ENGINE online/エンジン オンライン

ポルシェ・パナメーラの最スポーティ・モデル、GTSに乗る。


Porsche Panamera GTS
クリックすると拡大
Porsche Panamera GTS/ポルシェ・パナメーラ


ほとんどスポーツカー。


パナメーラ・シリーズ最後のモデル、GTSが日本上陸。
その驚異の走りを、梅雨の雨空の下で満喫した。
文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦


 日本上陸ホヤホヤのパナメーラGTSに試乗する機会を得て、まず最初に思ったのは、「しまった、HOT100に入れ忘れた」ということだった。率直に言って、私の基準で言えば、これはHOT3に入ってもおかしくない傑作である。私のHOT1はポルシェ・ボクスターで、HOT2が911カレラSだから、その次。スポーツカー2台の後を追うカッコウになるが、実際のところ、パナメーラGTSは、ほとんどスポーツカーと言っていいくらいの、ほぼ完璧なスポーツ・サルーンだと思った。
 コクピットに収まった瞬間から、ドライバーはいつもと違う高揚感に包まれることになる。アルカンタラを上手く配したシートやステアリング・ホイールが、否が応にもスポーティな気分を高めるのだ。そして30ps増しの430psまでチューンナップされた直噴4.8リッターV8に火を入れ、低音の迫力あるエグゾースト・ノートを聞いて走り出した瞬間、今度はスポーツカーと同じ緊張感が走ることになるだろう。ステアリングの操舵感もペダル類の踏み応えも重めで、ボディの動きも、いかにもポルシェらしい硬質感を持っている。もっといえば、911の乗り味に通じるものが、このパナメーラGTSには間違いなくある。

Porsche Panamera GTS
クリックすると拡大
Porsche Panamera GTS
Porsche Panamera GTS
インテリアの基本デザインはほかのパナメーラと共通ながら、素材に違いが見られる。レザーのほかにアルカンタラを多用し、ボディ同色のスティッチを上手く使ってスポーティを演出する。


デート・カーとしても使える乗り心地
 ノーマルより15mm低められた足はもちろん硬めだ。しかし、エア・サスペンションを標準装備していることもあって、乗り心地はまったく悪くない。張りがあって、入力を一発で受け止めると同時に、とりわけ超高速の領域で驚きのフラット感をもたらしてくれる。コンフォート・モードはもちろん、スポーツでも十分にデート・カーとして使えるレベルだ。
 試乗車にはオプションのPDCC(ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール)が装着されていたこともあり、山道を走ってもロールがほとんど感じられず、その点ほかのパナメーラとはまるで違っていた。1960kgもあるとは思えないほど切れ味のいいハンドリングは、スポーツカーさながらだ。
 エンジンは決して軽く吹け上がるというのではなく、むしろ重く大きな粒がはじけるようにしてトルクを伴って盛り上がり、ボディを力強く前に押し出していく感じだ。4WDの恩恵もあって雨の高速道路では敵なし。パナメーラ・ターボから移植されたブレーキの効きも抜群だ。思えば、この走りがサーキットでも十分に通用することを、1月にスペインで開かれた国際試乗会で私は確認していたのだ。それなのにHOT100選考時には失念していたとは、しまった!

Porsche Panamera GTS
S/4Sの4.8リッターV8をチューンナップしたエンジンは、430ps/6700rpmと53.0kgm/3500rpmを発生。最大許容回転数は400rpm高い7100rpmとなる。リア・スポイラーはターボと同じ4分割式。車両本体価格=1554万円。

Porsche Panamera GTS
クリックすると拡大
Porsche Panamera GTS/ポルシェ・パナメーラ



(2012年8月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ