 フェラーリ 458イタリア
11位 ポルシェ911 タルガ4S
12位 ベントレー・コンチネンタルGT
13位 マツダ・ロードスター NR-A
14位 ロータス・エリーゼ
15位 トヨタiQ 130G
16位 フィアット500ツインエア
17位 ルセデス・ベンツ SLK350(AMGパッケージ)
18位 BMW 523iツーリング
19位 フェラーリ 599GTB フィオラノ
20位 ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
村上 政
代えがたいもの
村上 政
(愛車:ポルシェ・ボクスター)

クルマ受難の時代にそれでもクルマ好きであり続ける理由とはなにか。少なくとも私にとっては、運転の楽しみが特別なもので、ほかの何かでは代えることができないからだ。そういう観点から選んだ。

1位 ポルシェ・ボクスター
2位 ポルシェ 911カレラ
3位 ポルシェ 911ターボ
4位 ポルシェ 911カレラGTS
5位 アウディ A5 スポーツバック 2.0 TFSIクワトロ
6位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー
7位 プジョー508
8位 BMW X1 sDrive 18i
9位 フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI
10位 メルセデス・ベンツ E350 ブルーテック・ステーションワゴン
11位 ポルシェ・パナメーラ
12位 アウディA1 1.4FSI
13位 アウディA8 4.2FSIクワトロ
14位 マツダ・ロードスターNR-A
15位 フォルクスワーゲン・シロッコR
16位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
17位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジS
18位 フェラーリ 458イタリア
19位 ランボルギーニ・ガヤルド LP560-4
20位 日産 スカイラインGT-R
森 慶太
正統派だけでなく
森 慶太
(愛車:ルノー・メガーヌ)

ゴルフ1.2TSIとシャランは、正統派の実用クルマ選びの核になる存在として2011年半ばのいまゼッタイ外せない。でも、ステキな選択はそれだけではないですよ、的なイメージで選んでみました。あとカングーも。

1位 ロータス・エリーゼ
2位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
3位 ルノー・カングー・ビボップ
4位 トヨタ FJクルーザー
5位 フィアット500 ツインエア
6位 フォルクスワーゲン・シャラン
7位 シトロエン C4ピカソ
8位 ボルボV60 Rデザイン
9位 リンカーン MKX
10位 ポルシェ・ボクスター
11位 フォード・クーガ
12位 フォード・マスタング V8 GTクーペ・プレミアム
13位 メガーヌ・ルノー・スポール
14位 キャディラック CTSワゴン 3.0
15位 フィアット・プント・エヴォ
16位 フォルクスワーゲン・トゥアレグV6
17位 シトロエン DS3シック
18位 日産 X-TRAIL GT
19位 ルノー・メガーヌ・プレミアムライン
20位 レインジローバー・スポーツ
森口将之
新車の3台がHOT5に
森口将之
(愛車:ルノー・アヴァンタイム)

新着の3台がすべてHOT5以内って、マイHOT20史上初めてかも。でもこの3台にはその価値があると思います。パワーやスピードに頼らなくても楽しいという、今後のクルマ作りの理想を具現化しているからです。

1位 ルノー・ウインド
2位 プジョー508
3位 ルノー・ルーテシア 1.6(MT)
4位 ランチア・イプシロン 0.9ツインエア
5位 シトロエンC5 セダクション
6位 プジョー RCZ
7位 アルファ・ロメオ・ブレラ 3.2 JTS Q4
8位 ランチア・デルタ 1.8ターボ16V
9位 ロータス・エリーゼ
10位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
11位 シトロエン DS3 スポーツシック
12位 フィアット500 ツインエアポップ
13位 三菱 i-MiEV
14位 日産 NV200 バネット16X-2R
15位 トヨタ FJクルーザー
16位 ルノー・カングー1.6
17位 ジャガーXF 3.0ラグジュアリー
18位 ランドローバー・フリーランダー2 3.2I6
19位 シトロエン C4ピカソ・エクスクルーシブ
20位 ポルシェ・ボクスター
渡辺敏史
マインドの変化
渡辺敏史
(愛車:マツダRX-7)

震災前と後とでは、クルマに向き合うマインドがやはり違いますね。並んだ顔ぶれをみると、今だからこそ! という前向き感と、今のうちに…という邪心とが相まみれております。MTのあるクルマは全てMT推奨です。

1位 シボレー・コルベット Z06
2位 アウディ R8 4.2FSIクワトロ
3位 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
4位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
5位 ポルシェ 911カレラ
6位 日産 GT-R
7位 メルセデス・ベンツ C200 ブルーエフィシェンシー・アバンギャルド
8位 フィアット500 1.2スポーツ
9位 ルノー・カングー・ビボップ
10位 BMW 523i
11位 メルセデス SLS AMG
12位 フェラーリ 458 イタリア
13位 ジャガー XJ
14位 アウディ A7 スポーツバック
15位 マセラティ・グランカブリオ
16位 ボルボ V60 1.6ドライブ
17位 キャディラック CTS-Vクーペ
18位 マツダ・ロードスターRS
19位 ベントレー・ミュルザンヌ
20位 ロールズ・ロイス・ファンタム FHC
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
BMW i8/ビー・エム・ダ…
2017年のLAショウでデビューした新型i8。小規模ながらデザインが変更されたほか、電池の容量を拡大す…
NEWS
HONDA LEGEND/ホンダ レ…
北海道で行われた雪上試乗会に続き、今月は舗装路でも新しくなったレジェンドを試すことができた。
NEWS
FERRARI/フェラーリ CAR…
開幕前の予想を覆して、予選ではフェラーリが優位に立つ一方、決勝レースではこれまでにない接戦が繰…
NEWS
MORGAN/モーガンCAR PED…
1909年に創業した、生粋の英国資本スポーツカー、モーガン。そのモーガンがより身近になるうれしいニ…
NEWS
LEXUS/レクサスCAR PEDI…
日本での展開が開始されてから今年で13年目を迎えるレクサスが、ブランドの世界観をいろいろなカタチ…
NEWS
MITSUBISHI ECLIPSE-CROS…
1月末の雪の北海道でプロトタイプの試乗会が行われた三菱の新しいコンパクトSUV、エクリプス・クロス…
NEWS
Exposition of Vintage C…
日本を代表するファッション・ブランドであり、世界的に認められたモードの代名詞でもある「コム デ …
NEWS
LOTUS EVORA GT430/ロー…
ロータス史上最速のロードゴーイング・カー、エヴォーラGT430スポーツが上陸した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作