ENGINE online/エンジン オンライン

純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?


クリックすると拡大
よりマイルドに、より過激に。

これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。

文=上田純一郎(本誌) 写真=山本佳吾
 毎年恒例となりつつあるボルボV40の限定車、D4 Rデザインの試乗会に参加した。今回の肝はECU変更によるパワー・アップに加え、従来オプションだった専用タイヤ、ホイール、ダンパー&スプリング、吸排気システム、リア・ディフューザーなど“ポールスター・パフォーマンス”という名のオプションがすべて装着されたこと。なお先日発表があったが、ポールスターはPHEVやフルEVの高級ブランドに転身。ポールスター・パフォーマンスの今後の位置付けも不明だ。加えてボルボ随一のスポーツ・モデル、S/V60ポールスターも今回が最後のモデルとアナウンスされた。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
価格はわずかに空力部品が追加されたS/V60ポールスターが859/879万円。V40 D4 RデザインTuned byポールスターが499万円(すべて税込)で、それぞれ20台、30台、50台の限定。
 V40と一緒に借り出したV60ポールスターは、ロード・ノイズの低減機構を備えたミシュランのパイロット・スーパー・スポーツを装着。確かに静かで大人びた感じだったけれど、速さも乗り味も昨年モデルと印象はさほど変わらなかった。けれどV40 D4 Rデザインは、乗ったら目が覚めた。通常のRデザインよりスプリング・レートは30%増しで、タイヤも225/40R18から235/35R19にサイズを変更。高速道路では金属継ぎ手ジョイントに過敏に反応して揺さぶられ、なにもここまでハードコアでなくとも、と音を上げそうになった。しかしひとたび箱根の峠道で右足をぐっと踏み込むと、ドンっと一気に車体が押し出されるのが、あいかわらずたまらなく刺激的だ。
 いまだクラス最大級の44.9kgmものトルクを受け持つには、これくらい引き締まった足の仕立ての方がイイ。燃費も高速巡航主体なら15km/ℓを下回らない。3度目の正直となるV40 D4 Rデザインは、迷ったら買いの1台。次があるかは分かりませんよ。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。