ENGINE online/エンジン オンライン

カー・エンスージアストがロッジの鋳鉄製品を愛するわけ


ロッジ社は1896年、アメリカ、テネシー州のサウスピッツバーグでジョセフ・ロッジによって設立された。家族経営の小さな鋳造所は、その良質な製品づくりで北米No.1のキャストアイアンの調理器具ブランドに成長した。


ENGINE×LODGE SPECIAL PRESENT

カー・エンスージアストがロッジの鋳鉄製品を愛するわけ


 まるでエンジンのヘッドカバーのようなザラつき具合がなんとも言えずいい味を醸し出しているロッジの鋳鉄製品たち。考えてみれば、クルマのエンジンは、かつてはほとんどが鋳鉄製だった。元となる型から砂型をつくり、溶けた鉄を流し込む。ロッジのクッキングウェアに思わず親しみを感じてしまうのは、そんなクルマとの共通点があるからだ。
 本誌がロッジをリスペクトするのはそれだけではない。軽々としたナベや表面がツルツルで焦げつかないフライパンばかりがもてはやされるなか、ロッジが、重く、扱い方を間違えると錆びが出るような鋳鉄製の調理道具に頑なにこだわるのは、それが美味しい料理をつくるためのベストな方法だと考えているからだ。クルマで言えば、電気自動車や自動運転といった先進技術よりも、たとえば運転して楽しいか、エンジンは魅力的か、ワクワクするところはあるかといった、クルマ本来の魅力を大切にするのと同じことだと思う。
 ではなぜロッジで料理をつくると美味しいのか。それは熱をゆっくりじっくり伝えるというキャストアイアン(鋳鉄)の特性によるところが大きい。鋳鉄の性質は、熱伝導率の高い鉄というより、むしろ蓄熱力の高い石に近い。しかもロッジ製品の鋳鉄の厚みは5mmもあり、抜群の熱制御力を発揮する。食材を入れても温度が下がりにくく、器具全体に均質に熱が伝わるので温度のムラも少ない。こうした特性が食材の旨味を引き出し、自然と料理を美味しくする。どれほどその料理が美味しいかは、120年以上の歴史と、アメリカでナンバー1の鋳鉄クックウェア・メーカーだという事実が物語っている。
 そんなロッジに今回本誌が特注したプレゼント商品は、6と1/2インチ(16・51cm)サイズのグリルパンだ。グリルとは網焼きのことだが、直火が使いにくい家庭でも網焼き風の料理が楽しめるのが特徴で、焼き面には複数のリブがあり、料理が香ばしく、さらに焼き目も美しく仕上がる。6と1/2インチという使い勝手のいいサイズは、家庭のガスレンジはもちろん、オーブントースターでグリル&オーブン料理を楽しむこともできる大きさだ。しかもこのサイズのグリルパンは本国にもない、日本市場だけのオリジナル商品。この機会にぜひ定期購読をお試しください。
(本誌・塩澤)


定期購読申込み方法など


定期購読料
1年(12冊)定価1080円×12冊+発送梱包料840円=1万3800円(税込) 

新潮社ホームページから
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/teiki.html

郵便
〒162-8747 東京都新宿区矢来町63
(株)新潮社 別館 私書箱 第108号
雑誌定期購読「ENGINE」係

電話・ファックス
フリー・コール 0120-323-900(平日9:00〜18:00)
フリー・ファックス 0120-988-959(24時間年中無休)

お支払い方法
お申込み後、雑誌とともに振込み用紙をお送りいたしますので、郵便局かコンビニエンスストアでお支払いください。



※お届けは、お申込み時に発売中の号の、次の号からとなります。
※ご購読中途の解約はご容赦下さいますようお願い申し上げます。



お申込みはこちらENGINE 定期購読




 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス