ENGINE online/エンジン オンライン

パサートCC改めフォルクスワーゲンCCになって新型登場。


フォルクスワーゲンCC 01
クリックすると拡大
Volkswagen CC


ほどほどにスポーティ。


日本では新たなフラッグシップ・モデルとなるCC。
その走りと中身はどう進化したのか。試乗してみた。
文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦


フォルクスワーゲンCC 02
 コンフォート・クーペ、略してCC。これまではパサートの派生モデルとして、パサートCCを名乗ってきたが、今回のフェイスリフトを機に上級モデルへと移行して、独立したCCというモデルに改められたのだという。本国ではパサートとフェートンの間に位置するモデルとなり、日本ではパサートの上の最上級モデルとなって、これからのフォルクスワーゲンの上級市場開拓を担うことになる。それに伴ってデザインも、より優雅で高級感を強調したものに手直しされた。

全体として水平基調のデザインとなり、フロントにはヘッドライトまわりにLEDを使ったポジショニング・ランプを採用。テール・ライトにもLEDが使われている。

 一方、パワートレインは昨今のVWが押し進めるダウンサイジング戦略にのっとって、2リッター直4ターボと3.6リッターV6のふたつから1.8リッター直4ターボへと小型化され、一本化された。組み合わされるトランスミッションは自動MTの7段DSGで、前輪を駆動する。

思った以上に活発なエンジン

 走り出すと、これまで以上に滑らかな乗り心地になっていると感じた。前ストラット、後ろマルチリンクの脚まわりには、ダンパーの減衰力をノーマル、コンフォート、スポーツの3種類からスイッチひとつで選べるアダプティブ・シャシー・コントロールが付いている。コンフォートやノーマルはもちろん、たとえスポーツを選んでも、路面の荒れに過敏に反応することはないから、常にゆったりとクルージングを楽しめる。
 一方、いざアクセレレーターを踏み込んでみれば、エンジンは思った以上に活発である。低速時から太いトルクを発生し、いささか勇ましい音を響かせて、大柄ながら1.5t強と見かけほどは重くないボディをグイグイと引っ張っていく。雨の中、房総半島の山道を走ったのだが、スポーツカーのようなハンドリングとはいかないものの、ほどほどにスポーティな感覚の走りを楽しむことができた。安定感も抜群だから、たとえ雨の山道でも、不安を覚えることはない。
フォルクスワーゲンCC 03
顔つきは水平基調になった。ダウンサイジングされ、1.8リッター直4ターボとなったエンジンは、160ps/25.5kgmを発生。全長×全幅×全高=4815×1855×1425mm。車重=1540kg。車両本体価格=499万円。
フォルクスワーゲンCC 04
 今回の短時間の試乗では試せなかったが、新型CCには、新たにドライバー疲労検知システムが標準装備されている。クルマがドライバーのステアリング操作を監視することで、疲労を検知し、休息をうながしたり警告したりするシステムだ。そのほか、25万円高のテクノロジー・パッケージを選べば、プリクラッシュ・ブレーキやレーン・チェンジ・アシスト、レーン・キープ・アシストも付いてくる。500万円級のサルーンとして、お買い得感のある選択肢だと思った。

フォルクスワーゲンCC 05
フォルクスワーゲンCC 06

上級モデルへの移行にともない、内装も高級化が進んだ。シートには上質なナッパレザーを全席に採用。また、遮音フィルム入りフロントガラスの採用や遮音材の追加で、静粛性も増している。






(2012年9月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ