ENGINE online/エンジン オンライン

ミニ・クーパーSに6速オートマチック新登場!


MINI COOPER S &COOPER S Convertible/ミニ・クーパーS&クーパーS コンバーチブル
クリックすると拡大

MINI COOPER S &COOPER S Convertible/ミニ・クーパーS&同コンバーチブル

手前コンバーチブルの全長×全幅×全高は、3655×1690×1415mm(セダンは1455mm)。
ホイールベース=2465mm。6ATは6MTの15万7500円高で、クーパーSが295万500円、同コンバーチブルが339万1500円。車重はセダンでプラス30kgの1210kg。


小さなショックでキビキビ。


04年末から予約受け付けを開始していたミニ・クーパーS初の6速オートマチック、待望のデリバリーが3月から始まっている。AT限定免許でも乗れるホッテスト・ミニに乗ってみました。
文=今尾直樹(本誌) 写真=神村 聖






コンバーチブルはガタガタします!

 ホッテスト・ミニ、クーパーSに6速オートマチックが新たに搭載され、3月からデリバリーが始まった。コンバーチブルのクーパーSにも新設定され、せっかくだからと両方に乗ってみた次第。
 最初に借り出したのはコンバーチブル。ミニのオープンはクーパーのマニュアルは乗ったことがあったけれど、まあ、驚きました。Sはメチャクチャ硬い。スポーツ・サスペンション・プラスという足まわりが標準で、おまけに試乗車はオプションの17インチ・タイヤを履いている。クーパーではあんなにボディがしっかりしていると感じたのに、荒れた路面だと、もうガタガタします。スカットル・シェイクこそないが、いかにも硬くて重たいモノがフロント・サスペンションをゆすっている感じ。
 幌を開けると、やっぱり気持ちイイ。ガタピシをボディが微妙に吸収して、乗り心地は当然よくなる。ミニ・コンバーチブルはフロント・スクリーンが立っているのがホントにイイ。現代のクルマみたいにガラスが迫ってこないからゆったりしている。だから、ちょっと古いクルマに乗ってるような気分になる。そういう気分になってくると、愛さずにはいられない。
小さなショックのアイシン製AT

 肝心の6速オートマチックはアイシン製で、変速の際、ほんのちょっとひっかかり感がある。ワザとやっているのでは、と思わせるのは、この小さなショックがミニらしいキビキビ感を生み出しているからだ。
 6速ATには大別して自動変速のDモードとSモードがあり、Sモードにすると1速落ちてスポーティなプログラムになる。フロアのシフトレバーとステアリングのパドル・スイッチのいずれででもマニュアルでシフトできるのは珍しくないが、Dモードでもマニュアル変速ができるのはBMW的には新しい。この際、一定時間内に加速も変速もしないと、自動的にDモードに復帰する(ステップトロニックはMモードにしないと+−の変速はできない)。Sモードでマニュアル・シフトをすると、アクセルを緩めてもシフトアップせず、MTに近いキビキビ感が得られる。ただし、レブリミットまで回すと自動的にシフトアップする。
 マニュアルによる変速は素早く、文句のつけようがない。じつにイージーに170psのグレムリンを手なづけることができる。
 やっぱりATよりMTの方がスポーティ、という方もいらっしゃるだろうが、クーパーSみたいなスーパーチャージャーの場合はATでもいいのでは、と思う。エンジンをブン回して乗るより、大トルクでいざというときの加速を楽しむクルマだろうから。
 翌日、フィクストヘッド・セダン(リアに乗る人のことを考えるとクーペか?)のクーパーSで徳大寺さんを助手席に乗せて都内を走る機会があった。徳大寺さんはCVTの初期型ミニをお持ちだが、トルコンの6ATのこちらの方がスムーズだと言っておられた。
 当たり前だが、セダンはコンバーチブルよりボディがしっかりしていて、コンバーチブルと同じオプションのタイヤ&ホイールにもかかわらず、乗り心地は硬めだとしても、ガタピシしないから気にならない。
 コンバーチブルから乗り換えると、セダンは室内が明るい。コンバーチブルは幌を閉じていると斜め後方の視界が狭いから、要注意。ふだん暗い分、開けるとメチャクチャ明るい。陰影礼賛である。

上から、幌屋根はDピラーが幅広い
上から、幌屋根はDピラーが幅広い。6ATのパドルとフロアのレバーに注意。タイヤはオプションの205/45R17インチ・サイズのダンロップSPスポーツ9000。ランフラット。
右から、6ATの初期ロットはすべてなぜか格調高い木目調パネル
右から、6ATの初期ロットはすべてなぜか格調高い木目調パネル。ダンナ仕様? 0-100km/h加速はMTのコンマ5秒落ちの7.7秒。6速トップで100km/h巡航は2100rpm程度。170ps/6000rpm、22.4kgm/4000rpmの1.6リッター直4SOHCスーパーチャージャー。



(2005年5月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。