ENGINE online/エンジン オンライン

マゼラーティのグラントゥリズモは遠くへ誘うクルマだった。


身体はまだ走り続けたいといっていた
身体はまだ走り続けたいといっていた。



どこまでも走り続けたい!


2月に上陸したばかりのマゼラーティの新しい4座クーペは、グランスポルトよりもずっと大人びた雰囲気をたずさえたクルマだった、ということはすでにお伝えしている。
でも、その本質はずっと洗練されたクルマになったというところだけにあるのだろうか?いま一度ひっぱりだしてみたら、巧まずともその答えが見つかったのだった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=望月浩彦
MASERATI GRANTURISMO/マゼラーティグラントゥリズモ
花びらを透かしていた陽が地平線の向こうに沈み、僕らは2日めの撮影を終えた。「おつかれさま」と挨拶を交わして望月さんと別れ、僕は程遠くない自宅へと鼻先を向けるはずだった。けれども、なぜか信号を右折せずに左へ曲がり、首都高速5号線の浦和南へとマゼラーティ・グラントゥリズモを走らせた。
 旧浦和所沢街道から大宮バイパスへと抜ける路は春休みにもかかわらず、ラッシュ時で込んでいた。けれども滑らかな変速マナーを見せる6段オートマティック・トランスミッションのおかげで、混んだ遅い流れに身を委ねるのはちっとも辛くなかった。
4.2リッターのV8はリッター比出力が96ps以上にも達するハイチューン・ユニットだけれども、フェラーリとは違って90度クランクとシングル・スロットルを使う。超高性能エンジンであっても、ロードユースでの柔軟性と快適性を軽んじていない。まるでプレスティッジ・サルーンのごとく滑るように走る。
 首都高速へ入り、そのまま上って都心へ向かおうと思ったはずなのに、美女木で外環自動車道へ折れてしまった僕は、気づくと常磐自動車道へマゼラーティの鼻先を入れていた。時節柄か、不ぞろいな速度でまばらにファミリーカーの群れが現れては消えるなか、全長4.9mになんなんとする4座クーペは、スイスイと泳ぎ回る。右足をさして深く踏み込まなくとも、非線形特性の強いスロットルの喉が大きく開き、2tになろうかという重さをいささかも感じさせないような加速力を引き出してくれる。ボタンを押してスポーツ・モードを選べば、オプション装着されているスカイフック・ロジックの電子制御ダンパーが瞬時に脚を引き締め、と同時にスロットルの非線形特性はいよいよ強まって素晴らしい速度支配力を見せ付けるようになる。
 けれども、水戸を過ぎて前を塞ぐミニバンの群れがいなくなると、しっとりとした室内には、穏やかな時間が流れていた。スポーツ・モードをいつ解除したのだったか? 落ち着いた印象のレタリングで数字の刻まれた速度計の針は、120から130km/hの辺りをゆっくりと上下している。表示誤差を考えると、実速で100から120弱ぐらいだろうか、すっかり夜の帳が降りた山間を、V8の軽やかなハミングを聞きながらひたひたと走るのは、とても心地いい。サスペンションはコンフォート・モードのプログラムを外れることなく、ゆったりとした動きをつくり続けてくれる。
マゼラーティグラントゥリズモ
ふと深い咆哮を聞きたくなって左手の指でパドルを2回ほど引いて回転計の針を跳ね上げ、右足を素早く踏み込めば、テールからたなびくような深い咆哮が聞こえてくる。駆動力は一気に高まる。イニシャルで5割を超える荷重が掛かっている太い後輪は、さらに増えた荷重で押さえ込まれ、穏やかにしかし確実に介入する差動制限装置の援軍も得て、怒涛のトルクに応える。路面をわしづかみにするかのようなグリップを発揮する20インチ・タイヤのコンタクト・エリア。ピストンとそのコンタクト・エリアをつなぐすべての金属パーツが原始のきしみに耐えているさまが伝わってくるような加速感だ。ずっと軽やかでソリッドな加速感に包まれるフェラーリとは違った、マゼラーティならではのこの感触がたまらない。
でも、いつしかそんな遊びを忘れ淡々と巡航することになってしまうから不思議だ。気づけばいわきまで来てしまっている。磐越道へ入ってから阿武隈高原道路へ折れて山間に降りたマゼラーティは、荒れ放題の舗装に硬いショックを隠しきれないこともままあったけれど、身動きの確かさは狭い道をものともしない自信を与え続けてくれた。時ならぬ雪が舞い始めても止まる気がしなかった。そのまま国道49号へ合流して郡山へ抜け、そこで給油を済ませると、僕は磐越道へ乗り、新潟を目指した。
MASERATI GRANTURISMO
2940mmものロング・ホイールベースはずっしりとした乗り心地だけでなく、もちろん居住スペースの大きさにも活きている。2+2というよりはフル4座に近い。カラー・コーディネイトはお好み次第。
MASERATI GRANTURISMO/マゼラーティグラントゥリズモ
(左)フロント・アクスルよりも完全に後方に収まるV8。4.2リッターから405psを搾り出すが、ハイチューン・ユニットの刺々しさは見事に封じ込まれている。踏めば吼える。(右)容量260リッターはたとえばグランデ・プントあたりと同じぐらいと思えばいい。開口部は大きく使い勝手はいい。奥行きは短いが幅はたっぷりあるから、積み下ろしも楽。

新潟はすぐにやってきた。遠くに見えてきた街の明かりを目にすると、まだ走り足りない気がした。身体が走り続けたいと言っている。ならば、走り続けるべきだろう。北陸道へ折れると、そこにはまだ地震の爪あとが路面のうねりに残っていた。しかし、マゼラーティは足取りをいささかも乱されることなく、クルージングを続けていく。軽すぎず、ソリッドな感触を伝え続けるステアリングがありがたい。肩に疲れを呼び込まない。オレンジの光に彩られたトンネルをいくつも抜け、海沿いに近づいていく。センター・コンソールの時計を見ると、日付が変わっていた。僕は心残りを押して糸魚川で高速を降り、宿を取った。
 翌朝、澄み切った青空に向かって山道を登り始めると、グラントゥリズモは巨体を持て余すことなくワインディング路を飲み込む強かさを見せ付けた。白馬を抜け諏訪へと下る。
 僕はようやく東京を目指す気になった自分に気づいたのだった。
MASERATI GRANTURISMO/マゼラーティグラントゥリズモ
  
 マゼラーティ・グラントゥリズモ
駆動方式フロント縦置きエンジン後輪駆動
全長×全幅×全高4885×1915×1355mm
ホイールベース2940mm
トレッド 前/後1585/1590mm
車両重量1950kg
エンジン形式自然吸気水冷V型8気筒DOHC 32バルブ
総排気量4244cc
最高出力405ps/7100rpm
最大トルク47.0kgm/4750rpm
トランスミッション電子制御6段AT
変速機6段AT(ZF 6HP26)
サスペンション形式 前後ダブルウィッシュボーン/コイル
ブレーキ 前/後通気冷却式ディスク
タイヤ 前245/35R20(op.)
タイヤ 後285/35R20(op.)
車両本体価格1530.0万円




(2008年6月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S