ENGINE online/エンジン オンライン

純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?


クリックすると拡大
よりマイルドに、より過激に。

これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。

文=上田純一郎(本誌) 写真=山本佳吾
 毎年恒例となりつつあるボルボV40の限定車、D4 Rデザインの試乗会に参加した。今回の肝はECU変更によるパワー・アップに加え、従来オプションだった専用タイヤ、ホイール、ダンパー&スプリング、吸排気システム、リア・ディフューザーなど“ポールスター・パフォーマンス”という名のオプションがすべて装着されたこと。なお先日発表があったが、ポールスターはPHEVやフルEVの高級ブランドに転身。ポールスター・パフォーマンスの今後の位置付けも不明だ。加えてボルボ随一のスポーツ・モデル、S/V60ポールスターも今回が最後のモデルとアナウンスされた。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
価格はわずかに空力部品が追加されたS/V60ポールスターが859/879万円。V40 D4 RデザインTuned byポールスターが499万円(すべて税込)で、それぞれ20台、30台、50台の限定。
 V40と一緒に借り出したV60ポールスターは、ロード・ノイズの低減機構を備えたミシュランのパイロット・スーパー・スポーツを装着。確かに静かで大人びた感じだったけれど、速さも乗り味も昨年モデルと印象はさほど変わらなかった。けれどV40 D4 Rデザインは、乗ったら目が覚めた。通常のRデザインよりスプリング・レートは30%増しで、タイヤも225/40R18から235/35R19にサイズを変更。高速道路では金属継ぎ手ジョイントに過敏に反応して揺さぶられ、なにもここまでハードコアでなくとも、と音を上げそうになった。しかしひとたび箱根の峠道で右足をぐっと踏み込むと、ドンっと一気に車体が押し出されるのが、あいかわらずたまらなく刺激的だ。
 いまだクラス最大級の44.9kgmものトルクを受け持つには、これくらい引き締まった足の仕立ての方がイイ。燃費も高速巡航主体なら15km/ℓを下回らない。3度目の正直となるV40 D4 Rデザインは、迷ったら買いの1台。次があるかは分かりませんよ。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。