ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE THE HOT100
自動車のプロがホントに欲しいクルマ・ランキング!


※車両価格は2010年11月1日現在のものを使用
HOT71 23pt
(森16pt+石井6pt+日下部1pt)
HOT71 プジョー 3008
プジョー 3008
(339万円、385万円
1.6リッター直4ターボ/FF/6AT)
この車の関連記事を探す
森 慶太
こんなナリして、乗ると夢中になっちゃうほど速いし楽しいし気持ちイイ! 意外性の魅力。ティグアン買いそうな人、こっちにしなよ。
日下部保雄
パノラミック・ガラス・ルーフは国産車にはない空間。全席で爽快な景色が楽しめる。
石井昌道
デカくて重いクルマほどエコ技術は効くが、直噴ターボを採用してるのが◎。サスペンションも凝っていて日本のミニバンより愉しい。
HOT72 23pt
(今尾3pt+小川20pt)
HOT72 テスラ・ロードスター
テスラ・ロードスター
(1340.0万円 モーター/MR/1AT)
この車の関連記事を探す
今尾直樹
電気自動車(EV)が楽しくてもいいじゃないか! という企業ポリシーに賛成。乗ると感激。
小川フミオ
ミドシップの2シータ−、ただし、運転席後ろに搭載されるのは電気モーターとバッテリーというのが新しい。スポーツカーの新地平。

HOT73 23pt
(森口10pt+笹目13pt)
HOT73 フィアット500 1.2 8V
フィアット500 1.2 8V
(195.0〜225.0万円
1.2リッター直4/FF/5RMT、5MT)
この車の関連記事を探す
森口将之
頭と体を総動員して速さを引き出す運転感覚はスポーツカーよりスポーツカー的。非力なMT車の楽しさを教えてくれる貴重な存在。
笹目二朗
発表された2気筒900はMTだろうから入れ換える。それまでの繋ぎにはコレがいい。毎日の生活が楽しくなる車。

HOT74 23pt
(九島18pt+今尾5pt)
HOT74 ジャガー XKクーペ
ジャガー XKクーペ
(1200万円〜 5リッターV8/FR/6AT)
この車の関連記事を探す
今尾直樹
後ろ姿はEタイプそのもの。カッコイイ! 乗れば、タイト感バツグン。それでいて全体に滑らか〜な肌触り。紳士のスポーツカー。
九島辰也
過給機を取りつけた“R”よりも普段使いならこちらの方が扱いやすい。これでパワーも十分。それにスタイリングはかなりクール!

HOT75 22pt
(鈴木9pt+河村8pt+日下部5pt)
HOT75 日産 フェアレディZ
日産 フェアレディZ
(364.35万円、374.85万円
3.7リッターV6/FR/6MT、7AT)
この車の関連記事を探す
鈴木正文
もっとも華やかな日本製スポーツカーだ。
河村康彦
「日本のスポーツカー」として誇れる伝統的スタイリングと圧倒的なコスト・パフォーマンス。エンジン官能度が低いのであえてATで。
日下部保雄
ZはZ。先代よりもドライバーとの一体感があって気持ちよい。シンクロレヴは複雑な心境になるけど
HOT76 22pt
(石井20pt+桂2pt)
HOT76 ミニ・クーパーS(6MT)
ミニ・クーパーS(6MT)
(303.0万円 1.6リッター直4ターボ/FF/6MT)
この車の関連記事を探す
石井昌道
ミニは全般的に燃費がよい。ワンは20.5km/リッターだが、クーパーSは最大トルクが240Nmもあるのに19.2km/リッター! もちろん愉しい。
桂 伸一
新エンジン搭載で燃費性能をさらに引き上げた事は時代にマッチ。パワフルで脚の良さが生む韋駄天走行は文句なく楽しい。

HOT77 21pt
(石井13pt+鈴木8pt)
HOT77 アウディ A3 スポーツバック 2.0TFSIクワトロ
アウディ A3 スポーツバック
2.0TFSIクワトロ

(463.0万円 2リッター直4ターボ/4WD/6DCT)
この車の関連記事を探す
石井昌道
好燃費な1.4TFSIも気になるが、せっかくアウディに乗るならやっぱりクワトロ。燃費とパフォーマンスのバランスも納得いくレベル。
鈴木正文
画期的クワトロ・コンセプトの最小実現形。

HOT78 20pt
(笹目15pt+齋藤5pt)
HOT78 マツダ・デミオ 1.5
マツダ・デミオ 1.5
(133.5万円〜 1.5リッター直4/FF/5MT、CVT)
この車の関連記事を探す
笹目二朗
国産車もMTを選べなくなってしまった。稀な1台。選べるなら1.3エンジンでいい。これにもiストップがつけばいいのに。
齋藤浩之
1.5リッター以下で最もスポーティな2ボックス実用車。軽いボディが最大の強み。MTがいいけれど、CVTも想像を超えて速い。どちらでも。

HOT79 20pt
(清水和夫14pt+岡崎6pt)
HOT79 BMW アクティブ・ハイブリッド7
BMW アクティブ・ハイブリッド7
(1280.0万円 4.4リッターV8ターボ/FR/8AT)
この車の関連記事を探す
清水和夫
肉食系ハイブリッドの最右翼。乗り心地が良く、4WSは俊敏性と安定性が驚くほど高い。BMWのベスト・ダイナミクスだ。
岡崎五朗
非現実的な10:15モード燃費ではLS600hに及ばないが、欧州モードでは同等の燃費をマーク。走行性能ではLSを数段上回る。

HOT80 20pt
(石井12pt+日下部8pt)
HOT80 メルセデス・ベンツ E250CGIブルーエフィシェンシー・クーペ
メルセデス・ベンツ E250CGI
ブルーエフィシェンシー・クーペ

(668万円 1.8リッター直4ターボ/FR/5AT)
この車の関連記事を探す
日下部保雄
ダウンサイジング・エンジンだが、求めているミニマムのパフォーマンスを持っている。ノンビリ走るに最適。
石井昌道
セダンよりもシャシー性能に熟成感があり。車格からみれば小排気量だが、そこが逆に知的。トルク310Nmでパフォーマンスも十分。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス