ENGINE online/エンジン オンライン

トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!


クリックすると拡大
TOYOTA C-HR


カッコいいハイブリッド


11月のプロトタイプの試乗会から
2カ月、ついにC-HR発売!
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 これがトヨタがつくったクルマとはにわかには信じられない。ちょっと大げさにC-HRに乗った感想をいうと、こんな感じになる。
 まず見た目。これはもう、どうしちゃったの? というくらいトヨタっぽくない。最近はデザインでチャレンジしているとはいえ、ここまでやればあっぱれだ。何しろチーフ・エンジニアが「デザイン優先でやった」というくらい割り切っている。後席はグラス・エリアも小さく、居住空間としても快適とは言い難い。車格でいうとC-HRの下になるけれど、ホンダのヴェゼルは後席と荷室の広さで3年連続で一番売れたSUVになった。マツダのCX-3はデザインと走りはいいけれど、広さでヴェゼルの後塵を拝している。果たしてC-HRはどうか。個人的にはこのくらい突き抜けているならデザインで買うのもありだと思う。
クリックすると拡大
 でもこのC-HR、実は乗ってもすごい。これまたトヨタっぽくない。プリウスと同じ1.8リッター+モーター(122ps)のハイブリッドと、1.2リッターダウンサイジング・ターボ(116ps)の2種類があって、前者はFFで後者は4Wdとなっているが、どちらも抜群に走りがいい。欧州で走りこんで開発(もちろんニュルでも)したというだけあって、フラット・ライド感は頭抜けている。しっとりとしたしなやかさもあるのにどっしりと安定していて、SUVであることを忘れてしまいそうになる。特にいいのはハイブリッドの方で、パワフルな走りは魅力的だった。走りでも買い。デザインでも買い。今一番おススメのSUVです。

C-HRの最大の魅力はエモーショナルなスタイリングだろう。エンジニアもデザイン優先とはっきり言っている。ドライバーズ・カーとしてよく吟味されており、ドライビング・ポジションなどの運転環境はシートのデキも含めてすこぶるいい。一方、後席は窓も小さく若干の閉そく感がある。

クリックすると拡大
クリックすると拡大


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。