ENGINE online/エンジン オンライン

キャディラック新車攻勢第1弾上陸!


CADILLAC CTS Sport Wagon/キャディラックCTSスポーツワゴン
クリックすると拡大
CADILLAC CTS Sport Wagon/キャディラックCTSスポーツワゴン


ロックなワゴン!


新生GMが復活をかけて放つスポーティ・ワゴンがやってきた。
名声ではなくカッコウと走りで勝負!
文=荒井寿彦(本誌) 写真=柏田芳敬



 2010年、新生GMの新たなる挑戦が始まった。工場閉鎖や人員削減といったスリム化の一方、中国に10種類以上の新型車を投入するなど、明暗さまざまなニュースが混在する再スタートである。
 日本市場向けには嬉しいニュースが飛び込んできた。今年、キャディラックのミドル・セダンCTSをベースにしたワゴン、SUV、クーペの3モデルが次々と上陸するという。
 第1弾はCTSスポーツワゴンだ。ガバッと口を開けたキャディラック・グリル、ホイールハウス周辺が膨らんだ前後フェンダー、随所にスパイスを効かせるクローム・メッキなどにより、見た目はとても挑発的だ。ボディ・サイズはセダンとまったく同じ。リアのオーバーハングが短く、ワゴン特有の間延びした感じがしない。大きく前傾したリア・ピラーが鮮烈な印象を与える。セダンよりスポーティでロックな感じがする。
 エンジンで注目すべきは新開発の直噴3リッターV6ユニット。いままでCTSセダンに採用されていた2.8リッターV6と比べると、最高出力は59psアップの273ps/7000rpm、最大トルクは5.8kgm増の30.8kgm/5700rpmである。
 パール・ホワイトの3リッター・モデルで東京、台場周辺を走った。踏み始めのスロットル・レスポンスが鋭く元気がいい。6段ATはシフト・ショックが小さく、マニュアル・モードのシフト操作に対する反応も素早くて気持ちがいい。車検証記載の重量は前940kg、後930kgで、レインボー・ブリッジの芝浦側へ渡る大きなコーナーではハンドリングの良さを垣間見た。乗り心地はちょっと硬めで、アメ車というよりは欧州車風な味付けだ。
CTSのインテリアは07年の第2世代から格段に質感が向上した
クリックすると拡大
CTSのインテリアは07年の第2世代から格段に質感が向上した。
 駐車場で荷室をチェックする。ハッキリ言って狭い。後端のシルが高いから重い物を積むのも大変そう。スポーツワゴンという名の通り、スタイリングと走りを重視したモデルのようだ。
 キャディラックが復活をかけて放ったCTSスポーツワゴンは、50年代から60年代にアメリカで人気だった大きくてスクウェアなステーションワゴンとは正反対の性格を持っている。ロックな感じがするのは、あえて旧来のキャディラック像を否定するルックスと中身を与えているからだ。
 レザー内装のCTSスポーツワゴン3.0スタンダードの価格は515万円。メルセデス・ベンツE300ステーションワゴンより250万円安いのも魅力だ。

レザー内装は標準装備。シートの掛け心地は硬め
クリックすると拡大
レザー内装は標準装備。シートの掛け心地は硬め。後席は広くて快適だった。
テールゲートの窓が大きく前傾しているのが特徴。
荷室容量は720リッター〜1670リッター
クリックすると拡大
テールゲートの窓が大きく前傾しているのが特徴。スポーティな後ろ姿だ。
荷室容量は720リッター〜1670リッター。床が高く天井が低いので使い勝手の良さは疑問。



(2010年5月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。