ENGINE online/エンジン オンライン

7年ぶりに日本市場へ帰ってくる新型シビックのプロトタイプに乗る。


再び、ホンダ・ファンを唸らすことができるか?

欧州の強豪にも負けないクルマに仕上げたと開発陣が胸を張る10代目となる新しいシビックに、袖ヶ浦レースウェイで試し乗り。
文=新井一樹(本誌) 写真=望月浩彦


クリックすると拡大
クリックすると拡大
 販売不振などの諸事情から、2010年を最後に日本市場から姿を消した、Rじゃない普通のシビックが帰ってくる。復活させた理由をホンダに訊くと、2015年から販売が開始された新型シビックが好評で日本での生産が再開することになった。それをきっかけに日本への導入を検討した結果、こんないいクルマができたのに日本で売らないなんてもったいないということになったそうだ。もちろん、同じクラスに属するインプレッサが好評を博しているのを横目で見ていたのは間違いないだろう。
 ここ2世代に亘り、欧州向けのハッチバック系と北米を中心にするセダン&クーペ系では別のプラットフォームを用いていたが、新型は1つのモデルとして両者を統合。ゴルフをはじめとする欧州同クラスの強豪に負けないクルマを目指し、プラットフォームも新規に興した。日本に導入されるのはハッチバックとセダンの2タイプ。デザインはかなり個性的で、ハッチとセダンで見分けが付かないほど良く似ているのが特徴だ。ボディ・サイズはアクセラとほぼ同じ。エンジンは1.5ℓ直4ターボのみで、CVTのほかにハッチバックにはMTも用意される。
 ハッチバック、セダンともによく曲がる、というのが第一印象。サスペンションを上下させながら、クルンクルンとコーナーを抜けていく。実用車にもかかわらず、サーキットでも不足なし。ステアリングが気持ちいい。CVTはこの手としてはかなり躾けられていたのも好印象だった。
 発表は7月。なお、今回は乗れなかったタイプRの方が先に出るらしい。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。