ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE 2010年12月号


ENGINE12月号/エンジン12月号 ENGINE12月号 10月26日発売
ENGINE
定価 980円
JAN:4910019971207

▼ENGINE予約購読のオンライン
お申込みができるようになりました。
ENGINE 予約購読

▼毎月ENGINEの目次をメールにて送信。
ENGINE メールマガジン登録




CONTENTS/コンテンツ


巻頭特集
祝! アルファ・ロメオ誕生100年&本誌創刊10年。
アルファに首ったけ!


自動車の燃える魂、アルファ・ロメオは1910年6月24日に、ミラノ市で産声を上げた。それから100年、アルファ・ロメオは健在である。そのことをまず、僕たちはよろこぶ。2度の世界大戦をはさむ1世紀を通じて、アルファ・ロメオはつねに、たたかうクルマだった。それはたたかうための武器として生まれ、育った。アルファ・ロメオはそれゆえ、つねに研ぎ澄まされたテクノロジーの体現だった。アルファ・ロメオのロマンの根源には、たたかうクルマのロマンがある。たたかいのなかで、人もクルマも、もっともよく生きるのだ。それはまた、イタリア人による、イタリア人のための、イタリアのクルマである。イタリア人はなにより、そして地上のどの民よりも、生きていることを楽しみ、みなが美しく生きたいと思い、美しく生きることへの賛辞を惜しまない人種であることを、僕たちは知っている。
祝! アルファ・ロメオ誕生100年&本誌創刊10年。 
だから、生きることをポジティヴに愛してたたかう人は、アルファ・ロメオを愛する。それゆえ、アルファに首ったけの人は、世界中にいる。日本に住む僕たちが、アルファ・ロメオの100周年を祝う特集の中心にアルファに首ったけの、同胞のカー・ライフ取材を捉えたのは、このためだ。もちろん、最新アルファ・ロメオの元気な様子も取材した。このアルファ・ロメオ特集を通して、読者がクルマの魅力を再発見されることを望むものである。


第1部 イタリア取材篇
(1)ニュー・ジュリエッタはどんなクルマか? つくった人に訊いてみよう!
日本上陸が待ちきれなくて、本誌取材班はイタリアへ飛んだ。
写真=矢嶋 修
100周年の今年、アルファ・ロメオは戦後の大ヒット作の名前を冠した新型車を欧州で発表した。ジュリエッタがそれである。日本上陸が待ちきれなくて、本誌取材班はイタリアへ飛んだ。


(2)次のアルファ・ロメオはどんなデザインになる?
デザインのヘッドのロレンツォ・ラマチョッティさんと、アルファ担当のマルコ・テンコーネさんに訊く。
写真=矢嶋 修
07年にフィアットのデザインを統括する立場についた元ピニンファリーナのラマチョッティさんと、彼の下でアルファ・ロメオを担当するテンコーネさんに次の時代のピッシオーネ(大蛇)のデザイン・イメージを訊いた。カングーロのボンネットに見降ろされながら。


第2部 いま買いにいけるアルファ・ロメオ篇
(1)ミトTCT入りました! 最新の2ペダルです
デュアル・クラッチ式変速機にアイドリング・ストップも付いてスプリントは278万円、
コンペティツィオーネは292万円。

写真=小野一秋
ついに、とうとう、ようやく、やってきましたミトの2ペダル仕様が。2つの仕様で販売されるミトTCT(Twin Clutch Transmission)は、乗ってみたらこれが性格に違いがあって、どちらも捨てがたいのですよ。

(2)ジュリエッタ、ミトTCTだけじゃない!
まだまだ選べるアルファ・ロメオ
写真=矢嶋 修
いまアルファ・ロメオは面白い状況になっている。3つの異なった世代のプラットフォームで作られたクルマが買える。乗っては感触の違いがあって、好みの1台を見つける悦び大なのだ。


第3部 にっぽんアルファ・ロメオ紳士録
アルファ・ロメオの100年は、男とクルマのラブ・ロマンスの歴史である。どんな人が、どんな理由でどんな風に愛してきたのか。にっぽんのロメオと、ジュリエッタ以降の物語を集めてみました。
ジュリエッタ、ミトTCTだけじゃない! まだまだ選べるアルファ・ロメオ
2010年型8Cコンペティツィオーネに乗る田中洋一さん
写真=柏田芳敬
フェラーリF355やメルセデス・ベンツ500E、ランチア・デルタ・インテグラーレなどクルマ好きなら誰もが1度は気になるエンスーな物件を何台も乗り継いでいる田中洋一さん。彼はどうしても忘れられないクルマがあった。


1959年型ジュリエッタ・スプリント・ヴェローチェと鳥塚啓明さん夫妻
文=黛 健司 写真=阿部昌也
戦後、量産メーカーへと転身を図って最初に大きな成功を収めたのが、ここに登場するジュリエッタだ。新しいアルファから古いロメオへと情熱の対象がひろがっていったという鳥塚さんに登場してもらった。


1962年型ジュリエッタ・スパイダーに乗る松山 隆さんと1964年型ジュリア・スパイダーに乗る松尾貞幸さん
写真=阿部昌也
ミント・コンディションのジュリエッタ&ジュリアのスパイダー2台。大阪の景色を変えてしまうほどの艶姿に魅入られた、ふたりの関西男がいた。


1962年製ジュリエッタSZ2と白井 寛さん
文=黛 健司 写真=柏田芳敬
ここに登場するジュリエッタSZ2は、総数200台ほどがつくられたSZシリーズの中でも、わずか30台しか製造されなかった純レーシング・スポーツだ。表紙で北方謙三さんとともに登場したこれには、どんな御仁が乗るのか?

関西爆笑アルファ軍団「ボンバロッサ」のどくとるGTAたち
写真=阿部昌也
神戸を本拠地とするジュリアのオウナーズ・クラブ「スクデリア・ボンバロッサ(赤い爆弾)」は、60〜70年代のツーリング・カー・レースで大活躍したGTAに乗る面々が中心になっている。愉快な彼らの交友の一端をご紹介。


関西爆笑アルファ軍団「ボンバロッサ」のどくとるGTAたち
「カフェ・ド・ジュリア」の人たち
文=黛 健司 写真=柏田芳敬
ジュリア愛好家のイベント「カフェ・ド・ジュリア」に集う老若男男のジュリアは、どれも徹底的にオリジナルにこだわり、しかもピンピンしている。10台一挙に紹介する!


1974年型1600GTジュニアと芳野赳夫さん
文=野村ケンジ 写真=鈴木 勝
多くのアルフィスタから「先生」と慕われている芳野さん。全国各地を1600GTジュニアと164Q4で飛び回る彼は、様々な分野で活躍する本当の先生だった。


関西アルファスッディスタ、全員集合!
写真=阿部昌也
東大阪のアルファ専門ガレージに6台のスッドが集結! オーナーは消費社会とは一線を画した、ちょっと個性的な面々。40代の半ばが中心で、異端派アルファへの愛を語る。


75ターボ・エヴォルツィオーネの
アツい男たち

文=黛 健司 写真=柏田芳敬
1980年代後半、イタリアのツーリング・カー選手権でグループAのBMW M3と戦うべくつくられた1台のアルファ・ロメオがあった。極東の島国で、そのホモロゲーション・モデルを愛でる男たちがいる。


75ターボ・エヴォルツィオーネのアツい男たち

1978年型アルフエッタGTに乗る山口 淳さんと慧さん
文=金子浩久 写真=柏田芳敬
2年落ちのユーズド・カーとして購入してから30年になるアルフェッタGT。ただし、昨年までの13年間は完全に眠っていた。蘇らせるきっかけは免許を取ったばかりの息子の「MTに乗りたい」というひとことだった。


1973年型モントリオールと志村智治さん
文=野村ケンジ 写真=鈴木 勝
新旧さまざまなアルファ・ロメオの集う工場にまるでスーパーカーのようなアルファ・ロメオが佇んでいた。オーナーの志村さんは完璧を目指し、レストアを続けているという。


1991年型SZ(ES30)と金井利之さん
文=野村ケンジ 写真=阿部昌也
免許を取って最初に出会ったクルマ、アルファ・ロメオ75TSが、運命を決めた。受けた衝撃が強ければ強いほど忘れられない。75と75がベースのSZ。アルファに始まりアルファに戻る。


1995年型155と2000年型166、家族で楽しむ青山 勝さん一家
写真=阿部昌也
それぞれの時代のアルファにそれを愛するひとたちがいる。フィアット傘下に入ってからの前輪駆動アルファも愛するに足る。155と166とともに暮らす青山さん一家の幸せな笑顔が物語っている。


2010年型ブレラ・イタリア・インディペンデントと村野文弘さん
文=黛 健司 写真=阿部昌也
34歳で初めて手にした1600GTジュニアから約40年、アルファ・ロメオの新車が出ると買い換えてきた元銀行マンは言う。最新のアルファが最善のアルファだ! と。

特集記念「表紙の男」スペシャル対談
北方謙三×徳大寺有恒
アルファ・ロメオだけでなく、イタリア(車)を語る!!
語る人=北方謙三/徳大寺有恒 写真=操上和美 スタイリング=森岡 弘 グルーミング=MASAYUKI(The VOICE)
旧知のふたりだ。北方さんが、免許をとるなり徳大寺さんの薦めによって、マゼラーティを購入したことはよく知られているが、以来、「数えきれない」というぐらいマゼラーティを乗り継いできた。おそらく10台以上に上るだろう。いまは最新のグラントゥーリズモ・スポルトと、20年以上前のビトゥルボ・スパイダー・ザガートの2台に乗る北方さんが、「クルマの師匠」と敬愛する徳大寺さんとイタリア車とアルファ・ロメオをめぐって対談する! (ふたりの間のアルファ・ロメオSZ2は、特集内の68ページに登場している。)


北方謙三×徳大寺有恒 アルファ・ロメオだけでなく、イタリア(車)を語る!!
特別付録 ローマ篇
イタリア・クラシカ2010―ハイライトは大統領宮部でのコンクール!

珠玉のイタリア車たちと、選ばれた場所へ!
写真=矢嶋 修
9月終わりのローマを、いずれ劣らぬコレクター・カーのイタリア車数十台が走った。世界各国からこのイベント、“イタリア・クラシカ”に駆けつけたオウナーたちは、ローマ周辺の歴史的文化資産を、走る芸術品をドライヴして回った。

本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」
第12回ベントレー・ミュルザンヌ
このクルマの中に「現実」はない!

クルマの形をした大伽藍は
スポーティだった。

写真=柏田芳敬
昨年夏のペブルビーチでお披露目されてから1年あまり―。新時代の大型ベントレーであるミュルザンヌの先行試作車への試乗が、ようやく実現した。3380万円の値打ちはあるのか?


本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」 第12回ベントレー・ミュルザンヌ
ニューモデル海外試乗記
アウディの新スーパー・ニッチ、A7スポーツバックにイタリア・サルディニア島で乗る。
スタイルも走りもエレガント&スポーティ!
A6とA8の文字通りニッチ(すき間)を埋めるプロダクトとして、アウディが送り出した大型5ドア・クーペは、新たな顧客獲得の起爆剤となるのか。イタリア・サルディニア島で開かれた国際試乗会からリポートする。


フィアット・アバルト1000ビアルベロ・レストア物語 第2回
ピットーレはやしと1963年型ビアルベロ

前後フェンダーを新替えする!
写真=阿部昌也
アバルトのレストア名人、「ピットーレはやし」の林容一さんが着手した1000ビアルベロのレストアは、序の口に入った。連載2回目は、前後フェンダーの新替え作業をおもに追う。


ENGINE新名物!
CARPEDIA

毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する! クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!


STOP PRESS
ついに登場!フィットのハイブリッド!!
ビッグ・マイナーチェンジを受けたホンダ・フィット。目玉はスモールカー初のハイブリッド。乗ってビックリ!

ドイツ篇
1シリーズMクーペ登場間近!
プロトタイプに先行試乗!!

来年早々、デビュー予定のまったく新しいコンパクトM。そのプロトタイプにドイツ在住の木村好宏が先行試乗した。

フランス篇
新型シトロエンC4にスウェーデンで乗る!
パリ・サロンで欧州デビューを果たした新型C4の試乗会がスウェーデン南部の港町マルメで開かれた。


ドイツ篇 1シリーズMクーペ登場間近! プロトタイプに先行試乗!!
イギリス篇
レーシングカー製作の鬼才、ゴードン・マレーのT.25についに試乗!
マレーのT.25とはどんな乗り味だったのか? 在日イギリス人ジャーナリストが独占リポート!


イタリア篇
500Cとブント・エヴォ、2台のアバルトが上陸!
引き締まった身のこなしとオープン・エアの500C。いっそうしなやかになった絶品の脚をもつブント・エヴォ。


アメリカ篇
フォードのクロスオーバー、クーガ上陸! これならイケる!
フォード・ジャパンが久しぶりに欧州フォードのニューモデルを発売した。フォーカス・ベースのクロスオーバー、クーガで335万円。


日本篇
レクサスのコンパクト・ハイブリッド、CT200hのプロトタイプに試乗!
いよいよ来春に発売か!? レクサス初のコンパクト・ハイブリッド、CT200hのプロトタイプ試乗会が富士スピードウェイで行われた。


スウェーデン篇
新型V60&S60にスウェーデンで乗った!
フルモデルチェンジでセクシーになった新型ボルボV60&S60にスウェーデンで乗る。

2010年パリ・モーター・ショウ・リポート
アイデンティティの模索
写真=望月浩彦
世界最古の歴史に裏打ちされたパリ国際自動車ショウは博覧会と呼ぶに相応しい。はずなのだけれども、今年はそこに流れる空気がちょっと違っていた。華々しいスターがいなかったせいかもしれないけれど、それだけでもないようだ。わかりやすい集団テーマがなくなった中に見えてきたのは、重く厳しい現実だった。


2010年パリ・モーター・ショウ・リポート アイデンティティの模索
イタリアの歴車レース、
第20回グラン・プレミオ・ヌヴォラリー見物記

カメよりも速く!
9月17〜19日、タッツィオ・ヌヴォラーリゆかりのイベントが彼の故郷の町、マントヴァを起点と終点として開かれた。





本誌時計班、本気のオススメ新作時計を
ラインナップ!

ENGINE WATCH CLUB
ひと味違う時計のススメ

文・リコメンドする人=菅原 茂 写真=近藤正一
信頼できる時計が欲しい、たが着けるなら人とは違うデザイン…ここで紹介する新作は、そんな時計好きの微妙な心を満たしてくれるものばがり。手元に人の視線を誘い、“オッ”と思わせる、魅力の時計の数々をとくとご覧あれ!


本誌時計班、本気のオススメ新作時計をラインナップ!
The American Spirit
かの音叉時計の名を冠したアメリカン・ウォッチ、日本本格上陸!

独自の美学を持つ男たちへ
文=菅原 茂 写真=近藤正一
1875年の創業以来、常に先進の技術を以って、独自の時計作りを展開してきたアメリカの時計ブランド「ブローバ」が、日本本格上陸を果たした。同社の名を世界に知らしめた音叉時計「アキュトロン」の名を冠する最上級コレクションとともに。


WATCH PEOPLE HARRY WINSTON C.E.O.
フレデリック・ドゥ・ナルプさん新C.E.O.が語る、ハリー・ウィンストンの時計戦略とは?

時計界の風雲児「オーパス」が10周年!
文=名畑政治
独立時計師とハリー・ウィンストンのコラボレーションから生まれた奇跡の複雑時計「オーパス」の10周年を記念し、華やかな宴がジュネーブで開かれた。このイベントを指揮した新C.E.O.にハリー・ウィンストンのこれからを聞いた。


NEW SHOP&EVENT
大阪・心斎橋に、こだわる“男”のための時計店が誕生!

厳選4ブランドがフル・コレクションでお出迎え
写真=岸田克法/新山源一郎
一流ブランドのブティックがしのぎを削る大阪・心斎橋に、時計好きな男の井戸端会議場「oomiya大阪・心斎橋店」がオープンした。日本初となるロジェ・デュブイのサロンをはじめ、ゆったりとレイアウトされた店内では、こだわりの時計4ブランドのフル・コレクションを心行くまで見ることができる。

No Watch No Rally.
ラリージャパンを機に登場するエドックスの
日本限定クロノグラフ

一瞬の時を計る。
写真=難波ケンジ
9月10日から3日間にわたって札幌を舞台に行われた世界ラリー選手権(WRC)、第10戦ラリージャパンで、公式タイムキーパーを務めるエドックスが新作時計を発表した。


ラリージャパンを機に登場するエドックスの日本限定クロノグラフ 一瞬の時を計る。
HUBLOT in FASHION&STYLE from TOKYO
東京発ウブロ ファッション&スタイル

ブラック&ブルー
ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 写真=秦 淳司 メイク=Yoboon ヘア=Hiroki Yoshimori
祐真朋樹がオリジナルなファッション表現をもって個性派ウブロと対峙する。今回のテーマは闇夜を彷彿させるカラーリングが魅力的な「ビッグ・バン オールブラックブルー」だ。


Feature:TOMORROWLAND
トゥモローランドの新アイテムを祐真朋樹がコーディネート。

Easy Elegance
ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 写真=秦 淳司 メイク=Yoboon ヘア=Hiroki Yoshimori
2010秋冬シーズンのトゥモローランドは、快適な着心地でリラックスしながらも、エレガントなアイテムを中心的にそろえた。そのなかから本誌ファッション・ディレクター祐真朋樹がセレクトした4コーディネートを紹介する。テーマはイージー・エレガンスだ。

ENGINE Brands Feature:ETRO
2010秋冬、エトロを着る

Purple Passion
ディレクション&スタイリング=祐真朋樹
写真=秦 淳司 メイク=Yoboon ヘア=Hiroki Yoshimori

祐真朋樹が今シーズンのエトロにアプローチすると、どうなるか? 注目カラーのひとつであるパープルを随所にきかせた、エレガントなコーディネートを仕上げて見せた。
ENGINE Brands Feature:ETRO 2010秋冬、エトロを着る



森羅万象を斬る「ENGINE BEAT」


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス