ENGINE online/エンジン オンライン

フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。


クリックすると拡大
RENAULT LUTECIA RS

腕が鳴る。

年初に導入された標準モデルに続き、新型ルーテシアに走りの性能を極めた、ルノー・スポールが登場。

文=新井一樹(本誌) 写真=郡 大二郎

 新しくなったルノー・スポール・モデルの末っ子。変更されたのは、R.S.ビジョンと呼ばれるチェッカー・フラッグ模様の補助灯が採用された新デザインのフロント・バンパー、LED化されたヘッド・ライトとテール・ライトなど、デザイン面が中心となる。さらに、従来モデルでトロフィーが加わったときに、一度カタログから落ちたシャシー・カップが復活したのもトピック。これにより最もマイルドなシャシー・スポールからトロフィーまで、3種類の中から好みの辛さを選べるようになった。
 今回試乗したのは復活したシャシー・カップ。公式発表ではエンジンやシャシーに変更はないというが、デビュー時よりも粗さが影を潜めた。ワンメイク・レースやラリーで積んだ経験を活かし、スペックには表れない細かな改良が施されているに違いない。
 攻め込んだときに本領を発揮するセッティングは新型でも健在だ。8割程度だと若干のアンダーステアをともないながら終始安定した姿勢を保つが、ひとたび鞭をくれてやると「待ってました」とばかりに本気モードへと突入。クルマをグイグイとコーナーの内側へ向けていく。荷重移動を目一杯使ったときの旋回性能の高さは「後輪操舵付きだっけ?」と思わせるほど。面白いようにR.S.はクルンクルンと向きを変える。腕に自信がある人には堪らないセッティングだ。ただし相変わらず、脚は公道で許容できるギリギリの硬さだから、従来モデル同様、家族とドライブに出掛けるような人にはシャシー・スポールがオススメ。
 シャシー・カップの価格は309万円(すべて税込)。
従来モデルよりも8万円値下げされた。最も安いシャシー・スポールは284万円という300万円を切る戦略価格が付けられている。
シャシー・カップとトロフィーは新デザインの18インチ・ホイールを採用。室内はほとんど変わらず。新しいシート表皮が採用された程度。ナビはディーラー・オプションとなる。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。