ENGINE online/エンジン オンライン

アストン・マーティン・ラピードは、期待を遥かに超える出来栄えだった!


ASTON MARTIN RAPIDE/アストン・マーティン・ラピード
クリックすると拡大
ASTON MARTIN RAPIDE



走りも麗しい


アストン・マーティンの歴史上初の4ドア・スポーツカー、ラピードがついに完成して、
試乗する機会がやってきた。果たして、それは見目麗しい姿にふさわしい俊馬だった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=アストン・マーティン・ラゴンダ・リミテッド



「イングリッシュ・ウェザーになってなんだか申し訳ないね」と、本社広報のキム・パーマーは笑った。
 1月の半ば、英国ウォリックシャー州ゲイドンにアストン・マーティン本社を訪ね、これからいよいよラピードに乗れるというのに、早朝から冷たいシャワーが降り注いでいた。
 約束の朝一番に本社に着いて玄関に連なる大ホールで最新のアストンを見較べていると、キムは「すぐ製品開発部長のイアン・ミナーズが来るから、ここで待っていてくれ」と言って、小部屋に案内してくれた。そこに、完成したラピードがあった。
 2009年の晩夏にフランクフルト・モーターショウで正式発表された後、仕様確定作業に忙しかったアストン・マーティンはメディアを呼んで、未だ内装が完成していないプロトタイプに同乗走行の機会を与え、 貪欲にフィード・バックを集めた。本誌からは副編の村上がそこに馳せ参じて報告をお届けしたから、ご記憶のことと思う。あれから4カ月。最後の開発成果が、いま目の前にあるラピードに織り込まれている。
 ほどなく部屋に現れた長身の製品開発部長は、にこやかな笑みをたたえながら、挨拶もほどほどに、ラピードの説明にとりかかった。
「われわれはこの数カ月の間に徹底的に詰めの開発を行ったんですよ」と切り出したミナーズ氏の説明は、簡にして要を得たものだった。
 大きな弧を描く美しいサイド・ウィンドウは、リア・ドアのガラスがBピラーを覆って隠すようになっている。フレーム・レス構造のウィンドウだから、300km/hを超える最高速度を誇るラピードでは、十分なシーリング性能を達成するのが難しい。前後のドア・ガラスの接合部分もそうだが、ルーフとガラスの密着度も高める必要がある。ドアの開閉時、ガラスは数mm自動的に下がってボディ側シール材との干渉を避ける。近年のサッシュレス・ウィンドウのクルマでは当たり前の措置だけれど、ラピードでは走り出すとさらに数mmガラスが上がってシールにく い込み、万全の密閉度を得られるように工夫が凝らされているという。
 説明しながらミナーズ氏が後席のドアを開けた瞬間、僕は思わず吸い込まれそうになった。目が釘付けになった。


この続きは発売中のENGINE4月号をご覧ください。


ENGINE最新号 ENGINE4月号(2010年2月26日発売)

 巻頭特集 非常事態宣言! ガイシャ・クライシス突破!!
  責任ジャーナリスト制による
 2010年型新輸入車、全33台、
 オススメ・プレゼン!
 ENGINE 定期購読キャンペーン
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス