ENGINE online/エンジン オンライン

実用車的先端の部 その2


ダウン・サイジング

 エンジン、ギアボックスのバリエーションは豊富だ。ガソリン、ディーゼル、それぞれ3種類のエンジンを基本に5種類のギアボックスが用意されている。ガソリン・エンジンは207で登場したBMWとの共同開発による1.4と1.6のVTi(可変バルブ・リフト&タイミング・インジェクション。いわゆるバルブトロニック)、それに1.6THP(ターボ・ハイ・プレッシャー)の3種類。このうち日本市場には140psの1.6THP+4ATと、将来出てくるはずのそれの170ps+6MTの導入が決定している。4ATは5ドア、6MTは3ドアで、上陸は08年夏ごろの予定。
すでに207でお馴染み。150psの1.6THP(ターボ・ハイ・プレッシャー)
クリックすると拡大
すでに207でお馴染み。150psの1.6THP(ターボ・ハイ・プレッシャー)。

 賢明なる読者諸兄はお気づきになられたように、308は1クラス上でひとまわり大きなボディを持つにもかかわらず、207やミニと同じエンジンしか与えられていない。プジョーもまた燃費削減のためにダウン・サイジングに取り組んでいるのだ。308は307比約70kg重くなっているけれど、高効率の1.6THP搭載車は旧型1.6ガソリンの307より10%低燃費で、つまりCO2削減に寄与しているという。
PEUGEOT 308/プジョー 308
(写真上から)
LDWS(車線変更警告システム)のスイッチ。
4.9m2、1坪より広いパノラミック・ガラス・ルーフ。
後席アレンジで荷室容量を変化させるアイディアはもともとフランス車のものだ。
リア・シェルフの隠し収納場所。


 今回の試乗会では、まず136psの2.0HDi+6MTに、それから150psの1.6THP+5MTに乗った。ディーゼルのほうがフロント・ヘビーな分、乗り心地はむしろ硬めだが、いずれも短いストロークのなかでじつにしっとり足が動いている感があって、記憶のなかの205や106を思い出させる。307比10%アップというボディ剛性は、巌のように硬くはないけれど、どこか端正な感じがして好ましい。
 307比70kgの重量増の40kgは安全性、20kgはデザイン、残りの10kgは静粛性を上げるための遮音材として使われているという。この遮音材の恩恵か、ディーゼルであることは4500rpmから始まる回転計以外、積極的に語りかけてこない。ステアリングのパワー・アシストに最近流行の電動式ではなくて、電動油圧式をあえて使っているのは、ファン・トゥ・ドライブに対するプジョーのこだわりゆえ。電動式だとカサカサした感じになりがちだが、電動油圧だと、昔ながらの滑らかな操舵フィールが味わえる。全幅は1.8mを超えるけれど、助手席側のAピラーを意識せず、前だけ見て運転している分には大きさは感じない。それだけ、たとえばステアリングの入力に対する出力が素直で自然なのだ。
 136psの2.0HDiは、ディーゼル・ユニットなのに低速トルクが分厚すぎず、ガソリンのように回すことができる。回しすぎると明瞭に頭打ちになるから早目のシフトアップが肝要ではある。
 次に乗った1.6THP搭載車はエンジンがディーゼルより軽い分、乗り心地も軽やか。真骨頂は山道ではなくて、いかにもフランスらしい丘陵地帯を可能な限り高速でブッ飛ばしているときであった。私は助手席でそう確信したわけだが。
 もともと大きめのボディに小さめのエンジンというのはフランス車の方程式である。ダウン・サイジングはフランス車の個性を復活させる契機になるのではあるまいか。
 2日間のテストで都合4台に乗ったわけだけれど、個人的に最も好ましかったのは120psの1.6VTi+5MTの組み合わせだった。BMWとの共同開発によるこの1.6リッター自然吸気ユニットは4000rpmを超えると高周波の快音を発し、ドライバーをイイ気持ちにさせる。加速自体はたいしたことない。むしろ遅いから、アクセル・ペダルを安心して床まで踏みつけることができる。マニュアルで車重1.3tを活発に走らせるのに120psは十分で、コルマール近郊の山道で、シトロエン2CVみたいにロールしつつも、それでいてタイヤは路面をつかんで放さない。おお、これぞフランス車!
プジョーは原点に帰ろうとしている。


リアから見ても1.5mの高さを感じさせない
クリックすると拡大
リアから見ても1.5mの高さを感じさせない。


右の図2点はLDWSの仕組みを表す
クリックすると拡大
右の図2点はLDWSの仕組みを表す。80km/h以上で走行中、ウィンカーを出さないで車線変更すると、6つのセンサーで検知しているコンピューターがシートの下を振動させてドライバーに警告を与える。このシステムはスイッチでオン/オフできる。
左図は308の足回りを示す。FF車としてはごく一般的な前マクファーソン・ストラット、後ろトーションビーム。307からの縁起物。



◆これだけは知っておきたい◆

  
 プジョー308
コンセプト欧州最大市場のゴルフ・セグメントに挑む中型プジョー。年産50万台と307で成功したセミ・トール・コンセプトのプラットフォームを引き継ぎつつ、品質向上に努めて商品力アップを狙う。直球商品。来年以降、SW、CCほかも続く。
パワートレイン定評ある207のBMWとの共同開発直4がひとまわり大きな308にも移植されるのは、ダウンサイジングゆえ。先代307比、重量は70kg増ながら燃費は10%向上だそう。日本には1.6ターボの140ps/4ATと170ps/6MT。
ハンドリングシート位置が15mm、重心が5mm低くなり、運転感覚は1.5m級背高ボディをまったく感じさせない。パワステに電動油圧式を採用したのは、昔ながらのステアリング・フィールを守るため。滑らかに曲がり安らかに直進する。
ライド・コンフォートフランス車回帰の乗り心地。150psの1.6ターボの場合、ストローク感は少なめでロールも穏やかながら、全体にしっとりしていて好印象。1.6NAはロールが楽しい。雑味のない音質のエンジンも乗り味に貢献大。静かです。
  
駆動方式FF
全長×全幅×全高4276×1815×1498mm
ホイールベース2608mm
トレッド(F/R)1526/1521mm
エンジン排気量1598cc
最高出力150ps/5800rpm
最大トルク24.5kgm/1400rpm
変速機5MT(日本は4AT)
ブレーキ(F/R)通気冷却式ディスクφ283mm/φ249mm
タイヤ225/45R17
日本市場への導入予定時期2008年夏



(2007年12月号掲載)


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S