ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE 2018年3月号


ENGINE3月号/エンジン3月号 ENGINE 3月号 1月26日発売
ENGINE
特別定価 1080円
JAN:4910019970385

▼ENGINE定期購読のオンラインお申込みはこちら

ENGINE 予約購読

▼毎月ENGINEの目次をメールにて送信。

ENGINE メールマガジン登録
 ENGINE最新号をオンラインで購入


CONTENTS/コンテンツ

巻頭特集
新年恒例“2台持てば、クルマはもっと楽しい!”シリーズ。
今年のテーマは、「いい家、いい車庫、いいクルマ」。


賢明な読者のみなさまはもうお気づきかと思いますが、ENGINEは単なる「クルマ雑誌」ではありません。「クルマを柱とするライフスタイル誌」を目指しています。だから、ニューモデルの試乗記はもちろん載せていますが、それ以上に、クルマをどう楽しむか、クルマとどう付き合うか、というテーマを雑誌づくりの基本に捉えています。恒例となった「2台持てば、クルマはもっと楽しい!」シリーズは、まさに、その基本テーマに対する答えを、実際にクルマを楽しみ、クルマと上手に付き合っている人たちを訪ねることによりストレートに探求した、ENGINEならではの企画なのです。さて、昨年に引き続き、今年も「複数のクルマを所有する」という観点に加えて、「家とガレージ」にも焦点を当てて、14人(もしくは組)のオーナーを取材しました。第1部ではクルマと人を中心に家とガレージも、第2部では家とガレージから入ってクルマと人を、というアプローチの方法をとっています。では、まずは、2台のミニを手作りのガレージに収めた、クルマ好き夫婦の話から紹介することにしましょう。




第1部 2台持ち実践篇

ブロードスピード・クーパーを自作のガレージに収めた埼玉の中野さん。
ミニにぴったりなんです。
ホンダ車のために設けたガレージにローズピンクのミニを迎え入れたことをきっかけとして、中野家におけるカーライフはミニ一色となった。


#2 父から受け継いだ英国車4台を収める家を建てた中井孝治さん。
私はフェラーリ好きなんですけど(笑)。
英国車好きだった父の隣に座り、クラシック・カー・イベントに出ていた中井孝治さん。そのクルマと家族の恒例行事を守り続けています。


#3 イタリア車大好き!夫婦でクラシック・カー・ラリーを楽しむ二木勝昭さんと裕子さん。
理想の暮らしをコツコツと!
京都、比叡山の麓に理想の家、ガレージ、そしてクルマを揃えた二木勝昭さん。クラシック・カーへの興味は奥さまがきっかけだったのです。


#4 イタリア車とヴィンティッジ・バイクの潜む、虹の現れるガレージ・ハウス。
積年の思いが成就した空間。
長い間、熟考に熟考を重ね、ようやく手に入れたガレージ・ハウスとそこに収めるクルマたち。オーナーの田中睦之さんは.クルマも家も、人と人の出会いがそのきっかけになったという。





#5 オースチンA35、カニ目、VWタイプ2、
チンクエチェントでヒストリックのラリーやイベントを楽しむ澁澤さん。

クルマ趣味を優先したら、こうなりました。
欧州旧車フリークが泣いて歓びそうなクルマばかりを所有している澁澤さんは、走って楽しむことをモットーにしており、いまはラリーとレースに没頭中だ。


#6 アルファ・ロメオ2000GTVからランチア・フルヴィア・ラリー1.3Sへ。
夢がかなった高田一夫さん。

やっと、ここへ辿り着きました。
アルファ・ロメオを40年以上にわたって愛用してきた高田さんは、昨年入手したランチアにも心酔し、充実した日々を過ごしている。


#7 カングーの奥に、ヒーリーとバイクたちが潜む平屋&ガレージ付き住居。
笑顔を誘う原色ハウス。
冬晴れの青空に恵まれた年の瀬に、東京・小金井にあるガレージ・ハウスを訪ねると大小3つのカラフルな建物たちと、3台のカラフルなクルマたちが出迎えてくれた。


#8 建築家の息子さんが、クルマ好きのお父さんのために作ったガレージに、
ふたりの愛車、クアトロポルテと初代レンジを仲良く収める岡崎さん親子。

優先したのはリビングよりもガレージ。
長年の夢だったガレージ付きの我が家を建てたのは、なんと息子さん。我が子が作った家に大好きな愛車を収める、幸せを絵にかいたようなガレージだ。


第2部 クルマと暮らす今どきの都市住宅篇

#1 都市と寄り添う池袋の家。
街のオアシス。
通勤や通学はもちろん、普段の生活や休日の過ごし方でも、都市生活ほど利便性が高く、バラエティに富んだ暮らしはない。とわかっていても、都会で一軒家、しかもクルマも所有となるとハードルは高い。そんななか、限られた面積の土地に、建築家と共に様々なアイディアを駆使して理想の家を実現した人々がいる。“現代の狭小住宅”とも言える、6軒の“今どきの都市住宅”を紹介しよう。


#2 窓がない、と思ったら大間違い。
光と風が抜ける横浜の家。

白壁に固まれた
ハウス・イン・ハウス。

まるで窓がないように見える宮原邸。一見しただけではこの家の面白さはわからない。家のなかに家がある、そのアイディアに脱帽。


#3 青い外壁の世田谷区の家。
リアル・ワールドのムーミン・ハウス。
いろんな制限のある都市住宅だからこそ夢があって欲しい。世田谷の家は、家もクルマも住む人の楽しい夢であふれている。


#4 大きな窓の練馬区の家。
太い梁がつくり出した大空間。
まるで絵本か漫画に出てくるような、三角屋根に窓のある家。これが中身はあっと驚く広々リビングと光に満ちていた。


#5 大阪の高床住宅。
家のなかに迷路がある。
関西特有の間口が狭くて奥に長い、町家時代の名残りの敷地に建つ武田邸は、びっくりのアイディア住宅。


#6 北欧家具が似合う東京目黒区の家。
大事なのは本棚と落ち着くリビング。
お気に入りのクルマとお気に入りの家具、そしてお気に入りの本に囲まれて暮らす目黒区のYさんの家。本のある家はやっぱりステキです。


ニューモデル海外試乗記

#1 20余年ぶりに見事復活を遂げたアルピーヌの
ニューモデル、A110でマルセイユを駆け巡る。

出来映えに惚れ惚れ。
21世紀に舞い降りた新しいA110はとにかく素晴らしい出来ばえだった。ディーラーすら決まっていないのにこんなことを言うのはなんだが、長い納車持ちができる前に、早いところ手を打った方がいい。




#2 ボルボの新しいプレミアム・コンパクトSUV、XC40にバルセロナで乗る。
“楽しいカー・ライフ”が待っている。
昨年、ファッション・ウィーク中にミラノで発表会が行われたボルボのプレミアム・コンパクトSUV、XC40。なんと今度はスペインのバルセロナで、街を丸ごと楽しむ試乗会が開催された!


#3 ポルシェ・パナメーラSTシリーズのトップ・モデル、
ターボS Eハイブリッドにスペインで乗る。

速さもハンドリングも快適性も使い勝手も燃費も、手に入る。
昨年パナメーラ・シリーズに新たにラインナップされたシューティング・ブレーク・スタイルの“スポーツツーリスモ”に、トップ・モデルのターボS Eハイブリッドが加わった。その走りを、スペイン・マラガ近郊で思う存分に試してきた。


#4 ポルシェ718ケイマン&ボクスターに加わったGTSモデルにスペインで乗る。
サーキットで楽しい!
スペインで開かれた国際試乗会では、パナメーラ・スポーツツーリスモのトップ・モデルの他に、718ケイマン&ボクスターに新たに加わったGTSモデルにも乗ることができた。サーキット試乗も含めてリポートする。


ニューモデル海外発表会リポート

本拠地サンタアガタに新設された新工場で
お披露目されたランボルギーニ・ウルス

これはSUVではない、
スーパーSUVだ!

アヴェンタドール、ウラカンに続くランボルギーニ第3のモデル、ウルスがついに登場。新しいアッセンブリー・ラインのすぐ脇で行われた発表会の模様と、自らスーパーSUVと謳う、その突き抜けたデザインとスペックについてリポートする。


ENGINE ROAD TEST

#1 5代目に生まれ変わったレクサスLSに国内初試乗。
焦点はどこに?
何よりもドライバーズ・サルーンを目指したというレクサスの新型LSがついに市販された。その走りはどうか。国内初試乗会からの報告。


#2 CCから改名したパサート・ベースの4ドア・クーペが上陸。
パサートを卒業したら。
先代よりもスポーティなデザインで生まれ変わったVWのミドル・サイズ4ドア・クーペ、アルテオン。上質な仕上がりでプレミアム系からの取り崩しを図る。


#3 ニュー・エンジン搭載の新型RS5に乗る。
より大人になった。
自然吸気4.2ℓV8から2.9ℓV6ツインターボにエンジンを変更して登場した2代目RS5。その走りを市街地、高速道路、山岳路で試した。


#4 使える3列目シートが付いて、
牽引もできるマツダCX-8。

アンチ・ミニバン派にはコレ。
ミニバンに代わる使えるクルマはないのか。そう嘆く向きに、検討に値する1台が現れた。CX-8は、よくよく考えられた好ましい多目的車だ。




#5 VWゴルフ・ベースのピュアEVに横浜で乗る。
一番いいゴルフかも。
2年前にe.up!で導入を試みたものの、諸事情により一時中断していたVW電気自動車がゴルフに鞍替えして、ついに上陸を果たした。


#6 2代目に進化した日産リーフの出来映えは?
航続距離より大切なもの。
電気自動車普及へ扉を開けたリーフがフルモデルチェンジ。デザインも一新、中身も大きく進化した新型を富士の裾野で試す。


ENGINE ROAD TEST SPECIAL

変貌を遂げたメガーヌGT、試金石のゴルフGTIと真っ向勝負。

見違えるほどの成果。
新型メガーヌGTは、もはやハードコア一点張りのクルマではない。その実力を確かめるべく、試金石たるゴルフGTIと比較試乗した。




セクシーな車とエレガントな男……。
スタイリスト・祐真朋樹の提案!

乗る車×着る服
ENGINE CAR × FASHION #82

Cadillac XT5 CROSSOVER × PRADA
今回のクルマはキャデラックの新型SUV、XT5クロスオーバーだ。エッジの効いた大型のグリルやフロントライトの特徴的なデザインは、見るからにキャデラック。それでいて、意のままに軽快な走りが愉しめる俊敏性、そして広く上質な空間で寛げる極上の居住性を謳う、ラグジュアリーSUVである。合わせた服は2018年春夏シーズンのプラダのルック。コミック、ワークウェアをベースに展開するエキセントリックなルックと、最新のラグジュアリーSUVを、まさに“クロスオーバー”させてみた。


ENGINE GEAR BOX

まだ寒いけれど、もうファッションは春気分!
この春、気になるアイテム29選。
いよいよ2018年春夏の新作アイテムが出揃うタイミング。定番にひとひねり加えた個性派や、新鮮なコラボレーションなど、今季も心躍るようなアイテムが目白押し。その中から、編集部が気になった新作をピックアップして紹介する。


ENGINE WATCH CLUB

ハイテク・クオーツから機械式まで、
ジャパン・ブランドの魅力を探る。

いま注目のニッポンの腕時計!
GPSやソーラー充電などのハイテクで世界の先端を走るニッポンの腕時計。実は、機械式時計のジャンルでも、その実力は折り紙付きであることをご存じだろうか?ジャパン・ブランドの最新作を通して、その魅力を検証する。




ENGINE SPECIAL REPORT

フェラーリとレンジローバー、そしてエルメスのN邸
人もクルマも美しい家
高台に屹立するモダニズム建築に、ハイブランドの家具とクルマが並ぶ。建築のみならず、衣食住遊の空間をトータル・プロデュースするプロスタイルデザインによる邸宅は、クライアントの理想を反映したものだった。


ENGINE SPECIAL REPORT

新型の日産スカイラインに試乗する。
よりプレミアムに、
よりスポーティに。

アグレッシブな顔つきとなった新しいスカイラインを自動車ジャーナリストの島下泰久がテストした。




エンジン中古車探検隊が行く!

自然吸気V12をMTで楽しめる、ブリティッシュ・スーパー・スポーツといえばコレ!
アストン・マーティンV12ヴァンティッジを探せ!
自然吸気からターボ過給へと、心臓部を順次アップ・デートしているアストン・マーティン。そこで探検隊一行はもはや稀少な目然吸気V12とマニュアル・トランスミッションの組み合わせを求め、埼玉県草加市へと向かった。


TEST ON SNOW
雪を求めて、長野と新潟の県境をボルボXC60で行く。
長野駅で新幹線を降りると、道路はきれいに除雪されていた。そこで新潟県・妙高山の麓まで足を伸ばして様々なシチュエーションの雪道を試してみた。


ENGINE GALLERY
人とクルマのいい関係を求めて 第69回
フラッシュに浮かび上がるSLと自動車
豪快に煙を吐き出しながら、アメ車がずらりと並んだドライブイン・シアターの真横を疾走する蒸気機関車。このドラマチックな写真の意外な舞台裏は……?


森羅万象を斬る「ENGINE beat」





ENGINE名物!CAR PEDIA

ドイツ篇 VW Tロックを桂伸一氏がドイツで初試乗。etc.

アメリカ篇 シボレー・コルベットのキャンペーン始まる!

フランス篇 ルノー・トゥインゴに限定車が登場。

イタリア篇 ステルヴィオのトップ・パフォーマーにドバイで試乗。

スウェーデン篇 最後の純ガソリン・エンジンのポールスターに乗る。etc.

イギリス篇 ベントレー・ベンテイガのV8エンジン搭載モデルが登場。



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
BMW M2/ビーエムダブリ…
4年というBMWとしては短いサイクルで全面変更されたX4が日本に上陸した。BMWのコンパクトSUV、X3ベー…
NEWS
LANDROVER & JAGUAR/ラ…
ボルボは新しい自動運転車のコンセプト・モデル、360cを発表した。360cはガルウイング・タイプの巨大…
NEWS
全米でまさかの大ヒット …
主要キャストが全員アジア人というハリウッドのロマンティック・コメディが、全米で大ヒットしている…
NEWS
PEUGEOT3008 5008/プジ…
VWがディーゼルでつまずくなか、その間隙をぬってPSAはディーゼルを用いて日本での勢力を拡大している。
NEWS
PIRELLI PRADA/ピレリ …
ピレリが、2021年にニュージーランドで開催されるアメリカズカップに出場するティーム、ルナロッサ・…
NEWS
FERRARI/フェラーリCAR …
フェラーリはマラネロの塗装工場に、自動車メーカーとして世界で初めて、低温塗装システムを導入した。
NEWS
Mercedes-Benz C Class/…
2014年のデトロイト・ショウで発表されてから4年、メルセデスのコンパクト・カー、Cクラスがフェイ…
NEWS
HONDA CLARITY/ホンダ C…
前回行われたクローズド・コースでのテスト・ドライブに続き、横浜みなとみらい地区を中心とした一般…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス
 アフターサービスも最高レベル
 本物の“タイムレス”を創るテクノロジー