ENGINE online/エンジン オンライン

ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペに乗る


ROLLS-ROYCE Phantom Coup/ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
クリックすると拡大



「ふつう」じゃない!


昨年はついに年間1000台超を生産して好調なロールズ・ロイスは、このほど、「ファンタム」
「同ドロップヘッド・クーペ」に次ぐ、3つめのニュー・モデル、「ファンタム・クーペ」のデリバリーを開始した。
この世界最高級クーペの実力を、本誌編集長が診断する。
文=鈴木正文(本誌)



全長5609×全幅1987×全高1592mm、ホイールベース3320kg
クリックすると拡大
全長5609×全幅1987×全高1592mm、ホイールベース3320kg。車重2590kg。左ページ上列左側は、オプションの「スターライト・ヘッドライニング」。数百の光ファイバーを埋め込み、天井を満点の星状態にする。その下は容量395リッターのトランク。下半分のリッドを引き出すように倒せば「ピクニック・ブート」として座ることができる。



大きさについて

 ファンタム・クーペは大きなクルマだ。いきなり数字で語るのは恐縮だが、全長が5609mmもある。大きいといわれているメルセデス・ベンツSクラスのなかでも最大の600のロング・ボディ版が5250mm。ベントレー・アルナージが5400mm。だから、大きいぞ、と警告したいわけではない。スポーティなルックの3本スポーク・ステアリングに手を添えて走り出すと、さほど大きくないぞ、と感じることをまずいいたかった。サイズが気にならない。
 しかし、サイズの問題は、ロールズ・ロイスのような「世界ベスト」を名乗るクルマにとっては、あだやおろそかにできないビッグ・イシューだ。なぜなら、メルセデスのSクラスやBMW7シリーズのように「ふつうに大きい」というのでは、「ふつう」で語られる範疇から出られないからだ。ロールズ・ロイスはロールズ・ロイスである以上、どんな意味でも「ふつう」であってはならない。王様は並みの貴族とおなじ衣装を着るわけにいかないし、おなじ椅子に座ってもいけないのだ。
 1998年にBMWグループ企業となった新ロールズ・ロイスの第1弾であった2003年デビューの「ファンタム」も、ストレッチ・リムジンばりの5835mmもの全長によってベントレー・アルナージに、まずはサイズの面で決定的な差をつけ、視覚的存在として並ぶもののない超越的地位を得ようとした。威風堂々たる見た目を持たないロールズ・ロイスなぞあり得ない。ロールズにたいして「大きすぎる」とか「堂々としすぎている」なぞといっても、批判にはならない。ファンタム・クーペもロールズのクーペにふさわしい大きさを得ている。
ROLLS-ROYCE Phantom Coup/ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
クリックすると拡大
 しかしこのクーペは、運転してみると小さく感じる。4ドアのファンタムも、運転者が占める指揮官的に高い視座と、いずれも四角い4コーナーゆえに、車両感覚がつかみやすく、巨大であることをさほど意識させないが、クーペの場合はもっと積極的に小さく感じる。それには、ホイールベースが250mm短い、ということだけではない理由がある。ファンタム・クーペは、頭のてっぺんからつま先まで100%ドライバーズ・カーたらんとしたロールズ・ロイスだからである。

ROLLS-ROYCE Phantom Coup/ロールズ・ロイス・ファンタム・クーペ
クリックすると拡大


前のページ
1
2
次のページ



page1 「ふつう」じゃない!
page2 ソリッド

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S