ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE THE HOT100
自動車のプロがホントに欲しいクルマ・ランキング!




ENGINE THE HOT100 NEW CARS With the Rankings
HOT100 委員


ホット100のルール
1、ホット100委員会の26人は、現在日本で買える新車の中から、自分で買いたいか、あるいは、これは絶対におすすめというクルマを20台選び、1位から20位までの順位をつける。
2、その際、クルマは車名単位(たとえば、ポルシェ911)ではなく、グレード名単位(カレラ、カレラ4Sなど)まで入れて選ぶ。
3、ホット100事務局は、それぞれの委員の選んだ20台の1位に20点、2位に19点、3位に18点…19位に2点、20位に1点のポイントを与え、その集計により、ホット100のランキングを決定する。
4、同点が出た場合、ホット20に選んだ委員が多い方を上位とする。
5、それでも同点となった場合、最高点が高い方を上位とする。
6、さらに、それでも同点となった場合、価格の安い方をよりバリューの高いものと讃えて上位とする。
石井昌道
総合的な
バランスを考慮

石井昌道
(愛車:ホンダ インサイト)

操る楽しさやシャシーのクオリティ、そして燃費とパフォーマンスなど、総合的なバランスを考慮して選考。ハイブリッドカーなど新しモノも大好物ですが、やっぱり楽しませてくれないといけませんね。

1位 ミニ・クーパーS(6MT)
2位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
3位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIトレンドライン
4位 ポルシェ・ボクスター・スパイダースパイダー
5位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・アバンギャルド・ステーションワゴン
6位 メルセデス・ベンツ E250CGI ブルーエフィシエンシー・クーペ
7位 BMW 320i(6MT)
8位 アルファ・ロメオ・ミト・コンペティツィオーネ
9位 トヨタ・プリウスS
10位 日産 フーガ・ハイブリッド
11位 ホンダ CR-Z(MT)
12位 シトロエン DS3 スポーツ・シック
13位 アウディA3 スポーツバック 2.0TFSIクワトロ
14位 メルセデス・ベンツ・ハイブリッド・ロング
15位 ロータス・エリーゼS
16位 アウディA4 1.8TFSI
17位 プジョーRCZ
18位 マツダ・アクセラスポーツ20C
19位 スマート・フォーツー・クーペ
20位 三菱 i-MiEV
今尾直樹
GT-Rは
サムライだ!

今尾直樹
(愛車:ベントレー・ターボR)

GT-R11MYはジェントルマン・スーパーカーに変身した。0-100km/h3秒! なのに立ち居振る舞いは荒々しくない。サムライだ。一方、マイ・ベントレーが修理から戻ってきた。部品代が超高い。身分不相応はイカンよ。

1位 日産 GT-R エゴイスト
2位 ロータス・エリーゼ
3位 ルノー・ルーテシア1.6(5MT)
4位 フィアット500 1.2スポーツ(5MT)
5位 ジャガーXK ラグジュアリー・クーペ
6位 アストン・マーティン one-77
7位 シトロエン C3(4AT)
8位 シトロエン DS3スポーツ・シック
9位 BMW 320i クーペ(6MT)
10位 アバルト 695トリビュート・フェラーリ
11位 ミニ・クーパー・コンバーチブル
12位 フォルクスワーゲン・ポロ TSI
13位 レインジ・ローバー・ヴォーグ5.0 V8
14位 スバル・インプレッサ WRX STI tS
15位 マツダ・ロードスターS
16位 ルノー・カングー BeBop
17位 テスラ・ロードスター
18位 ポルシェ911 GT3
19位 フェラーリ 458イタリア
20位 ベントレー・ミュルザンヌ
生方 聡
A1にホレボレ
生方 聡
(愛車:フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント)

発表されたばかりのアウディA1に惚れ惚れ。買いたい度急上昇中! 3ドアしかないのが難点だけど、いま真剣に乗り換えを検討中です。

1位 アウディA1 スポーツパッケージ
2位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
3位 アウディ TTクーペ 2.0TFSIクワトロ
4位 フォルクスワーゲン・クロスポロ
5位 三菱 i-MiEV
6位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
7位 ミニ・ワン(MT)
8位 アウディA5 スポーツバック
9位 BMW 320iクーペ(MT)
10位 スマート・フォーツー・カブリオ
11位 フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI
12位 マツダ・ロードスター RS RHT
13位 シトロエンDS3 スポーツ・シック
14位 スバル レガシィ・ツーリングワゴン 2.5GT アイサイト
15位 ランチア・デルタ 1.4ターボ16V
16位 ポルシェ・ボクスターS
17位 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ
18位 スズキ・スイフト
19位 ホンダCR-Z a
20位 トヨタiQ 130G(MT)
岡崎五朗
コスト・
パフォーマンス!

岡崎五朗
(愛車:ボルボV50)

カネに糸目を付けないのなら上位グレードを選んでおくに越したことはない。とくにドイツ車はそうだ。しかしそうもいかないのが現実なわけで。そこで今回はコスト・パフォーマンスを重視してグレード選択をした。

1位 ポルシェ 911カレラ(6MT)
2位 ポルシェ・ボクスターS(6MT)
3位 ジャガーXJ ラグジュアリー
4位 プジョー RCZ(LHD/6MT)
5位 アウディTT RSクーペ
6位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
7位 アウディ S4
8位 キャディラック CTS-V
9位 メルセデス・ベンツC200CGI(AMGスポーツパッケージ)
10位 ボルボ C30 2.0eアクティブ
11位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSI コンフォートライン
12位 フォルクスワーゲン・ポロ TSI ハイライン
13位 ミニ・ワン(MT)
14位 ルーテシア・ルノー・スポール
15位 BMW アクティブ・ハイブリッド7
16位 ボルボ XC60
17位 BMW320iクーペ
18位 スマート・フォーツー・カブリオ mhd
19位 シトロエン DS3 スポーツシック
20位 スズキ・スプラッシュ
小川フミオ
脱・固定観念
小川フミオ
(愛車:ポルシェ911)

世の中、問題の解に自分のオリジナリティを出すのが大切だ。ギターはCの押さえ方に8通り。カクテルでもシェイクやステア以外にエスプーマを使うのが今ふう。クルマも固定観念を変えてくれる選び方でいこう。

1位 テスラ・ロードスター
2位 キャディラック CTS-V
3位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
4位 アストン・マーティン・ラピード
5位 トヨタ iQ 130G
6位 ルーテシア・ルノー・スポール
7位 トヨタ・オーリスRS
8位 アウディ TT 2.0TFSI
9位 トヨタ・ランドクルーザー
10位 メルセデス・ベンツ SLK350
11位 プジョー308SW プレミアム
12位 シボレー・カマロSS RS
13位 シトロエン C3
14位 ジャガーXJ ポートフォリオ
15位 アバルト500 エッセエッセ
16位 ランボルギーニ・ガヤルド LP560-4
17位 ジープ・ラングラー・サハラ
18位 フォルクスワーゲン・シロッコ TSI
19位 フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーラン TSIトレンドライン
20位 フェラーリ・カリフォルニア
小沢コージ
突如目覚めてしまいました
小沢コージ
(愛車:ホンダ・シティ・カブリオレ)

目的など無くても、つい乗りたくなる、遠回りしたくなる。そういうクルマでこそ大切にしようと思うし環境のことも考えられるのでは? じゃなきゃ電車でいいんだし。いつも通り、そんな思いを込めたクルマ選びです。

1位 ミニ・クーパー・コンバーチブル
2位 日産 ジューク・ターボ
3位 トヨタ iQ 100G
4位 ルノー・カングー・ビポップ
5位 フィアット 500C
6位 スマート・フォーツー・カブリオ
7位 ルノー・カングー
8位 ミニ・クーパー・クラブマン(AT)
9位 シトロエン C3
10位 BMW X1 xDrive18i
11位 シトロエン DS3
12位 ルノー・トゥインゴ
13位 スズキ・スプラッシュ
14位 日産 キューブ 15X
15位 スズキ・スイフト
16位 フォルクスワーゲン・ゴルフ・コンフォートライン
17位 フォルクスワーゲン・ポロ・コンフォートライン
18位 プジョー RCZ
19位 日産 デュアリス 20G
20位 フォルクスワーゲン・ティグアン
桂 伸一
大排気量に乗ろう!
桂 伸一
(愛車:トヨタ・プリウス)

ダウンサイジングが続く昨今、大排気量スポーツカーに乗れるうちに乗ろうじゃありませんか。「いつかはアストン」のV8はそのままに、コルベット史上最強モデルZR1を追加。アバルト・プントも新たにランクイン。

1位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジ
2位 シボレー・コルベット・クーペ ZR1
3位 シボレー・コルベット・クーペ Z06
4位 アストン・マーティン DBS
5位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
6位 ポルシェ 911GT3
7位 ロータス・エキシージ CUP260
8位 アウディ R8 5.2FSIクワトロ
9位 ジャガーXKR クーペ
10位 ロータス・エヴォーラ(スポーツ・レシオ)
11位 ジャガーXJ スーパースポーツSWB
12位 アストン・マーティン・ラピード
13位 BMW M3セダン(MCDT)
14位 シボレー・カマロSS RS
15位 フォード・マスタングV8 GTクーペ・プレミアム
16位 フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI
17位 アバルト・プント・エヴォ
18位 シトロエン DS3 スポーツシック
19位 ミニ・クーパーS
20位 トヨタ・プリウスG(ソーラーパネル付ムーンルーフ)
金子浩久
カマロが良かった!
金子浩久
(愛車:ポルシェ・ボクスター)

今月は、カマロSS RSとフーガ・ハイブリッドを20台に追加した。どちらも、自らのポジショニングと役割を認識しつつ、手法は違えども、新しさの魅力を表現するのに長けている。機械的な洗練度にも優れていた。

1位 アストン・マーティン DB9ヴォランテ
2位 日産 リーフ
3位 ルノー・カングー・ビボップ
4位 ベントレー・ミュルザンヌ
5位 フェラーリ 458イタリア
6位 ジャガーXJ ラグジュアリー
7位 シボレー・カマロSS RS
8位 フォルクスワーゲン・シャラン
9位 フォード・クーガ
10位 ポルシェ・ボクスター(PDK)
11位 ロータス・エヴォーラ
12位 スマート・フォーツー・クーペ
13位 アウディR8 4.2FSIクワトロ(6MT)
14位 シトロエン DS3シック
15位 マゼラーティ・グランカブリオ
16位 スバル・インプレッサ WRX STi
17位 ランドローバー・ディスカバリー4
18位 BMW 523iツーリング
19位 日産フーガ・ハイブリッド
20位 スズキ・スイフト
河口まなぶ
走ってナンボ!
河口まなぶ
(愛車:ポルシェ911)

とにかく自分がこれまで乗った中で、走りが気持ちよいものを順番にあげてみました。燃費と環境が叫ばれる昨今ですが、クルマはやっぱり走ってナンボ。心ゆくまでその想いで選びました!

1位 ポルシェ 911GT3
2位 ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スーパーレジェーラ
3位 ポルシェ 911カレラ
4位 アウディ R8 4.2FSIクワトロ(MT)
5位 フィアット500C 1.2 8Vポップ
6位 フォルクスワーゲン・ポロ TSI
7位 アルファ・ミト・クワドリフォリオ・ヴェルデ
8位 アバルト500
9位 メルセデス・ベンツ C63 AMG
10位 マツダ・ロードスター RS
11位 ジャガーXJ プレミアム・ラグジュアリー
12位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
13位 ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ
14位 スマート・フォーツー・カブリオ mhd
15位 ロータス・エヴォーラ
16位 ポルシェ・カイエン
17位 BMW M3セダン
18位 メルセデス・ベンツ SL63 AMG
19位 ポルシェ・ケイマン(PDK)
20位 三菱 i-MiEV
河村康彦
右ハンドル!
河村康彦
(愛車:フォルクスワーゲン・ルポGTI)

左ハンは選ばない、という“マイルール”を今回は復活。で、左側通行国なのに右ハンを導入しないという有り得ない設定の458やらSLS AMGやらメガーヌRSといった「錚々たるメンバー」はリスト落ちに!

1位 ポルシェ・ケイマンS(右ハンドル/MT限定)
2位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
3位 ジャガーXFR
4位 BMW 135iクーペMスポーツ
5位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
6位 ジャガーXKR クーペ
7位 メルセデス・ベンツ C200CGI ブルーエフィシエンシー
8位 ジャガーXJ スーパースポーツ
9位 ポルシェ 911カレラ4S(MT)
10位 ポルシェ・ボクスターS(MT仕様)
11位 アバルト 500C
12位 レクサス LF-A
13位 プジョー RCZ
14位 シトロエン C5ツアラー 3.0エクスクルーシブ
15位 スズキ・スイフト XL(MT)
16位 ホンダCR-Z a(MT)
17位 日産 フェアレディZ バージョンT(AT仕様限定)
18位 スバル・インプレッサ WRX Sti tS
19位 トヨタ FJクルーザー
20位 トヨタ・プリウスG
日下部保雄
感性にしたがって
選定

日下部保雄
(愛車:エスティマ・ハイブリッド)

理屈抜きで感性にしたがって選定した。したがって価格、車種なども一貫性がない。欲しいという思いから始まってちょっとだけ現実に戻って車種選びをしてみたが、面白い反面、いつもながら苦しい。

1位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジ(MT)
2位 ジャガーXKR コンバーチブル
3位 マツダ・ロードスターRS(6MT/ソフトトップ)
4位 ポルシェ・ケイマンS(MT)
5位 ジャガーXF 3.0
6位 メルセデス・ベンツ C200CGIブルーエフィシェンシー
7位 BMW 335i
8位 アウディ TT ロードスター 2.0TFSI
9位 ホンダ CR-Z a(6MT)
10位 ポルシェ 911カレラS
11位 スバル・インプレッサ WRX STI 5door
12位 レクサス IS-F
13位 メルセデス・ベンツ E250CGIブルーエフィシェンシー
14位 ジャガーXJ ポートフォリオSWB
15位 BMW 535i
16位 日産 フェアレディZ バージョンS(6MT)
17位 日産 GT-R
18位 三菱 ランサー・エボリューションX GSR
19位 フォルクスワーゲン・シロッコR
20位 プジョー 3008プレミアム
九島辰也
思わず振り返る
魅惑の個性

九島辰也
(愛車:メルセデス・ベンツG500L)

空気抵抗値ばかり強調されて個性がないエコカーのデザインに対し、ブランドのアイデンティティをしっかり主張するクルマに魅力を感じます。降りてから思わず振り向いてしまう…そんなクルマがワタシのHOT20です!

1位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
2位 フェラーリ 458イタリア
3位 ジャガーXK クーペ・ポートフォリオ
4位 ポルシェ 911ターボS
5位 フェラーリ・カリフォルニア
6位 アウディ S5カブリオレ
7位 ポルシェ・パナメーラS
8位 マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
9位 マゼラーティ・グランカブリオ
10位 ジャガー XJポートフォリオ
11位 ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
12位 アウディR8 4.2FSIクワトロ
13位 シボレー・コルベット・クーペ Z06
14位 フォード・マスタング V8GT コンバーチブル・プレミアム
15位 BMW アルピナD3 ビターボ・リムジン
16位 ミニ・クーパーS クラブマン
17位 プジョー RCZ
18位 レインジ・ローバー・ヴォーグ 5.0V8 スーパーチャージド
19位 キャディラック CTS-V
20位 トヨタ FJクルーザー
国沢光宏
お買い得な感じで!
国沢光宏
(愛車:スバル・ラリーカー)

時節柄、コスト・パフォーマンスを重視しました。お金が余っている読者諸兄ばかりじゃないと思いますから。というか自分で欲しいクルマを選んだ次第。今年のラリー活動終わったら、ボクスターかエリーゼか?

1位 トヨタ・プリウスG
2位 ポルシェ・ボクスター
3位 ロータス・エリーゼ
4位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
5位 スバル・インプレッサ WRX STi 5door(MT)
6位 三菱ランサー・エボリューションX
7位 ホンダ CR-Z a
8位 ミニ・ワン(MT)
9位 ルーテシア・ルノー・スポール
10位 シトロエン C5 セダクション
11位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
12位 BMW 320i
13位 日産 エクストレイル20GT(6MT)
14位 トヨタ・マークX 250G
15位 プジョー207 スタイル1.4
16位 フィアット・プント・エヴォ
17位 トヨタ・クラウン 2500ロイヤルサルーン
18位 メルセデス・ベンツS350
19位 スズキ・ジムニーXC
20位 ヒュンダイ・ジェネシス・クーペ
菰田 潔
3台入れ替え
菰田 潔
(愛車:BMW アルピナD3 ビターボ・リムジン)

今月は3台が入れ替わった。既存の車種でもモデルイヤーが変わって乗ってみると進化していることを実感することもある。別の場所で違う道を走ってみると新しい発見もある。ということで微妙に順位も変わっている。現在の自分のクルマは写真のとおりアルピナD3 ツーリングです。残念ながらまだMTのリムジンではありません。

1位 BMW アルピナD3 ビターボ・リムジン(6MT)
2位 ポルシェ・ボクスター(6MT)
3位 BMW 320iクーペ(6MT)
4位 ポルシェ 911GT2(6MT)
5位 ロールズ・ロイス・ゴースト
6位 BMW M3クーペ(DCT)
7位 アバルト・プント・エヴォ
8位 BMW 523iツーリング
9位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
10位 ミニ JCW
11位 アウディ A1
12位 フォルクスワーゲン・ポロ GTI
13位 フォード・クーガ
14位 シトロエン C3
15位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
16位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
17位 プジョー308 プレミアム
18位 アウディTT RSクーペ
19位 BMW X1 sDrive18i
20位 ルーテシア・ルノー・スポール
齋藤浩之
新型スイフト、
本当に素晴らしい!

齋藤浩之
(愛車:ランチア・カッパ2.4)

新型スイフトはBセグメントの実用車としてベストの1台という思いは強くなるばかり。荷室容量だけは小さめですが、ひとが快適安全に移動するための乗用車として文句なし。脚のダンピングもう少し強めがいいけど。

1位 フェラーリ 599GTO(6-F1 SCT)
2位 シボレー・コーベット ZO6(6MT)
3位 ベントレー・ミュルザンヌ
4位 フェラーリ 458イタリア(F1/7-DCT)
5位 BMW アルピナD3 リムジン・ビターボ(6-MT/LHD)
6位 日産 GT-R specV(6DCT)
7位 ポルシェ 911GT3(6MT)
8位 マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT-S(6AT)
9位 メルセデス・ベンツ E63 AMGパフォーマンス・パッケージ(7-MCT)
10位 シトロエン C5 セダクション
11位 BMW M3クーペ(6-MT)
12位 ルーテシア・ルノー・スポール
13位 マツダ・ロードスターNR-A
14位 アバルト・プント・エヴォ
15位 ルノー・カングー(5MT)
16位 スズキ・スイフト XS(CVT)
17位 マツダ・デミオ15C
18位 トヨタ・プロボックス・バンGL(4WD/5-MT)
19位 ダイハツ・ハイゼット・クルーズ・ターボ4WD(5MT)
20位 トヨタ・ハイエース・ロングバン(2WD/ガソリン/5-MT/標準ルーフ/6人乗り/5ドア/DX“GLパッケージ”)
笹目二朗
基本、MTで
笹目二朗
(愛車:フィアット・ムルティプラ)

前回の選定から大きく変わってはいない。この1カ月に新登場して面白かった車に一部入れ換えた。順番にはまったく意味はない。20台はMT車を主体にしているが、MT仕様のないものもあるがやむなし。

1位 プジョー207 GT
2位 ルノー・ルーテシア 1.6(MT)
3位 アバルト・プント・エヴォ
4位 アルファ・ミト 1.4Tスポーツ
5位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
6位 マツダ・デミオ・スポルト(MT)
7位 シトロエン C3(AT)
8位 アバルト 500C
9位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
10位 ボルボC30 2.0eアクティブ
11位 スズキ・スプラッシュ
12位 日産 マーチG(MT)
13位 ルノー・カングー BeBOP
14位 シトロエン C4ピカソ 1.6T エクスクルーシブ
15位 アストン・マーティン V8ヴァンティッジ
16位 フェラーリ458 イタリア
17位 アウディ R8 4.2FSIクワトロ(6MT)
18位 ポルシェ・ボクスター(6MT)
19位 日産 フーガ
20位 トヨタ iQ(6MT)
佐野弘宗
やっぱりエコには
興味なし

佐野弘宗
(愛車:ルーテシアRS)

自分で選んだ20台に自分でびっくり。オレってやっぱり「エコ」に興味ないのね。「このクルマのためなら死ぬ気でガソリン代を稼ぐぞ」と思えるのがマイ・ホット。いや…仕事ではエコ・カー大歓迎ですよ。

1位 ルーテシア・ルノー・スポール
2位 スバル・インプレッサ WRX STi 5door(6MT)
3位 ルノー・トゥインゴ(クイックシフト5)
4位 ポルシェ 911カレラ(6MT)
5位 アルファ159 2.2JTSセレスピードTI
6位 日産 スカイライン 250GTタイプP
7位 ルノー・カングー(5MT)
8位 ルノー・ルーテシア 1.6(MT)
9位 シトロエン C5 セダクション
10位 マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
11位 ポルシェ・ケイマンS(6MT)
12位 シボレー・コルベットZ06
13位 アルファ159 3.2Q4 QトロニックTI
14位 アウディ R8 4.2FSIクワトロ
15位 トヨタ・ランドクルーザーAX
16位 ジャガーXF 3.0ラグジュアリー
17位 フィアット・プント・エヴォ
18位 ロータス・エヴォーラ(スポーツレシオ付)
19位 フォード・エクスプローラー・スポーツトラックXLT
20位 メルセデス・ベンツ
C300アバンギャルド(ダイナミックハンドリングパッケージ付)
島下泰久
458に
やっと乗った!

島下泰久
(愛車:ベントレー・コンチネンタルGT)

目的など無くても、つい乗りたくなる、遠回りしたくなる。そういうクルマでこそ大切にしようと思え、環境のことも考えられるのでは? いつも通りのそんなクルマ選びに新たに乗ったクルマを加えた最新版です。

1位 ポルシェ 911GT3
2位 ルーテシア・ルノー・スポール
3位 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
4位 フェラーリ458 イタリア
5位 ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ
6位 BMW M3クーペ
7位 ベントレー・ミュルザンヌ
8位 メルセデス・ベンツSLS AMG
9位 メルセデス・ベンツE63AMGパフォーマンス・パッケージ
10位 ポルシェ・パナメーラ
11位 フェラーリ・カリフォルニア
12位 日産 GT-R
13位 ジャガーXJ ポートフォリオ
14位 トヨタ FJクルーザー
15位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIコンフォートライン
16位 アウディA1 1.4TFSI
17位 ルノー・カングー
18位 レクサス IS250Fスポーツ
19位 ボルボ XC60 T6 SE AWD
20位 ロータス・エリーゼ
清水和夫
DB9のマニュアル、最高!
清水和夫
(愛車:スマート・カブリオレ)

DB9 に特注で6MTが発注できることを知った。今、乗りたいスポーツカーナンバーワン。

1位 アストン・マーティン DB9(MT)
2位 ポルシェ 911GT3
3位 BMW M3セダン
4位 ポルシェ・ボクスター(MT)
5位 スバル・インプレッサWRX STI(MT)
6位 ロータス・エヴォーラ
7位 BMW アクティブハイブリッド7
8位 メルセデス・ベンツ・ハイブリッド・ロング
9位 ポルシェ・カイエン・ターボ
10位 マゼラーティ・グラントゥリズモ・コンバーチブル
11位 ミニ・クーパー・コンバーチブル(6MT)
12位 ポルシェ 911カレラ・カブリオレ
13位 スマート・フォーツー・カブリオ
14位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
15位 レクサス LS600h
16位 メルセデス・ベンツ B180
17位 アウディ A4 1.8TFSI
18位 ジャガーXJ ポートフォリオLWB
19位 ベントレー・フライングスパー
20位 トヨタ・プリウス(17インチ・タイヤ)
清水草一
シトロエンC5、
買います!

清水草一
(愛車:フェラーリ 355)

不況で心がすさんでいたのですが、今月は意味もなく少し元気になり、シトロエンC5セダクションを購入することを決意! 2位に浮上させました。そしてアバルト500をアバルト500Cに交替! やっぱり屋根が開くと元気になれそうだ! 1位は神の領域です。今後12年間1位をキープするでしょう。断言します。

1位 フェラーリ 458イタリア
2位 シトロエン C5セダクション
3位 アバルト 500C
4位 トヨタ・プリウスPHV
5位 日産 エクストレイル20GT(AT)
6位 アルファ・ミト・スプリント
7位 マツダ・デミオ13C
8位 スズキ SX4
9位 マツダ・スピード・アクセラ
10位 アウディ A4 アバント2.0TFSIクワトロ
11位 ホンダ・アコード・ツアラー24TL
12位 BMW 335iカブリオレ
13位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
14位 レクサス RX450h
15位 マゼラーティ・グランカブリオ
16位 アウディ TT ロードスター 2.0TFSI
17位 シトロエン C6 エクスクルーシブ
18位 フォルクスワーゲン・シロッコR
19位 ポルシェ・パナメーラ
20位 ダッヂ・チャージャーSRT8
鈴木正文
高貴なるクルマ選び
鈴木正文
(愛車:ベントレー・ターボR)

職業に貴賎なし、というが、クルマには貴賎がある。僕は高貴なるクルマを選んだ。「高貴」とは、ニーチェによれば「距離への情熱」に駆動される精神性だ。他のクルマと違ってあること(距離)への情熱を重視したのだ。

1位 フェラーリ 458イタリア
2位 ベントレー・ミュルザンヌ
3位 モーガン 4/4スポート
4位 ミニ・クーパー・コンバーチブル
5位 ロールズ・ロイス・ファンタム
6位 ケイタラム・ロードスポーツ200
7位 ロータス・エリーゼ
8位 ポルシェ 911カレラ(MT)
9位 BMW M3クーペ
10位 シボレー・コルベット・クーペ Z06
11位 日産 GT-R
12位 日産 フェアレディZ
13位 アウディ A3 スポーツバック 2.0TFSIクワトロ
14位 BMW 135iクーペ
15位 メルセデス・ベンツ SL350
16位 アルファ 159スポーツワゴン3.2 Q4 QトロニックTI
17位 ルノー・カングー
18位 スバル・インプレッサ WRX STi 5door
19位 スズキ・ジムニー XG
20位 マツダ・ロードスターNR-A
西川 淳
メガーヌRS、
入れました

西川 淳
(愛車:日産GT-R)

新たに乗ったクルマはほとんどないのですが、思い出したように欲しくなったカリフォルニアとか、そのほか順位の小変動あり。ルーテシアRSの代わりに約束どおりメガーヌRSを入れたのが新しいですね。今年もまたスーパーカーの年です。秋にはランボのV12とマクラーレンが上位に来ていること間違いなし!!

1位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
2位 日産 GT-R クラブトラック・エディション
3位 ベントレー・ミュルザンヌ
4位 フェラーリ 458イタリア
5位 日産 GT-R EGOIST
6位 シボレー・コルベットZR1
7位 ランボルギーニ・ガヤルド LP550-2
8位 アウディR8 V10
9位 ポルシェ 911ターボS
10位 フェラーリ・カリフォルニア
11位 メルセデス・ベンツ CL63 AMG
12位 BMW M3コンペティション
13位 ロータス・エリーゼ
14位 フォルクスワーゲン・シロッコR
15位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
16位 BMW Z4 sDrive35is
17位 シボレー・カマロSS RS
18位 BMW 523i ツーリング
19位 スズキ・ジムニー・シエラ・クロスアドベンチャー(赤)
20位 ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
村上 政
アウディA1を
6位に!

村上 政
(愛車:ポルシェ・ボクスター)

勢いに乗るアウディから、またしてもすこぶる勢いのあるモデルが登場した。日本に上陸したばかりのA1は、都会派スモール・カーとして、デザイン・走りともに素晴らしく、ミニの強力なライバルとなるに違いない。6位に。

1位 ポルシェ・ボクスター
2位 ポルシェ 911カレラ
3位 ポルシェ 911ターボ
4位 アウディ A5スポーツバック
5位 ポルシェ・ケイマンS
6位 アウディA1 1.4FSI
7位 アウディA8 4.2FSIクワトロ
8位 メルセデス・ベンツ
E350ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド
9位 アウディA4 アバント 2.0TFSIクワトロ
10位 フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI
11位 BMW X1 xDrive 25i
12位 メルセデス・ベンツ C200CGI ブルーエフィシエンシー
13位 BMW 320iクーペ
14位 マツダ・ロードスターNR-A
15位 ルノー・ルーテシア・ルノー・スポール2.0
16位 フォルクスワーゲン・シロッコR
17位 アウディ R8 4.2 FSIクワトロ
18位 ランボルギーニ・ガヤルド LP560-4
19位 フェラーリ 458イタリア
20位 日産 GT-R
森 慶太
FJクルーザー1位!
森 慶太
(愛車:ルノー・メガーヌ)

MINIクロスオーバーは文句なしHOT20入りのデキ。一方、さすがにもう売り切れでしょ、ということでリンカーンMKXをリストから削除。で、こうなりました。そういえば、ルーテシアRSはまだ在庫あるのかな?

1位 トヨタ FJクルーザー(オフロード・パッケージ)
2位 ルノー・カングー BeBop
3位 フォード・クーガ Titanium
4位 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン
5位 ルノー・カングー
6位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
7位 ルノー・ルーテシア・ルノー・スポール
8位 フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント TSIトレンドライン
9位 ルノー・トゥインゴ・ルノー・スポール
10位 ミニ・クロスオーバー・クーパーS オール4
11位 ホンダ・フィット・ハイブリッド
12位 日産 エクストレイル 20GT
13位 プジョー 3008プレミアム
14位 ボルボ XC60 T6 SE
15位 プジョー RCZ(6MT)
16位 シトロエン C4ピカソ
17位 フォルクスワーゲン・トゥーラン 1.4TSIコンフォートライン
18位 シトロエン C5ツアラー
19位 ルノー・コレオス・ダイナミック
20位 フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0
森口将之
硬派な2台を!
森口将之
(愛車:ルノー・アヴァンタイム)

メガーヌRSとFJクルーザーを入れたのは、「最近のクルマは甘口になって」とお嘆きの貴兄になっているためもあります。こういう時代だからこそ、自分に喝を入れてくれる硬派なヤツを欲したくなるのです。

1位 ルノー・ルーテシア 1.6(MT)
2位 シトロエン C5 セダクション
3位 プジョー RCZ
4位 三菱 i-MiEV
5位 ロータス・エリーゼ
6位 BMW 320i(MT)
7位 ルーテシア・ルノー・スポール
8位 シボレー・カマロLT RS
9位 シトロエン C4ピカソ 1.6Tエクスクルーシブ
10位 プジョー 308CC プレミアム
11位 フィアット500 1.2スポーツ
12位 ルノー・メガーヌ・ルノー・スポール
13位 日産 NV200バネットDX(5MT)
14位 シトロエン DS3シック
15位 ジャガーXF 3.0ラグジュアリー
16位 マツダ RX-8タイプS
17位 ルノー・カングー(MT)
18位 トヨタ FJクルーザー
19位 日産 スカイライン・クロスオーバー 370GTタイプP
20位 ポルシェ・ボクスター(MT)
渡辺敏史
458は凄かった!
渡辺敏史
(愛車:マツダRX-7)

今年上陸した新しいクルマに概ね乗ることが出来たので、そこを勘案して素直にバー ジョン変更。絶対的なスピードに憧れてクルマをみる時代はとうに終わったと感じて いましたが、458には完全に引導を渡されましたね。

1位 シボレー・コルベット・クーペ Z06
2位 アウディ R8 4.2FSIクワトロ(6MT)
3位 ポルシェ 911カレラ(6MT)
4位 フォルクスワーゲン・ポロ TSIコンフォートライン
5位 日産 GT-R
6位 ポルシェ・ボクスター
7位 メルセデス・ベンツ
C200CGIブルーエフィシエンシー・ステーションワゴン・アバンギャルド
8位 メルセデス・ベンツ SLS AMG
9位 ジャガーXJ
10位 フェラーリ 458イタリア
11位 BMW 523i
12位 ルノー・カングー(5MT)
13位 ベントレー・ミュルザンヌ
14位 マゼラーティ・グランカブリオ
15位 マツダ・ロードスターRS
16位 アストン・マーティン DBS
17位 ジープ・ラングラー・アンリミテッド・スポーツ
18位 トヨタ・プリウスG
19位 ロータス・エリーゼSC
20位 ロールズ・ロイス・ファンタム(FHC)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス