ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE 2018年4月号


ENGINE4月号/エンジン4月号 ENGINE 4月号 2月26日発売
ENGINE
定価 1080円
JAN:4910019970484

▼ENGINE定期購読のオンラインお申込みはこちら

ENGINE 予約購読

▼毎月ENGINEの目次をメールにて送信。

ENGINE メールマガジン登録
 ENGINE最新号をオンラインで購入


CONTENTS/コンテンツ

巻頭特集
恒例の大型企画! エンジン大試乗会!!
「やっぱりガイシャ好きはやめられない。」


2018年型輸入車33台が大集合!!!

メルセデスAMG GT C ロードスター/メルセデス・マイバッハ S 560 4MATIC/メルセデス・ベンツ E 220d 4MATIC オールテレイン/BMW M760Li xDrive/BMW X3 xDrive20d Mスポーツ/フォルクスワーゲン・アルテオン Rライン 4モーション・アドバンス/フォルクスワーゲンeゴルフ/アウディ R8 スパイダー/アウディ SQ5/ミニ JCW クロスオーバー/ボルボ XC60 T5 AWD インスクリプション/ジープ・コンパス・リミテッド/プジョー 308 アリュール・ブルーHDi/ルノー・メガーヌ GT/ルノー・トゥインゴ GT/ポルシェ 911 GT3/ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド/スマート・ブラバス・フォートゥー・ターボ・テイラーメイド/レンジ・ローバー・ヴェラールRダイナミックHSE D180/シトロエンC3シャイン/ジャガーFタイプ・クーペRダイナミックP300/アバルト595コンペティツィオーネ/アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ/マセラティ・ギブリSグランスポーツ/DS4クロスバック・ブルーHDi/フェラーリ GTC4ルッソ T/シボレー・カマロ・コンバーティブル/キャデラックXT5クロスオーバー/ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ/ベントレー・ベンテイガ/アストン・マーティンDB11 V8/ロータス・エヴォーラ・スポーツ410/マクラーレン 720S

ここに来てガイシャの売れ行きが好調だという。2017年のガイシャ販売台数は、対前年比3.7%増の30万6088台。30万台越えは1997年以来20年ぶりのことで、過去2番目の数字を記録したのだ。個性あふれるガイシャを応援してきたENGINEとしては、大いに快哉を叫びたい!とはいえ、乗用車全体の総販売台数(438万6377台)に占めるガイシャの割合は、いまだ7%に過ぎず、まだまだガイシャ好きがこの国において少数派であるのも事実だ。そこで今年もやりました、ENGINE大試乗会。ガイシャ好きの輪をもっと広げるために、33台の新型車を集めて、25人のジャーナリストが徹底的にその魅力を探りました。合い言葉は、「やっぱりガイシャ好きはやめられない」。これを読めば、ガイシャに乗ったことがない人もすぐさまガイシャに乗りたくなり、ガイシャ好きはますますガイシャ好き度が深まること間違いなしの総力特集です。


エンジン大試乗会2018に参加したジャーナリスト25人に聞きました。
「だからガイシャ好きはやめられない!」
自動車ジャーナリストになったのは、なにより自分自身が大のガイシャ好きだから。どうして“ガイシャ好き”がやめられないのか?大磯に集まったジャーナリストが語ります。


インポーター広報のみなさんに聞きました。
2018年、新車の目玉を教えてください。




ENGINE ROAD TEST
#1 BMWアルピナのB5ビターボに試乗した。

怪物サルーン!
全長5m弱、車両重量2トンの4ドア・サルーンがまさか、そんな走りをするとは思えないのだけれど、アルピナB5ビターボは、そのまさかをやってのける。




#2 新たに開発したV6ターボを積む、新型レクサスLS500に乗る。
相性はバッチリ。
先月の国内初試乗の際には登録が間に合わず、クローズド・コースでのチョイ乗りしかできなかったLSのガソリン・モデル、LS500に公道で乗った。


ENGINE SPECIAL REPORT
マセラティ・ギブリで行くショート・トリップ。

アートをめぐる旅に出る。
大幅に改良された新しいマセラティ・ギブリとともに自動車ジャーナリストの小川フミオは熱海へと向かった。




ENGINE ROAD TEST SPECIAL
ルノー・ルーテシアR.S.のトップガン、トロフィーに乗る。

器用なトップ・アスリート。
長期リポートでシャシーカップに乗る身としてはやはり最速最強モデルのトロフィーは気になる存在。広報車の用意ができたというので、早速箱根で試してみた。


ボルボ・オーシャン・レースを香港に見に行く。
これほどまでに過酷とは!
香港の海を、帆を風で膨らませたヨットが優雅に波を立てて進んでいく。しかしその上では、驚くほどストイックなアスリートたちのドラマが展開していた。


雪上試乗5連発
#1 #1 40cmの氷が張った女神湖で
クワトロを満喫する。

クワトロ・ドリフト!
いまだに4WD=アンダー・ステアだと思ってませんか?アウディ自慢のクワトロなら、こんな姿勢も自由自在。クルマを操る楽しさが存分に味わえちゃいます。




#2 北海道でマツダCX-8 4WDを試す。
思い通りに動く安心感。
しんしんと雪が降り続く北海道でCX-8に乗った。全長4.9m、空車重量1.9トンのCX-8は、その大きさや重さを少しも苦にしないクルマだった。


#3 低μ路で発揮される日産の技術を体験する。
リーフにびっくり!
毎年、長野県の女神湖で行われている日産の雪上試乗会。今年の目玉はEVのリーフです!


#4 東北の豪雪地帯でスバル4WDの真価を試す。
分かっている人が作ってる。
試乗日前の数日間が暖かかったため、雪は少なめと聞いていたが、ちょっと山に入れば辺り一面は雪景色。車高よりも高い雪の壁がそびえる。そんな中で行われたスバルの雪上試乗会。公道だからこそ見えてきたものとは?


#5 3月に国内発売予定の三菱エクリプス・クロスのプロトタイプに北海道で乗る。
雪上走行を存分に楽しめる!
信頼失墜から辛苦を舐めた三菱の力強い復活か?雪に覆われた北海道の特設コースで試すことができた3月発売予定の新型車は充実した内容を備えていた。



ENGINE名物!CAR PEDIA

ドイツ篇 BMW新しいコンパクトSUV、X2に乗る。etc.
ラインアップの拡充を図るBMWからまったく新しいモデル、X2が登場。この小型SUVクーペに、石井昌道氏がポルトガルでいち早く試乗した。

日本篇 ニスモ・ドライビング・アカデミーに参加してきた。
講師はワークス・ドライバー。

イギリス篇 ジャガーEペイスにコルシカ島で試乗。etc.
Fペイスに次いで登場した、ジャガー第2のSUV、Eペイス。フランス領コルシカ島より、河村康彦がその走りを報告する。

イタリア篇 ランボルギーニ・ウルス飛来。etc.
ランボルギーニはLM002以来の多目的4ドアであるウルスが、既存のSUVを超える“スーパーSUV”だと自信満々だ。




セクシーな車とエレガントな男……。
スタイリスト・祐真朋樹の提案!

乗る車×着る服
ENGINE CAR × FASHION #83

Maserati Ghibli S GranSport × DRIES VAN NOTEN
2013年の発売以来、マセラティ史上最高となる7万台以上を全世界で販売したギブリ。今回撮影したのは、エクステリアを変更するとともに、“グランスポーツ”のトリムオプションを導入した2018年モデルだ。合わせた服は、ルールのない自由なスタイルのジャケットやコート、ボタニカル(植物)柄の美しいファブリックが注目を集める、2018年春夏シーズンのドリス ヴァン ノッテンのルック。大胆でありながらもエレガントな服こそ、ギブリSにはよく似合う。


BRAND FEATURE: BOTTEGA VENETA
2018年春夏のボッテガ・ヴェネタは
遊び心のあるカラーリングに注目!

色彩豊かに!
今シーズンのボッテガ・ヴェネタは、実にカジュアル。オーバーサイズのトレンチやレインコート、ブルゾンやジャケットなどスポーティかつ快適に着やすいアイテムが揃っている。それらトップスにテーパードパンツとトウの尖ったポインテッドシューズを合わせ、シルエット全体のバランスをとっている。アクアやダリア、カモミールといった明るい色彩、そしてイントレチャートの刺繍や幾何学模様のアップリケなどの豊かなディテールで、シンプルなアイテムに遊び心を加えているのが特徴だ。



FASHION FEATURE:No.93

Pitti Immagine Uomo 2018-19 F&W Report
来秋冬シーズン、ファッションのトレンドはいかに?

懐古趣味を新鮮に!
1月9日〜12日の4日間、第93回ピッティ・イマージネ・ウォモ2018-19秋冬展がイタリア・フィレンツェで開催された。リアルな大人のスタイルを彩る注目すべきアイテムや際立ったトレンドを、“ちょっと早めに”探り出します。


ENGINE GEAR BOX
人気の4ショップ、春夏の注目アイテムは?

セレクトショップへ行こう!
世界のトレンドに目を配り、独自のセンスでお洒落を生み出しているのが、ユナイテッドアローズ、ビームス、シップス、トゥモローランドの4ショップだ。その品揃えを見れば、この春夏の傾向も丸わかり。さて、注目のアイテムは?


ENGINE WATCH CLUB
速報、ジュネーブ時計見本市2018

エルメスも加わって、ますます盛んな
ジュネーブ発の新作を一挙紹介!

キイワードは“レトロ”、
“スリム”、“オープン”!

去る1月15日〜19日、1年で最初に新作時計を見ることができるジュネーブ時計見本市が開催された。その中心となる「SIHH(ジュネーブサロン)」には、今年新たに「エルメス」が参加。2万人もの来場者でにぎわったこの高級時計サロンで、一際大きなブースを構えるブランドの個性豊かな新作を紹介します。


神戸の高級時計店「カミネ」が選んだ
ジュネーブ発表の新作HOT 6

コスト・コンシャスな
ハイグレード・ウォッチに注目

今年のジュネーブ新作時計見本市は、例年になく落ち着いたムードの中で、じっくりと新作を選ぶことができたというのは、神戸に5店舗を構える時計宝飾専門店「カミネ」の上根社長。長年にわたり多くの高級時計を見続けてきた同氏は今年、どんな新作に惹かれたのか?


ENGINE GALLERY
人とクルマのいい関係を求めて 第70回
愛妻オキーフの手とホイール
巨匠スティーグリッツが、高名な画家である妻の手を撮影した1枚の写真。その美しい指先が愛おしそうに触れていたのは、彼女の愛車のホイールだった。


森羅万象を斬る「ENGINE beat」


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年11月号
「伝統」と「革新」が交差するイギリス車のいま。
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂