ENGINE online/エンジン オンライン

これから日本にやって来る! その(5) ランチア・デルタ


LANCIA DELTA
LANCIA DELTA
LANCIA DELTA






先端電子制御技術満載


長い空白の時を経てデルタが復活する。イタリアでのデビューは初夏。
新型は右ハンドル仕様も用意され、日本へもATとの組み合わせで輸入されることになっている。
写真=望月浩彦



 ランチアの歴史上最大の商業的成功を収めた初代デルタ。しかし、その後を継いだデルタIIは不振を極めたことからディスコンとなり、以来長らくランチアはCセグメントに駒を持たない状況が続いていた。しかし、イプシロンに加えてムザが好調に推移し、デルタ復活が実現した。新型デルタの正式発表はこの6月に行なわれ、バカンス明けにまずイタリア本国で発売される。
 新型デルタはまたランチア・ブランドの右ハンドル市場復活の尖兵ともなる。日本市場でもこれを受けて、輸入されることになっている。
新開発要素技術を満載

 デルタはそのブラーボ用フロアの軸間距離を2700mmまで延長して使うが、これは並外れた後席居住性と大きな荷室を用意するために使われている。結果、全長は2ボックス形状ながら4.5mに達する。全幅は1.8m。全高も1.5mと高い。快適性最優先で生まれ変わったデルタがそこに見て取れる。
 エンジンはターボ過給ガソリンの1.4に120psと150ps、直噴ターボ・ディーゼルに新世代の1.6(120ps)と2.0(165ps)、そしてツイン・ターボ1.9(190ps)をラインナップする。追って現在開発中の新世代ガソリン1.8直噴ターボ(200ps)が加わる。この1.8には6段トルコンATとの組み合わせも選べるから、日本ではこれが主力になるだろう。
 デルタにはフィアット・グループの最先端電子制御技術が惜しみなく押し込まれることになるという。大きな驚きがもたらされるはずである。



シート表皮も高級素材が使われる
シート表皮も高級素材が使われる。2700mmの長い軸間距離を活かして、後席も前後スライドとバックレスト角度の調整が可能になっている。
LANCIA DELTA/ランチア・デルタ
ダッシュボード・インナーの形状はブラーボのそれに準じるものの、表層マテリアルや装備内容は大幅にグレード・アップ。独自の雰囲気を作り上げている。アッパー・ダッシュボード表面は革かと見まがうような先端素材を使う。新型デルタはランチアの右ハンドル市場復帰の尖兵役を務めることになってもいる。


LANCIA DELTA/ランチア・デルタ
LANCIA DELTA



(2008年6月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせて…
NEWS
VOLVO XC60 D4/ボルボ X…
世界中で大人気のボルボXC60の、ディーゼル仕様、D4が上陸。トリム違いで3グレードを展開するが、全…
NEWS
McLaren senna/ マクラ…
マクラーレンの新しいアルティメット・シリーズ、“セナ”の日本初公開に合わせて、セナを始め、“P1”の…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
最大の変更は“RF”に搭載される2.0ℓ直4。大径スロットル・バルブ&吸気・排気バルブ、軽量低抵…
NEWS
MASERATI GHIBLI/マセラ…
マセラティ・ギブリに“ステカナート”という名を加えた特別限定仕様車が加わった。
NEWS
CITROEN C3/シトロエンC…
前回の“ELLE”に続き、早くもC3に特別仕様車の第2弾が導入された。“カフェ・エディション”という名前が…
NEWS
BMW M4 CONVERTIBLE/ビ…
ドイツ本国では初代から連綿と設定されていたM3/M4のカブリオレが日本に導入されることになった。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S