ENGINE online/エンジン オンライン

4ドア・マゼラーティの高性能版、4.7リッターV8搭載のクワトロポルテSをテスト!


MASERATI QUATTROPORTE S
クリックすると拡大
MASERATI QUATTROPORTE S



たのしい大型サルーン。


イタリアはモデナからの熱風は、430psのマゼラーティ・クワトロポルテS。
5年目にして初のフェイスリフトで新加入した、この高性能版を駆り、
オーストリアはザルツブルク周辺の山岳地帯でいちばん乗り。
大型4ドア・サルーン界にトライデントの新たな神話が生まれたのか!?
文=今尾直樹(本誌) 写真=コーンズ/Maserati S.p.A



フェラーリの4ドア

 テスト・ドライブ出発地点のホテル・ザッハーを出て、ザルツブルクの市内を走り始める。アルプスの渓谷にある古都ゆえ、道が込んでいる。フロントのV8エンジンが控えめな鼓動を伝えてくる。どくん・どくん・どくん。
どくん・どくん、と胸を高鳴らせているのは私だ。まるでフェラーリに乗っているときみたいに胸騒ぎがする。マゼラーティがフェラーリ傘下にあった時代に開発されたこのクルマ、いわばフェラーリの4ドアなのである。
 マゼラーティは06年にフェラーリから離れ、再びフィアット・グループ入りして現在に至っている。販売は好調で、07年に発表したクワトロポルテ・オートマチックと新型2ドア・クーペのグラントゥリズモがそろった今年の上半期は4581台を出荷、前年同期比42%ものプラスを記録したという。03年以来、右肩上がりの生産台数は08年、過去最高の9000台に達する見込みだ。

63年発表の初代(ティーポAM107)
クリックすると拡大
03年発表のクワトロポルテ。デザインはピニンファリーナ
クリックすると拡大
63年発表の初代(ティーポAM107)。
当時の世界最速のサルーン。
03年発表のクワトロポルテ。デザインはピニンファリーナ。
累計1万5000台。

 数週間前にはクーペの高性能版、グラントゥリズモSが発表されたばかり。続いてクワトロポルテのフェイスリフトである。マゼラーティはいま、イケイケどんどん状態。こんなに矢継ぎ早に新車熱風を吹き出せるのは、フェラーリ、マゼラーティ、アルファ・ロメオのイタリア高級車ブランド同士で、VWグループみたいなプラットフォームとパワートレインの共用を実現し、開発速度を驚異的に速めているからである。
 内外装の小変更を除くと、フェイスリフトの目玉は4.7リッターのクワトロポルテSである。従来の4.2はそのまま残り、メルセデスS550L、アウディA8L、BMW750Li、ジャガーXJ8Lなどを直接のライバルとする。クワトロポルテSは、前述のラグジュアリー・セダン群の上位にあって、S63AMGやE63AMG、あるいはS8、XJR等のハイパー・スポーツ群に近いけれど、S600Lをはじめとする12気筒フラッグシップ群も視野に入れている、と自らを位置づける。
ボンネットの奥深くに潜むV8ユニット
クリックすると拡大
ボンネットの奥深くに潜むV8ユニット。テスタ・ロッサ(赤頭)が4.7リッターの証。


 排気量と馬力で見てみると、S550は5.5リッターで388ps、750は4.8リッターで367psである。クワトロポルテSは4.7リッターで430psだから、ことパワーに関してラクシュアリー・サルーン群では突出している。ところがS63AMGの6.2リッター、525psやM5の5リッター、507psと較べると圧倒的に非力。それでいてクワトロポルテのイメージはスポーティ&ラグジュアリーなのだから、独特の立ち位置といえる。これもイタリア製であるゆえ、フェラーリ製エンジンを持つがゆえだろう。
いわゆるフロント・ミドシップ・レイアウト
クリックすると拡大
いわゆるフロント・ミドシップ・レイアウト。テスタ・ブルー(青頭)は4.2リッターの証。


前のページ
1
2
次のページ



page1 たのしい大型サルーン。
page2 デュオ・セレクトは需要がない

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S