ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE THE HOT100
自動車のプロがホントに欲しいクルマ・ランキング!


※車両価格は2011年1月1日現在のものを使用
HOT41 37pt
(齋藤13pt+九島13pt+佐野11pt)
HOT41 マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツ GTS
マゼラーティ・クワトロポルテ
スポーツ GTS

(1695.0万円 4.7リッターV8/FR/6RMT)
この車の関連記事を探す
齋藤浩之
最高のドライバーズ・フル・サイズ・スポーティ・サルーン。エンジンの切れ味よし、サウンドよし、シャシー・バランスよし。
佐野弘宗
高級サルーンなのにエンジンはレーシング。こんな高価格高出力の後輪駆動なのに、バツグンの車両感覚でアマチュアも山道で安心。
九島辰也
まるでカートのようなドライビングポジションでレーシーな走りを見せる。これで4ドアなのだからおもしろい。日本車も見習って!
HOT42 36pt
(今尾13pt+生方9pt+石井9pt+桂3pt+岡崎2pt)
HOT42 シトロエン DS3 スポーツシック
シトロエン DS3 スポーツシック
(269万円 1.6リッター直4/FF/6MT)
この車の関連記事を探す
今尾直樹
いま買える楽しい小型車の最右翼。乗るとシトロエンAXに似ている。古典的フレンチ・ホットハッチ。でもエンジンはBMWミニだ。
石井昌道
ミニと同様のエンジンで燃費はまずまず。フランス車は全般的にシャシーがよく、ロング・ドライブで疲れない。国産も見習ってほしい。
桂 伸一
往年の2CVの浮遊感を持つC3に対して、DS3は適度に締まったスポーツのキャラ。滑らかな味わい、斬新なデザインに大注目。
生方 聡
現行のシトロエンで唯一選べるマニュアル・モデル。デザインも個性的で、小さいのに存在感がある。カスタマイズして遊びたい。
岡崎五朗
ダウン・サイジング指向がますます強まるなか、コンパクトなボディで上質感、個性、走りの楽しさなどを実現したクルマは貴重。
HOT43 36pt
(森口17pt+生方17pt+石井1pt+河口1pt)
HOT43 三菱 i-MiEV
三菱 i-MiEV
(398.0万円 電気モーター/RR/なし)
この車の関連記事を探す
森口将之
現在買えるメーカー製EVというだけでなく、モーター・サウンドからRRのハンドリングまですべてがファン・トゥ・ドライブ。
河口まなぶ
解脱!
生方 聡
EVを一気に身近な存在にしてくれた功績は大きい。全高がもう少し低ければ購入したいのだが…。
石井昌道
今のところはEVはシティコミューターとして使うのが妥当。その意味では十分以上な性能。もっと性能を削って安くしてもいいぐらい。
HOT44 34pt
(小川19pt+岡崎13pt+九島2pt)
HOT44 キャディラック CTS-V
キャディラック CTS-V
(870.0万円
6.2リッターV8スーパーチャージャー/FR/6AT)
この車の関連記事を探す
小川フミオ
6.2リッターのスーパーチャージドV8搭載で、スポーツカーのようなハンドリング。これがキャディ? 870万円という価格も戦略的。
岡崎五朗
超弩級のパワー・スペックとニュルで鍛えた足回り。そのパフォーマンスはAMG、M、Sに匹敵する。これで870万円は安い!
九島辰也
あまり意識していなかったが、あらためて乗ると速い。で、同スペックのヨーロッパ車と比べるととにかくリーズナブル。
HOT45 34pt
(森10pt+清水草一16pt+国沢8pt)
HOT45 日産 エクストレイル20GT
日産 エクストレイル20GT
(308.7万円、313.95万円
2リッター直4ディーゼル・ターボ/4WD/6MT、6AT)
この車の関連記事を探す
森 慶太
オートマ版問題なし! というか、このデキだったらMTにこだわる必要全然なし。ということで、晴れて上位にランク入り。貴重な存在。
国沢光宏
世界で最もECOな雪道エクスプレス。マイナーチェンジでクルーズコントロールも付いたため一段と快適なGTになりました。
清水草一
自分の愛車歴に残る巨大な空白、それはディーゼル。一刻も早くディーゼルのGTが欲しい。現行車の中ではこれがリアルです。
HOT46 34pt
(九島18pt+今尾16pt)
HOT46 ジャガー XKクーペ
ジャガー XKクーペ
(1200.0万円 5リッターV8/FR/6AT)
この車の関連記事を探す
今尾直樹
リア・スタイルはEタイプを思わせる。ステキだ。乗ってはライトウェイト・スポーツカーもかくや。乗り心地も快適。50男に似合う。
九島辰也
過給機を取りつけた“R”よりも普段使いならこちらの方が扱いやすい。これでパワーも十分。それにスタイリングはかなりクール!

HOT47 33pt
(島下16pt+石井17pt)
HOT47 ポルシェ・ボクスター・スパイダー
ポルシェ・ボクスター・スパイダー
(866.0万円、913.0万円
3.4リッター水平対向6気筒/MR/6MT、7段PDK)
この車の関連記事を探す
島下泰久
元々楽しいボクスターが軽く低重心になったら気持ち良くないワケが無い! 一見面倒な屋根開けの儀式も、心昂らせてまた楽しい。
石井昌道
本当に80kg軽量化しただけでこんなに良くなるの? と疑いたくなるほどの出来映え。硬いのにしなやかなサスペンションに惚れた!

HOT48 32pt
(生方19pt+小川13pt)
HOT48 アウディ TTクーペ 2.0TFSI
アウディ TTクーペ 2.0TFSI
(460.0万円 2リッター直4ターボ/FF/6AT)
この車の関連記事を探す
生方 聡
フェイスリフトしたTTに試乗。新しいエンジンが実にトルキーでいい!
小川フミオ
いまだにデザインの魅力は色あせないし、200馬力は必要にして十分。趣味としてクルマを買おうと思うなら今もTTはいい選択だ

HOT49 31pt
(九島12pt+渡辺7pt+金子6pt+清水草一6pt)
HOT49 マゼラーティ・グランカブリオ
マゼラーティ・グランカブリオ
(1850.0万円 4.7リッターV8/FR/6AT)
この車の関連記事を探す
九島辰也
じつは初乗り。なんたってスタイリングがグッド。トップは開けても閉めてもかっこいい。でもって胸のすくような走りに脱帽。
渡辺敏史
それぞれに選ぶ理由のあるグラントゥリズモ・シリーズながら、最小限の不便で生活を大変革出来る可能性があるのはこのクルマ。
金子浩久
派手なエクステリアとインテリアを持っているが、走りはなかなか骨っぽい。スポーツ・ボタンを押すと一変する。
清水草一
フェラーリ・エンジンを搭載した4座の超スタイリッシュなオープン。これを乗りこなせればもはや思い残すことはありません。
HOT50 31pt
(森20pt+島下8pt+森口3pt)
HOT50 トヨタ FJクルーザー
トヨタ FJクルーザー
(314.0万円〜 4リッターV6/4WD/5AT)
この車の関連記事を探す
森 慶太
特にオススメは、オンロードで乗るならオフロードパッケージつき。もちろんオフロードでもそれがイチバン。ウットリの乗りアジ。
島下泰久
理屈はともかく見て乗って楽しく、トヨタ車では久々に自分で所有したい! とドキドキ中。鉄チンホイールのX-REAS付きで。
森口将之
デザインは細部までこだわっているし、走りはベースのプラドより全然いい。軟弱なSUVが増えたからこそ、この無骨さに惹かれる。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス